表紙のページに戻る〉〉
2018年3月〉〉
2018年5月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
4月15日(日)

■変える4区の宣伝に参加

今日の昼は、「選挙で変える4区船橋市民の会」(千葉4区市民連合)の共同宣伝が船橋駅北口で行われ、元民主党の市議をはじめ、20人を超える人たちが参加しました。

憲法を守り生かす3000万人署名に取り組み、「憲法変える、変えない」ピンポン玉投票も実施。

参加者が次々とマイクを握って訴えました。
イギリスから来ている青年も、プラカードを持ってくれました。

通りかかった人が署名をしてくれたり、「がんばって」を声をあげてくれるなど、関心を呼んでいました。

■輪っ子の会の報告会
千葉県船橋市の二和・八木が谷・高野台地域で活動している日本共産党地域後援会「輪っ子の会」の報告会が開かれました。

日本共産党の関根和子市議(左の写真正面右)が参加。
関根市議の後継者として来年4月の船橋市議選挙に挑戦する荻野明日香さんも決意を述べました。

「森友学園で信用が失墜しているのに、事務次官がセクハラまでやっている。財務省はどうなっているのか」

「マスコミでは、年金支給開始年齢が68歳になると伝えていたけど、ほんとに庶民の暮らしがどうなってしまうか心配だ」

「共産党県議団の予算組み替え提案は、ぜひ実現させてもらいたい」

など、参加者から活発な意見や質問が出されました。

■西船後援会の報告会
船橋市の西船地域で活動している日本共産党西船後援会が報告会を開きました。

参加者から、「県の予算総額の0・8%を組み替えただけで、これだけのことができるとは驚いた。ぜひ実現させていってもらいたい」

「議案提案権を持てば、県政を動かせる大きな力になる。8議席を獲得して県民の声を県議会で具体化してほしい」

「駅員がいない駅が増えてきている。JR東日本はもうかっているはずなのに、人減らしを進めて利用者に迷惑をかけながら、儲けを増やそうとしている。ひどいもんだ」

「オスプレイを木更津に配備するという話があるが、絶対にやめてほしい。いつ墜落するかわからない飛行機なんてとばさないでほしい」

などの意見が次々と出されました。
4月14日(土)

■日本共産党の決起集会に参加

日本共産党千葉県委員会と千葉県後援会が船橋市内で集会を開きました。

決起集会では、来年4月に予定されている県議選挙や市町村議選挙の候補者が一人一人紹介されました。

また、来年7月の参議院選挙で千葉県選挙区に挑戦する浅野史子・党県副委員長、比例代表の椎葉寿幸副委員長が決意表明。斉藤和子前衆院議員も紹介されました。

集会では日本共産党の志位和夫委員長が、安倍内閣のいまの状況を詳しく語り、野党共闘や経済、外交や憲法をめぐる焦点について、70分にわたって話しました。

■日本共産党の宣伝に参加
決起集会のあと船橋駅南口で、(左の写真左から)浅野史子・椎葉寿幸両副委員長、斉藤前衆院議員と一緒に訴えました。

森友学園や加計学園疑惑を中心に、真相の徹底解明を進め、「国民に隠し事をしたりうそをつく安倍内閣には、政権を担う資格はない」と指摘。

「力を合わせて、安倍政権を退陣に追い込みましょう」と呼びかけました。

話が始まると次々と通りかかった人が立ち止まり、50人ほどの人垣ができました。「がんばれ!」との応援の言葉も寄せられました。

■サポーターミーティングに参加

日本共産党を応援してくれているみなさんと、懇談しました。
4月13日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
今朝の宣伝は、地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、船橋市議団が作成している「ミニにゅーす」を配布しました。

船橋市が今年10月から、ごみ収集回数を週3回から2回に減らす方向を打ち出していますが、船橋市議会では多くの質問が集中しました。これを扱う環境部は「市民の6割が賛成している」と答弁しましたが、その中身は 「町会や自治会の『希望者』が集まったところで、『市の意向を』説明した後に回答していただいた結果だっ た」としました。

こんな「恣意的なアンケート」を振りかざして、「賛成者が6割」とは、市民を欺く意図だと言わなければならないと指摘しています。

■市川市長選挙の応援
千葉県市川市で明後日から市長選挙が始まります。
昨年秋に行われた市長選挙では5人が立候補しましたが、全員が法定得票を獲得することが出来なかったため、再選挙となったものです。

