表紙のページに戻る〉〉
2017年7月〉〉
2017年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
8月15日(火)

■年金者組合の平和リレートークに参加

全日本年金者組合船橋支部主催「8・15平和リレートーク」が、JR船橋駅北口で行われました。この取り組みは毎年実施され、今年で14回目です。

参加者が次々とマイクを握り、機銃掃射のなか逃げ回った自らの戦争体験や、戦争をしないと決めた憲法の大切さ、再び戦争する国に向かおうとする安倍首相の暴走、7月に国連で採択された核兵器禁止条約の素晴らしさなどが語られました。

訴えでは、安倍総理の9条改定に踏み込んだ憲法改定の危険性を伝えるとともに、北朝鮮による大陸間弾道弾発射計画に対しては軍事的対応ではなく無条件で話し合いの場を設定することを求めました。

こうしたなかでも核兵器禁止条約締結など、世界では大きな変化が起こっていることをつたえ、「力を合わせて逆流に抗し、歴史を前に進めましょう」と訴えました。

リレートークでは発言とともに、地域で活動しているバンド“peace of our wish”が平和を歌いました(右の写真)

日本共産党の斉藤和子衆院議員(上の写真左)も訴え。核兵器禁止条約に背を向けた安倍政権を厳しく批判し、「唯一の戦争被爆国である日本の政府は、核兵器禁止・廃絶の先頭に立つべきだ。そういう政府を一緒につくりましょう」と呼びかけました。

■日本共産党の宣伝カーで街頭から訴え
終戦記念日にあたって、日本共産党として船橋市内を宣伝カーで回り街頭から訴えました。

訴えでは、安倍総理大臣の改憲発言を批判するとともに、核兵器禁止条約の締結など、世界で大きな変化が起こっていることを伝え、ともに力を合わせることを呼びかけました。

ゆく先々で宣伝カーに手を振ってくれたり、「がんばって」と声がかけられるなど、日本共産党への期待の広がりを感じることができました。

この宣伝には、金沢和子市議も参加しました。
8月13日(日)〜14日(月)

■休み
8月12日(土)

■船橋市内二和地域を訪問

今日は、千葉県船橋市の二和地域を訪問しました。
そのなかで大船渡市出身という男性が、東日本大震災で寸断されているJR線の復旧をめざす取り組みを行っていると話してくれました。

あの震災では、親せきの多くが被災し、命の危機にさらされた人もいたとのこと。「いま、マスコミも年に一度しか取り上げなくなってしまったが、現地の状況を少しでも知らせて行きたい」と訴えていました。

■生活相談を受ける
自らが始めた事業がいまの社会状況の中でうまくいかず、生活さえままならなくなっているという方から相談を受けました。

■法典中央町会の盆踊りであいさつ
船橋市内の上山町を中心にした法典中央町会が盆踊り大会を開催しました。

神社の境内にやぐらを組んで、周りを出店が取り囲んでいます。

家族連れや子どもたちがたくさん参加していました。

あいさつでは、近くを走っている県道の道幅が狭く危険な状況にあるため、歩道整備を土木事務所などに働きかけてきたことを伝え、「地元のみなさんが安心して豊かに暮らせるようにするのが政治の役目。そのために党派を超えて頑張りたい」と話しました。
8月11日(金)

■船橋市内を宣伝カーで訴え

今日は、船橋市内を宣伝カーで回り、街頭から訴えました。

加計学園や森友学園での疑惑隠しや自衛隊の南スーダンからの日報隠ぺいなど、多くの国民がいまの安倍政権に不信感を募らせています。

しかも、憲法をもっとも守らなければならない首相自身が、憲法改定を口にして、自衛隊を憲法に書き込む改定に一路突き進んでいます。

こうした安倍政権の暴走を一行も早く食い止めなければ、国民の命や暮らしを守れません。
日本共産党は、安倍政権に対して、「国会を解散して総選挙を実施し、国民の信を問え」と求めています。

その一方で世界では希望が持てる新たな動きが生まれています。その最大の表れが国連で核兵器禁止条約が締結されたことです。

核保有大国が牛耳る「国際社会」は終わりをつげ、どんな小さな国でも国連の中の一つの国として声を上げる社会へと変わってきています。そのもとで今回の禁止条約が誕生しました。

歴史上はじめて核兵器を違法なものとする今回の条約は歴史的画期的なものであり、被爆者の勇気ある行動と、それを支え広げてきた世界各地の市民の運動、そして、条約に賛成した122の国々の決断が新し世界を切り開こうとしています。

日本共産党は志位和夫委員長が採択した国連会議に出席して、こうした動きと合流し、ともに歴史を前に進めるためにがんばりたいと思います。

唯一の戦争被爆国である日本政府は、この会議に参加すらしませんでしたが、この姿勢は世界の失望と怒りを買っています。こうした政府を変え、一刻も早く核兵器のない世界を実現させる決意です。

