表紙のページに戻る〉〉
2017年11月〉〉
2018年1月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
12月12日(月)

■県議会本会議に出席

12月定例県議会の本会議質疑は今日が最終日となりました。
今日も5人が登壇しました。

14日からは常任委員会が開催され、12月22日(金)に閉会となります。

東葛飾土木事務所の前所長などが逮捕された官製談合事件が先月発覚し、今議会で大きな問題となりました。

日本共産党は12月5日、@徹底解明と県民への報告、A第3者機関を設置して原因を究明する、B100条委員会を設置して議会としても調査を行う、などを議長や知事に申し入れ、7日には各会派を回って100条委員会設置の検討を求めるとともに、議長にたいして代表者会議の招集を要請しました。

これを受けて、今日、代表者会議が開かれましたが、自民党が100条委員会の設置を拒否したため、合意には至りませんでした。ここでも事件の徹底究明に背を向ける自民党の姿が明らかとなりました。

■決算委員会で討論
9月定例県議会の閉会後、決算審査特別委員会が実質7回開催され、各部局の昨年度決算と土木事務所の官製談合について質疑が行われました。

今日は、これまでの質疑にもとづいて総括審議のための討論と採決が行われました。

日本共産党は、@千葉港長期構想や水道施設整備計画などの無駄な開発、A立地補助金や石炭火力発電所計画などで県の姿勢が大企業に偏っていること、Bその一方で、福祉や教育が切り捨てられていること、C「働き方改革」が叫ばれているのに県が責任を負っている知事部局や公立小中学校、県立病院などで異常な長時間労働が蔓延していること、D土木事務所所長が逮捕される官製談合について事件が繰り返されていること、などを指摘して、決算認定に反対しました。

民進党や公明党は、「決算は、全体としておおむね妥当なもの」と言いながら、土木事務所の官製談合事件が起こった年度であることを理由に、決算認定には反対しました。

しかし、過半数を占める自民党が賛成したため、昨年度決算は「認定すべきもの」という結果となりました。

ここでも、自民党が過半数を握っている県議会のゆがみが表れています。

■県議団会議
明後日から始まる常任委員会に向けて、議案や請願、発議案などについて議論し、賛否について意見交換しました。
12月11日(日)

■県議会本会議に出席

今日の本会議では、5人が一般質問に立ちました。

■船橋生活と健康を守る会世話人会に出席
船橋生活と健康を守る会(生健会)の世話人会が開かれました。

これまで、「準備会」として活動してきましたが、生活保護をめぐる状況や格差の拡大が進む中、本格的に発展させようとの意見が出され、2月25日(日)に正式発足のための総会を持つことが決まりました。

今日は、そこに向けて、結成の呼びかけや規約などの案について意見交換しました。
12月10日(日)

■地域を訪問

今日は、日本共産党西部地区委員会事務所のメンバーと一緒に、千葉県船橋市旭町などを訪問してお話を伺いました。
12月9日(土)

■三番瀬市民調査報告会に参加

「三番瀬市民調査の会」は、2003年から東京湾の三番瀬のありのままの姿を調べるため市民団体、研究者、市民の方の協力を得て、市民調査を続けています。

調査結果により三番瀬の環境、とくに猫実川河口域の環境は、多種多様な生き物が生息する「豊かな海」であることが明らかになりました。

調査の成果は、@多種多様な生き物の生息を確認したこと(動物167種、植物18種)、A大潮時には広範囲に干潟が出現することを確認し報告したこと、B約5000uのカキ礁の発見とその生態系の重要性を報告したこと、Cアナジャコ類の広範囲の生息を調査し報告したこと、D酸化還元電位、粘度分析、塩分濃度、堆積調査など多種の測定を実施し、水質、低湿などを報告したこと、などです。

これらの調査結果は、これまで行われてきた三番瀬円卓会議や再生会議、関係する行政などへ提供してきています。

今日の報告会でも、各分野からの報告がありました。

また、調査に参加している法政大学の高田雅之教授の講演「東日本の泥炭地湿原・西日本の湧水湿地」や高田ゼミ生による「猫実川河口域における生物調査データ分析の試み」、カキ礁まで調査団を運んでいるボートの船長による東京湾についての話など、幅広い内容が盛りだくさんでした。

報告会の中で発言の機会があり、千葉県が今年1月に策定した「千葉港長期構想」で、ふなばし三番瀬海浜公園を横切る形で巨大な「臨港道路」が計画されていることを報告。この計画が、30年後に現在の千葉港のコンテナ取扱量が4倍になるなどという過大な想定にもとづく無駄づかいになりかねないことなどを話しました。