今回は、立候補者が3人になると予想されています。

日本共産党は、立憲民主党や民進党、社民党、自由党、市民ネットなど他の政党や市民と共同して、村越ひろたみさんを応援しています。

今日は、日本共産党の桜井雅人市川市議とともに市内を回って7カ所で訴えました。

配布したビラはほとんどの市民が受け取ってくれて、宣伝カーが走っている間も手を振る人や声援を送ってくれる人が多く見かけられました。

■八千代市内で県道の調査
千葉県八千代市の住民の方から、県道船橋印西線の東葉線・緑が丘駅付近の交差点について、「もっとスムーズに車が流れるように改善してほしい」との要望が寄せられました。

今日は、その現場に行って、日本共産党の堀口明子八千代市議(左の写真右)や今年暮れの八千代市議選挙に挑戦する飯川英樹さんさんとともに、どうすれば改善できるのか、調査しました。

調査には、地域住民の方も参加しました。

今日の調査を受けて、道路を管理する千葉土木事務所に要請する予定です。
4月12日(木)

●朝はJR船橋駅東口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅東口で宣伝をしましました。

実は、JR船橋駅には改札としての東口はありません。東京側の小さい改札と千葉側の大きな改札の二つです。

大きな千葉側の改札を出ると、線路下に商店が並ぶアーケード(名前は「シャポー」)があります。今日の宣伝場所では、そこを抜けて道路に出たところの入り口です。

「安倍内閣は、もう終わりにしなくちゃね」と声をかけていく男性や、わざわざ遠くからビラを取りに来る人がいました。

■県議団会議
定例の県議団会議でした。

■平和委員会事務局会議に出席
船橋市平和委員会再建準備会の事務局会議に参加しました。

今日の会議では、5月に予定している自衛隊下総基地の見学会、6月に行う国の軍事予算学習会、7月の日吉台地下壕見学会などについて話し合いました。
4月11日(水)

●朝は新船橋駅で宣伝

今朝は、東武野田線の新船橋駅で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、加計学園疑惑で愛媛県の改憲文書が明らかになったことを話しました。

当時の首相秘書官に、愛媛県や今治市、加計学園幹部などが面会したときの記録で、「首相案件」という言葉が明記されています。

しかも、この会見は2015年4月2日ですが、安倍総理と加計理事長が会食した際に、当時の文部科学大臣が「加計学園は課題への回答もなくけしからんと言っている」との安倍総理と思われる発言も記載されています。

安倍総理は、加計学園の獣医学部新設を初めて知ったのは2017年1月20日の認定されたときだと国会で答弁していますが、少なくともそれより2年も前に、加計理事長と学部新設について会話をしていたことになり、偽証の疑いが出てきます。

森友疑惑でも加計疑惑でも、真相解明は待ったなしです。

■船橋駅南口でスタンディング
今日も、安倍政権の退陣を求めるスタンディングに参加しました。
場所は船橋駅南口です。
3月13日から始まり、今日で28日目。

今日も、ちょうど通りかかった男性が、初めての参加者してくれました。

また、リレートークでは、「いま主権者として声をあげるときです。ぜひ、ご一緒に立ち、世論を広げていきましょう」などと訴えがありました。

「改ざん文書は徹底究明」「安倍内閣から日本を守ろう」「証人喚問、昭恵氏出てこい」「安倍内閣はただちに退陣」などとコールをすると、周りを歩いていた人もこぶしを振り上げたり、一緒にコールを声にしていました。

スタンディングは明日も続きます。
4月10日(火)

●朝は船橋法典駅で宣伝

今朝は、JR武蔵野線の船橋法典駅で宣伝をしました。
日本共産党の岩井友子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

この間、JRが「経営の合理化」と称して朝の時間帯の駅無人化を進めていますが、3月24日から無人化がされてしまいました。

右の写真は、朝6時少し前の改札口の様子です。
電車は動いているのに、開札窓口にはカーテンが引かれていて、中を見ることができません。

これだけでも不安を感じる光景です。
唯一の理由が「もうけ」のためであり、利用者の安全確保や利便性は後景に追いやられています。

■保育所の処遇改善加算について聞き取り
斉藤和子前衆院議員(左の写真中央)とともに、保育所で働いている保育士の給与を引き上げるための「処遇改善加算」について県子育て支援課から話を聞きました。

今度の改善加算を受けるためには、保育士が研修を受ける必要がありますが、昨年度行われた研修が、加算を受けるための指定を受けていなかったことから一部に混乱が生じています。

千葉県自体が関わっているわけではありませんが、東京都などで行われた研修を受けたのに加算の対象にならない状況が生じています。

今日の説明では、国で対応策の検討が始まっていて、昨年度に研修を受けた人にもさかのぼって適用されるようになる方向とのことでした。

実際にそうなるかどうか、今後、見届けていく必要があります。

■船橋ナンバーについて聞き取り
船橋市内の自家用車などのナンバーは、現在、「習志野」ナンバーとなっていますが、船橋市が「船橋」ナンバーを発行できるようにする申請を行いました。