今日は、こうしたことを訴えました。
8月10日(木)

■県議団会議

今日は、定例の県議団会議に出席しました。
6月定例県議会の報告ビラの内容や、9月議会に向けた質問の議論などを行いました。

■オスプレイ墜落事故で県に申し入れ
8月10日、日本共産党千葉県議団は3人が死亡したオスプレイの墜落事故を受け、千葉県に対して「オスプレイの飛行中止と木更津での定期整備撤回等を求める申し入れ」を行いました。
対応したのは、滝川伸輔副知事(左の写真左)

8月5日にオーストラリア東部沖で墜落したオスプレイは、沖縄米海兵隊普天間基地に所属で、昨年12月にも沖縄県名護市沿岸で墜落したばかりです。普天間基地のオスプレイは定期整備を千葉県木更津基地で行っており、とりわけ千葉県民にとっては、安全にかかわる重大な出来事です。

今回の事故で千葉県は8月7日、防衛省に対して、@木更津市での定期機体整備を含む飛行の自粛、A県及び木更津市への事故の詳細、原因究明、再発防止策の速やかな情報提供を要請しました。

しかし、米国防総省は「日本の防衛と日米共通の安全保障上の目的を達成するために必要」などとして、飛行自粛を拒否、事故原因の詳細公表を拒んでいます。

米軍自体もクラスA(最も深刻な事故)に分類しているのに、飛行自粛すらしない姿勢は、日本国民の安全にとって許されるものではありません。

しかも、日本の陸上自衛隊も17機のオスプレイ導入を進めており、近く、実際に配備が始まるとされています。

県民、国民の要請に背を向けて飛行自粛すら拒否する米軍には、県内の基地使用自体を拒否する以外にありません。

以上の主旨から申し入れでは、以下の3項目を求めました。

1、日本国内におけるオスプレイの飛行をただちに中止し、事故原因の究明、万全な再発防止策を県民に公表させること。
2、木更津での米軍および自衛隊のオスプレイ定期整備を止めること。
3、重大な欠陥が指摘されているオスプレイの配備撤回を求めること。
8月6日(日)〜9日(水)

■夏休み

少し早いのですが、4日間、夏休みでした。
8月5日(土)

■県内水道の統合で意見交換

千葉県では、各地域の上水道事業の統合を進めています。リーディングケースとして進めているのは、県営水道と九十九里地域、南房総地域の統合です。

今日は、これとは別に地域内での統合が進んでいる君津4市(木更津市・君津市・袖ヶ浦市・富津市)の関係者と懇談しました。

■地域の盆踊りに参加
この季節、船橋市内各地で盆踊り大会が催されます。

主催は地域の町会・自治会で、やぐらを組んで太鼓をたたき、炭坑節や花笠音頭が披露されます。夜店やゲームも行われ、家族連れや子どもたちが夏のひとときを楽しんでいます。

今日は、そのなかで夏見地域と三咲地域の盆踊りに参加しました。

町会の役員さんや地域のみなさんとの話がはずみ、「スジを通しているのはお宅のところだけだから、がんばって」とか、「頼むとすぐにやってくれるので、期待してます」など、政治の話も話題になり共産党への期待を口にする方もいました。

また、地域の変化も話が及び、「この地域では、たたみ屋さんとふとん屋さんがなくなってしまった。生活が変わってきたから仕方がない部分もあるけど、さびしい気がする」と話してくれました。

三咲の盆踊りでは、合間にあいさつをさせてもらいました。

そのなかでは、「政治がいま大きく動いていますが、大事なのは、地域で安心して暮らしていけることだと思います。歩きやすい道路にするとか、必要なところに信号機をつける。保育園や特養ホームに待たずに入れるようにする。働きたい人がちゃんと働けるようにする。これが政治の役割だと思います。そのために力いっぱい頑張ります」と述べました。
8月4日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松ア佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

地域ニュース「がんばり通信」と「ミニにゅうす」を配布しました。

訴えでは、安倍内閣が改造を行って大臣を入れ替えましたが、国民の不信の対象は安倍総理大臣であり、安倍氏本人が変わらない限り国民の信頼は得られないと指摘。

国会を解散して国民の信を問うべきだと訴えました。

通りかかった男性が、「自分は無党派で、これまで他の党に入れてきたけど変わらないから、今度は共産党に入れようと思ってる」と話しかけてきました。

また別の男性は「大臣を入れ換えても安倍さん(首相)が変わらないとね」などと話してくれました。

いま、政治への関心が高まり、駅頭が対話の場になっています。

■県議団会議
毎週定例の県議団会議でした。
今日の会議では、9月定例県議会の質問内容などについて議論しました。

■安倍政権の退陣を求めるキャンドルウォークに参加
「平和・民主・革新をめざす船橋の会」(通称・船橋革新懇)が安倍政権の退陣を求めてキャンドルウォークを行いました。夜7時、集合場所のJR船橋駅南口には市内各地から市民が集まり、参加者は100人になりました。