調査結果の報告会は、毎年12月に船橋市内で行われています。
12月8日(金)

●朝は高根公団駅で宣伝

今朝は、新京成電鉄の高根公団駅で宣伝をしました。
日本共産党の坂井洋介市議と一緒でした。

駅前には、大きな高根台団地が広がっています。
昭和30年代に住宅公団の時代に建てられた賃貸住宅で、それが新京成線の駅名にもなりました。

いまはUR都市再生機構に名前が変わっており、高根台団地も建て替えによってアート昼高根台と名称が変わりました。

しかし、駅名は昔の「高根公団」のままになっています。

■県議会本会議に出席
今日は、5人が一般質問に立ちました。
12月7日(木)

■土木事務所の官製談合で100条委員会設置の申し入れ

千葉県東葛飾土木事務所で内部情報を業者に提供した元事務所長と元維持課長が逮捕された官製談合事件で、日本共産党として各会派に「100条委員会」の設置を検討してもらうよう申し入れを行いました。

また、議長に対して、100条委員会設置検討のための各派代表者会議を開いてもらうよう要請しました。

■県議会本会議
今日は一般質問に4人が登壇しました。

■千葉交響楽団昼休みコンサート
毎年、12月県議会開催中の一日だけ、昼休みに県議会棟1階ロビーで千葉交響楽団によるミニコンサートが行われます。

今年は今日がその日。
今年の演目は、管楽器のソロに弦楽器の演奏が加わる組み立てで、4曲行われました。

ヴィヴァルディ「ファゴット協奏曲ホ短調RV484より第2楽章」
ヴィヴァルディ「ピッコロ協奏曲ハ長調RV443より第2楽章」
マルチェッロ「オーボエ協奏曲ハ短調よりより第2楽章」
サン=サーンス「ホルンのためのロマンス」

他に、チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデよりワルツ」。

わずか30分でしたが、ひととき忙しさもあわただしさも忘れて過ごすことができました。

■県議団会議
県議会に提出されている議案や請願について議論しました。
12月6日(水)

■県議会本会議に出席

今日の本会議では、日本共産党の岡田幸子議員(市川市選出)が代表質問を行いました。

岡田議員が、北朝鮮の軍事的な挑発にたいして、憲法9条を掲げた平和外交での解決を求めたのに対して森田知事は、「安全保障は国の専管事項」だと述べ、国に無批判に付き従う姿勢をあらわにしました。

安倍政権が、軍事的制裁を含むあらゆる措置を検討しているトランプ米大統領の姿勢を支持している中、千葉県知事として国に平和外交を求めるのは当たり前のことです。

オスプレイについても知事は、「安全性は国が責任を持って判断」などと述べ、これも国いいなりの姿勢に終始しました。

サービスが切り縮められようとしている介護保険制度で県側は、「適切なサービスの提供がされるよう市町村に指導していきたい」と述べましたが、いまでも多くの高齢者が介護を受けられない実態について答えることができませんでした。

県立学校から出されている2600項目に及ぶ改修要望について教育長は、「緊急性のあるものから実施している」と答えましたが、体育館の床の破損で生徒がけがをしているのが実態です。

「全項目修理するのにいくらかかるのか、計算しているのか」との質問には、「把握していない」と答え、子どもの安全や教育環境整備への姿勢が問われます。

■幕張新都心の新駅で聞き取り
千葉市美浜区の幕張新都心を走っているJR京葉線に、新駅を設置する構想が進んでいます。

場所は、「新習志野駅」と「海浜幕張駅」の中間で、巨大なイオンモールの目の前です。

JRの試算では、駅舎建設が130億円、自由通路が50億円となっています。

日本共産党は「使われる根拠のない自由通路は中止すること。駅舎は、市民の利便性が向上するため反対ではないが、本来、建設費はJRが支出すべき。もしくは利益の確保が予定されている周辺企業が出すべきで、公金は支出すべきではない」との態度です。

今日の企業土地管理局からの説明では、「11月下旬に千葉市の担当者が来て、@自由通路は当面保留にする、A駅舎建設の費用負担は、企業が1/2、JR・千葉市・県がそれぞれ1/6とする案で議論を開始したいとのことだった」とのこと。

このままなら県と市が20億円余りをそれぞれ支出することになり、大きな問題になりそうです。
12月5日(火)