今後、図柄なども検討される予定となっており、正式に決定すれば2020年から順次発行されることになります。

ただし、現在、習志野ナンバーの車は廃車にするまで習志野ナンバーのままとなるので、そうとう長期間にわたって「習志野」と「船橋」が混在することになります。

■夕方の西船橋駅北口で宣伝
今日の夕方、日本共産党としてJR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。

千葉県の税金のゆがみとそれを正す日本共産党の提案、今年11月に納入が予定されている自衛隊の5機のオスプレイが木更津駐屯地に配備される方向であること、森友疑惑や加計学園疑惑で次々と真相が明らかになってきて、国民に嘘をつく安倍内閣が深刻な状況となっていること、自民党の憲法9条改定で自衛隊が「軍隊」として動くようになること、などを話し、政治の転換を呼びかけました。

通りかかった男性が、「安倍総理はもう終わり。一日も早くやめてほしい」と話しかけていきました。

■船橋駅南口のスタンディングに参加
今日も、安倍内閣の退陣を求めるスタンディングが船橋駅南口で行われました。

今朝、加計学園疑惑で愛媛県の担当者が書いた備忘録が明るみに出ました。

愛媛県や今治市、加計学園幹部が当時の首相秘書官と会ったときの記録であり、そのなかでは「首相案件」という言葉が使われ、安倍総理と加計理事長が食事のときに獣医学部創設を話題にしていたことも記載がありました。

安倍総理は昨年の国会で、「自分が獣医学部を作る話を初めて聞いたのは2017年1月」と答えていますが、これが虚偽だったことになります。

森友疑惑も加計学園疑惑も、ともに国民よりも「お友達」を最優先する安倍内閣の結果であり、国民をごまかし、国民に隠し事をし、国民に嘘をつく内閣は一日たりとも続けさせるわけにはいかないと訴えました。
4月9日(月)

●朝は滝不動駅で宣伝

今朝は、新京成線の滝不動駅で宣伝をしました。
地域後援会のみなさんと一緒でした。

月に2回発行している「がんばり通信」を配布しました。
通りかかった女性が、「安倍さんには本当のことを言ってほしい。もう、テレビを見るたびに腹が立つ。共産党はがんばってよ」と激励してくれました。

また、「共産党には、野党との共闘で役割を発揮してほしい」と声をかけていく男性もいました。

■船橋市内で宣伝カーから訴え
船橋市内の行田・夏見台・緑台・金杉台などを宣伝カーで回って街頭から訴えました。

森友疑惑の背景に日本会議の存在があること、千葉県は財政力は都道府県で4位なのに、65歳以上人口一人当たりの老人福祉費は全国最下位となっていること、日本共産党は大きな財政力が暮らしの中で実感できるような予算の組み替えを提案したこと、などを話し、これを現実のものとするために野党と市民との共同を広げ、日本共産党を大きくするために力を尽くす決意を述べました。

宣伝をしている場所に近づいてきて、「共産党がんばってよ」と握手を求めてくる男性や、家の中から手を振ってくれる女性など、激励がありました。

宣伝は、金沢和子市議も一緒でした。

■船橋市内を訪問
船橋市西船地域を訪問してお話を伺いました。
憲法を生かす3000万人署名は、会えたところではどこでも書いてくれて、「なんとかしなくては」などの言葉が寄せられました。

訪問には、松崎佐智市議も一緒でした。

■生活と健康を守る会の世話人会に出席
船橋市生活と健康を守る会準備会の世話人会に出席しました。
この間の取り組みを振り返り、今後の方向について意見交換しました。
4月8日(日)

■安倍内閣退陣求めるスタンディングに参加

今日も、安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加しました。3月13日から始まったスタンディングは、今日で25日目となります。

今日も、約30人が船橋駅南口に立ち、「安倍内閣は総辞職を」「安倍内閣退陣」などと書かれたプラカードを掲げました。

マイクをリレーして次々と訴えると、通りかかった人たちが立ち止まり人垣が出来るほどでした。

また、歩いていた男性が「安倍総理が辞めないとこの先真っ暗だ」と声を上げたり、「昭恵夫人にも辞めてもらいたいわ」という女性もいました。

政権は幕引きを図ろうとしていますが、国民の怒りはまったくおさまりません。

船橋駅南口でのスタンディングは来週も行われます。
平日は夜7時から、土曜日は5時、日曜は3時から、それぞれ1時間です。
4月7日(土)