それぞれがローソクをともした提灯や万灯を持ち、南口大通りを歩いてアピール。
「安倍内閣は直ちに退陣!」「憲法改悪、許さない!」などとそろってコールをしながら、道行く人たちに訴えました。

たまたま通りかかった若い男性が一緒に歩いてくれて、終着点では「もっと歩いてみんなに訴えたい」と語っていました。

提灯などで目立つ行進が周辺の注目を集め、お店の中からわざわざ見に出てくる人がいたり、スマホで写真に撮っていく若者も少なくありませんでした。
8月3日(木)

●朝は東船橋駅で宣伝

今朝は、JR総武線の東船橋駅で宣伝をしました。

月に2回発行している地域ニュース「がんばり通信」を配布。
歩いてきた男性が「頑張ってもらわないと困るよ」と言って声をかけてくれたり、若い女性がわざわざ近づいてきて「がんばり通信」を受け取っていってくれるなど、以前にもまして関心が高まってきています。

東京都議会議員選挙の結果に見られた安倍政権と自民党への不信感が表面化してきています。

■船橋商工会議所創立70周年記念式典に参加
船橋商工会議所が創立70周年を迎え、記念式典が催されました。

日本で最初の商工会議所は1878年(明治11年)に東京、大阪、神戸の3地域で設立されました。 その後、全国の主要都市に広がり、1892年(明治25年)に15の商業会議所が集まって「商業会議所連合会」を結成しました。

1922年(大正11年)年6月に「商業会議所連合会」を改編し、常設の機構・事務局を持つ「日本商工会議所」が誕生しました。それ以後、名称・組織の変更など様々な変遷がありましたが、戦後の1953年(昭和28年)に現行の「商工会議所法」にもとづく特別認可法人となり、今日に至っています。 現在、全国で515商工会議所がそれぞれの地域で活動しています。

船橋商工会議所は1947年(昭和22年)8月に設立された特別認可法人で、任意加入の会員で構成・運営されています。

今日の記念式典では、船橋市の伝統芸能であるバカ面踊り(写真)やプロバスケットボールチームの千葉ジェッツふなばしのチアリーディングなどが披露されました。
8月2日(水)

■船橋革新懇の世話人会議に出席

平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)の世話人会議が開かれました。
船橋革新懇はこの間、定例の駅頭宣伝やうたごえ喫茶、学習会などの企画を進め、戦争法廃止や安倍政権の暴走ストップのために奮闘してきています。

今日は、こうした内容について意見交換するとともに、8月4日のキャンドルウォークなど今後の取り組みについて話し合いました。

■国保をよくする会の対市要請に参加
船橋国保をよくする会が船橋市にたいして要望項目を提出して交渉しました。

要求項目は、来年4月から始まる国民健康保険の県単位広域化について、現在の保険料が高くならないようにすることや、一般会計からの繰り入れの継続、保険料の算定にあたって所得割と人数割の比率を平準化しないことなどを求めました。

また、保険証の取り上げを行わないことや子どもの人数割定額部分の市独自の減免制度を創設することなどを要望しました。

交渉の中で市側は、「4月からの広域化では、保険料がどうなるかわからないので、答えられない」などと答え、一般会計からの繰り入れについても「解消するよう努めることとされており、県の運営方針の詳細がわかったら財政状況も含めて判断する」と述べました。

しかし、現在でも15%の世帯が滞納しており、保険料の高さに住民が苦しめられています。船橋市の場合、広域化によって保険料が引き上げられる可能性が濃厚で、これ以上の負担増は生活を壊すことにつながるため、まずは市として引き上げない決断をすべきです。

子どもの人数割の減免では、「財政が厳しいので考えていない」という回答でした。しかし、船橋市では人数割の定額部分は40歳未満の場合、一人年3万1450円の負担となっています(2017年度)。子どもが生まれた途端にこの額を払わなければならなくなります。双子ならこの倍の額で、子育て支援に逆行します。

今日は、こうした実態も示しながら、払える保険料にすることを重ねて求めました。

この交渉には、日本共産党の松ア佐智市議(写真正面右)も参加しました。
8月1日(火)

■石炭火力発電所計画と再生可能エネルギーについて聞き取り

千葉県内では現在、千葉市と袖ケ浦市の2ヵ所で石炭火力発電所の計画が進められています(市原市内にあった計画は6月に事業者が取り下げ)

千葉市の事業者は中国電力とJFEスチールで107万kW。袖ケ浦市の事業者は千葉袖ヶ浦エナジー(出光興産・九州電力・東京ガスの3社が出資)で、200万kW(100万kW×2基)となっています。

石炭火力は地球温暖化を加速させるために批判の声が上がっており、千葉県がどういう対応をするのか注目されています。

今日は、計画の進み具合や県の対応について聞きました。
2017年7月〉〉
2017年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