●朝は津田沼駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の津田沼駅北口で宣伝をしました。日本共産党の中沢学・坂井洋介両市議と一緒でした。

今朝の宣伝では、千葉県の無駄な開発について話しました。

千葉県水道局が供給能力を増やすための施設拡大を計画しています。その根拠は、2024年に一日最大給水量が113万トンになるからというものです。

しかしこの20年間で一日最大給水量が最も多かったのは2001年の104万トンです。それ以来15年間、一度も104万トンを超えたことがないのに、7年後に113万トンになるはずがありません。

決算委員会の中でも当局は、まったく根拠を応えることができませんでした。

過大な想定を作り上げ、それを前提に無駄な開発に突き進む。これほどひどい話はありません。

こうした県の姿勢を変えることこそ、税金の使い道を正すことにつながります。

今日は、こうしたことを訴えました。

■議会運営委員会に出席
追加議案として給与条例の改定案が提出されることになり、その取扱いについて議会運営委員会が開かれました。

提案の内容は、月給とボーナスは民間に合わせて引き上げるものの、退職金は減らそうというものです。

来年3月に退職する職員などは、給与引き上げの恩恵はわずかで退職金の引き下げは全額適用されるため、全体として収入が減ります。この逆転現象は、単純計算で13年ほど続くことになります。

議会運営委員会で、「職員団体(組合)との協議は終了した」と副知事が報告したので、「合意したということか」と質問すると、総務部長が「数回協議を繰り返したが合意には至っていない。しかし上程するのはやむを得ないということだ」と答弁しました。

そこで「本来なら、きちんとした合意が必要だ」と求めました。

なお、この職員給与の改定に合わせて知事や議員などの特別職も同様の措置を取る条例改正案も提出されます。

議員は、退職金がないために引き上げる一方となり、大きな問題です。知事や議員の給与の増額改定はやるべきではありません。

■県議会本会議に出席
今日から12月定例県議会の本会議質疑が始まりました。
今日は、自民党と民進党が代表質問を行いました。

■土木事務所の官製談合で知事と議長に申し入れ
千葉県の東葛飾土木事務所(松戸市)が発注した排水路工事をめぐって、11月23日、前所長と前維持課長が「官製談合防止法」違反の容疑で逮捕される事件が起きました。

工事を落札した建設会社「岡本組」元取締役も「公契約関係競争入札妨害」の疑いで逮捕されました。

この事件をめぐって日本共産党千葉県議団は12月5日、小高伸太議長に事実の解明と再発防止について申し入れを行いました。森田健作知事にも秘書課を通じて同趣旨の要請を行いました。

内容は、@事件の全容徹底調査と県民への公表、A第三者の検証による万全な再発防止策の制定、B県議会に「100条委員会」を設置することなどです。

申し入れで県議団は「県職員の逮捕という今回の事件は、県政に対する県民の信頼を著しく損ない、大きな憤りを呼んでいる。しかもこの会社は、県からの受注額上位の常連と言われており、日常的に県幹部職員と業者が癒着していたのではないか、との疑念が広がっている」と指摘しました。

さらに、逮捕された元取締役は、10年ほど前から県議や県土整備部幹部職員と料亭などで「県議を囲む会」と称する会食を複数回開いていると報じられています。

党県議団は、県職員と職務上利害関係のある者との交際、会食は「厳に慎むこと」とする「県コンプライアンス基本指針」に反すると指摘するとともに、「会食の場に県議が出席したことが事実であるならば、県行政と業者に加えて政治家も談合に関与していた疑惑を生じさせるもので、県民から負託された議員および県議会としても責任が問われる」と主張しました。

応対した小高議長は「(警察が)捜査中ではあるが、しかるべく対応したい」と述べました。

■決算委員会で土木事務所の談合事件を質疑
今日の本会議散会後、決算審査特別委員会が開かれました。本来なら、総括審議を行い、昨年度決算の認定について採決する予定でした。

しかし県職員が逮捕者される官製談合事件が発覚したため、急遽、県土整備部から説明を求め、質疑を行うことになったものです。

事件の発端は、昨年10月に内部通報が寄せられたことでした。東葛飾土木事務所長と同維持課長(ともに当時)が「岡本組」に予定価格などの情報を提供しているというものでした。

県は、公正取引委員会と警察に内容を通報したものの県としての当事者からの事情聴取は半年後の3月6日。聴取にたいして「やっていません」と答えています。

決算委員会では、「当事者だけではなく、周辺の職員からの聞き取りはやったのか」と聞くと、「やったが、そういう事実はなかったとの回答だった」と答えました。しかし聞くべきなのは県の「コンプライアンス指針」に抵触するような状況があったのかどうかです。

「指針」には、業者などの利害関係者と会うときには、複数で会うことやオープンな場所で会うことなどが定められています。しかしそうした聞き取りはやっていませんでした。

委員会では、「そういう聞き取りがやられないのはマニュアルがないからだ」と指摘。業者の談合では通報にたいして対応マニュアルがあるのに、職員が関与した場合のマニュアルは作られていません。これを改善する必要があります。

合わせて、「指針」自体の表現も甘く、対応すべき事柄について「原則として」とか「必要最低限」などの「修飾語」がついています。これでは「自覚に任せる」のと同じで「指針」にふさわしくありません。

しかも、レセプションなどの公式な酒席の場への出席も、「飲酒はしないこと」「2次会には出ないこと」などの基準がありません。

こうした「指針」自体の甘さを改善する必要があります。

同時に、その甘い「指針」自体も守られていない状況があります。

12月1日付「朝日新聞(千葉版)」では、「岡本組」の役員と県土整備部の部長級・課長級職員が料亭で「県議を囲む会」を開いていたという衝撃的な記事が報道されています。

決算委員会でこれを取り上げ、「記事の内容は事実なのか」と聞くと、担当課長が「おおむねその通り」と認めました。そこで、「利害関係人と職員が酒食の場を共にするのはコンプライアンス指針でも禁止されている。記事が事実だというなら、それを幹部職員がやっていたということだ。どう認識しているのか」と迫ると、「適切ではなかった」と答えました。

「指針」があっても幹部職員自らそれを破っているようでは、部下に守れと言えるはずがありません。こうした状況をこそ正すべきです。

同時に、記事では県議会議員も同席しており、これも問題です。議会の側も談合を醸成するようなことは、絶対にやるべきではありません。

決算委員会では最後に、「行政と業者との緊張感のない関係が土壌になっており、それを正していくことが必要。同時に、議会の側も100条委員会を設置して、事実を明らかにして再発を防止すべきだ」と求めました。
12月4日(月)

●朝はJR西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議(左の写真右)や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、「がんばり通信」と「ミニにゅうす」を配布。
北朝鮮の軍事的挑発にどう対処すべきか、憲法を生かした日本社会を作るために取り組まれている3000万人署名、加速する千葉県の大規模開発の無駄遣い、などについて話しました。

通りかかった人が、「ぜひ頑張ってください」と声をかけてくれました。

■県議団会議
明日から、12月県議会の本会議質疑が始まります。
日本共産党は明後日午後1時から、岡田幸子議員(市川市選出)が代表質問を行います。

今日は、これらの内容について意見交換しました。
12月3日(日)

■憲法を生かす3000万人署名

今日は船橋駅北口で、「安倍9条改憲NO全国市民アクション」が呼びかけている「憲法を生かす全国統一署名」に取り組みました。

「憲法を生かす署名に取り組んでいます。全国各地で3000万人の名前を集め、3000万人の声の力で政治を変え、憲法がいきる社会を作ろうという壮大な取り組みです」

「一人一人の力はたしかに大きなものではないかもしれません。でもそれが、10万人、100万人、1000万人と集まれば、必ず大きな力になります」

「この署名は請願署名で、みなさんの平和への思いを託していただければ、責任を持って直接、衆議院の議長、参議院の議長へと届けます。ぜひ、名前を託してください」

今日はこうしたことを訴えました。
署名を取り始めるとすぐに二人、三人と署名をしてくれる人がいました。

■西船後援会が綱領と未来を語るつどい
千葉県船橋市の西船地域で活動している日本共産党西船後援会が、「日本共産党綱領と未来を語るつどい」を開きました。

最初に、日本共産党綱領について「日本共産党が創立してから95年間、戦争反対と主権在民を掲げ続けてこれたのは、綱領を持っていたから」と話し、戦前の命をかけたたたかいの様子を伝えました。

また、戦後の日本は、戦前とは大きく変わり、主権在民の国になった一方で、アメリカに事実上従属した国になり、大企業などを中心とした財界と一体となった自民党政治に国民の権利が奪われていることなどを報告。

世界も大きく変わってきている中で、日米安保条約を廃棄し、憲法がいきる民主主義の日本、働くものの権利と暮らしが守られる日本を求めて、民主連合政府の樹立を目指していること、などを話しました。

最後に、社会主義・共産主義の社会について、あらゆる搾取が廃止され、大きな経済力が国民の暮らしに生かされ、文化やスポーツなど人間としての能力を開花させられる時間的・経済的な条件が生まれる社会であることを、自らの思いも併せて伝えました。

参加者からは、「共産党は、まず共産主義ではなく民主主義を目標にしていることがよくわかった。新鮮だった。そのことをもっと話した方がいい」

「共産主義は怖いと思われているけど、いろんな可能性のある社会だと思えた」

「今度の衆議院選挙でも、共産党は候補者を下ろして野党共闘に貢献したと言われており、すごいことだと思った」など活発な意見が出されました。

つどいには、日本共産党の松崎佐智市議(上の写真正面)も参加しました。
12月2日(土)

■地域を訪問して署名訴え

今日は、地域を訪問して、「核兵器廃絶を求める被爆者署名」に取り組みました。

どこでも気軽に署名に応じてくれて、「核兵器は早く無くさないといけませんね」などの声が寄せられました。

■船橋市南本町のつどいで報告
千葉県船橋市の南本町地域で活動している日本共産党中央支部が「県政と今の日本を語るつどい」を開きました。

そのなかで、10月の衆議院選挙で日本共産党は後退しましたが、戦争法廃止と憲法にもとづく政治を求める野党と市民の共同勢力は38議席から69議席へと倍増。

憲法を変えようとしている自民・公明・希望・維新は後退する結果となり、ここに民意が表れていると話しました。

また県政について、千葉港長期構想や水道施設整備計画で過大な想定で巨大な無駄づかいが行われようとしていると指摘。その一方で学校では、先生が足りずに担任が配置されなかったり、生徒を危険にさらすような状況になっているのに校舎の修繕が行われないような状態になっていると話し、税金の使い方が逆転していると指摘しました。

この集いには、103歳の杉浦正男さん(右の写真右)も参加してくれました。

杉浦さんは1914年(大正3年)8月20日、東京の深川の生まれで、戦前、労働者の要求実現組織として「出版工倶楽部」を作って活動しました。

そしてそのために治安維持法で検挙され、1945年、終戦の年の10月10日まで足かけ3年、横浜刑務所に投獄されました。

服役中、特高警察から「国賊め!ぶち殺してやる」と罵声を浴びせられ、5人がかりの拷問を受けました。樫の棒と竹刀でめった打ちにされたり、正座の膝に革靴で飛び乗られたり、蹴飛ばされ髪の毛をつかんで引き倒されるなど凄惨な扱いを受けました。

戦後は、全日本印刷出版労働組合の専従者として活動を再開し、産別会議の最後の事務局長として奮闘。その後、地域で医療や福祉をよくする取り組みにも参加してきました。

103歳になったいまでも一人で歩き、かくしゃくとしたその姿はみんなを励まし続けています。

■日本共産党西部地区委員会の会議
日本共産党西部地区委員会の会議に参加しました。
今日の会議では、中央委員会総会を受けて、今後の取り組みについて意見交換しました。
12月1日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子、松崎佐智両市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、「がんばり通信」を配布しながら訴えました。

きょうの「がんばり通信」では、毎年2月県議会で3日間行われている予算委員会のテレビ放映が、自民党の多数によって全3日間から1日に削減されてしまったことについて事実経過を知らせて批判しています。

テレビ放映は県議会の様子を知るうえで重要な手段です。
それを「経費節約」を理由に自民党が他のすべての会派の反対を押し切って強行しました。

「経費節約」といっても、自民党などが参加している海外視察などは、1週間程度で2000万円もかかっているのに、節減の俎上にものせずに実施しています。

今日の宣伝では、「こうした自民党の横暴を許さないために、県議会で過半数割れに追い込もう」と訴えました。

■企業土地管理局から液状化で聞き取り
千葉県企業庁が埋め立てて分譲した土地が、2011年3月の東日本大震災で液状化し、広範な地域で住民生活がマヒしました。復旧にも莫大なお金がかかっています。

しかし、企業庁は販売するときに、液状化の危険を契約書に書いておらず、県議会でも問題になりました。

今日は、その問題がその後、改善されているかどうかを聞き取りました。

その結果、分譲するときには、「液状化の可能性がある」ことが文書に記載されていました。しかし、不動産会社が小売りする場合、そのことを伝えるかどうかは、会社に任されていることがわかりました。

これでは、最終購入者である個人に伝わらず、また同じことが起きる可能性があります。
2017年11月〉〉
2018年1月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