■御滝後援会の花見

千葉県船橋市の金杉地域で活動している日本共産党御滝後援会がお花見会を開きました。

この地域には、「御滝公園」という市内では桜で有名な場所があります。

今日は、そこでの会でした。

あいにくの強い風が吹き、桜もほとんど散ってしまっていましたが、それでも手作りのおでんやお弁当、飲み物が用意され、みんなでわきあいあいとした楽しい時間となりました。

あいさつでは、いまの安倍政権が進めようとしていることは、すべて「戦争」に結びついていること、千葉県の森田知事も、同じ立場でいることなどを話しました。

お花見会では、琴の演奏もあり、「六段」などが披露されました。

■アベ改憲NO!千葉県民集会に参加








千葉市中央公園で「アベ改憲NO!千葉県民集会」が開かれました。

日本共産党畑野君枝衆院議員(左上の写真中央)が椎葉寿幸党県副委員長(参院比例・その右)、斉藤和子前衆院議員(左)とともに連帯のあいさつ。

立憲民主党生方幸夫衆院議員や社民党、新社会党、緑の党の代表なども挨拶しました。

基調報告のあと、オスプレイの木更津暫定配備に反対する市民の会からの訴えがあり、集会宣言を確認したあと、市内をコールしながらデモ行進しました。

訴えの動画はこちら。
それぞれ30分です。

① こちら⇒

② こちら⇒
4月6日(金)

●今朝はJR船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子、松崎佐智両市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、自衛隊のオスプレイが木更津基地に暫定配備される方向との報道を受けて、日本共産党が防衛省や千葉県に緊急の要請を行いました。

この内容を伝える「がんばり通信」を配布。
内容は以下です。

防衛省はこれまで、自衛隊が購入するオスプレイの配備先として佐賀空港を予定していましたが、佐賀県内で反対の世論が大きく広がるなか、駐機場などの用地買収が困難になり、今年秋の納入に間に合わない状況となったため、別の場所での暫定配備を検討してきていました。

オスプレイは2016年12月に沖縄で墜落、翌年8月にはオーストラリアで墜落し、9月にはシリアで墜落しています。わずか10カ月の間に3回も墜落するような軍用機の配備は、どこでも反対の声が上がるのは当然です。

暫定配備報道にたいして木更津市の渡辺芳邦市長は、「防衛政策への協力は自治体の役割」としながらも、「機体整備もしっかりした運用段階になっていないなか、遺憾で不快に感じる」「整備と配備では次元が違う」「佐賀が駄目だから木更津という理屈もおかしい」と述べています(「千葉日報」3月28日付)。

日本共産党は、これまでオスプレイの整備工場設置も、暫定配備にも一貫して反対してきましたが、今回の報道を受けて、あらためて県にたいして、暫定配備に反対するよう申し入れました。また防衛省にたいしても、配備中止を要請しました。

対応した県政策企画課の高橋俊之課長は、「北関東防衛局に問い合わせたところ、『何ら決定していない。事実にもとづかない報道だ』とのことだった」と述べました。

これに対して共産党県議団は「木更津にはオスプレイ整備工場もあり、暫定配備の可能性が高い。決まってからでは遅いので、いまから反対すべき」と厳しく求めました。

■南浜診療所友の会のお花見会に参加
今日は、船橋市南本町にある南浜診療所健康友の会のお花見会に参加しました。

あいにくの強い風で予定した公園では行えず、室内の催しとなりました。

それでもおいしい手作りの惣菜やビールなどで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

この中で、オスプレイの木更津配備や千葉県の医療福祉の水準が話題になりました。

■共産党事務所の会議
日本共産党の事務所会議が開かれました。
4月5日(木)

●朝は馬込沢駅で宣伝

今朝は、東武野田線の馬込沢駅で宣伝をしました。
日本共産党の岩井友子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、千葉県の財政力は都道府県で4位なのに、老人福祉費は全国最下位、医師数や看護師数、教育費などは全国45位という総務省の統計数字を掲載している「がんばり通信」を配布しました。

合せて、日本共産党船橋市議団が作成している「ミニにゅうす」を配布。船橋市がゴミの収集回数を週3回から2回に減らそうとしていることについて、中止を求める陳情に対して賛成した議員と反対した議員の名前と住所の一覧を掲載しています。

■県議団会議
毎週定例の県議団会議を開きました。

■日本共産党千葉県委員会総会に出席
日本共産党千葉県委員会総会が開かれました。

■安倍内閣退陣を求めるスタンディングに参加
森友疑惑の徹底究明、公文書の改ざん、隠蔽、ねつ造を許さず、安倍内閣の退陣を求める船橋駅南口のスタンディングも、今日で22日目。
今日は、中学2年生の男子が近づいてきて、「安倍総理は早く辞めてほしい」と話していました。
すごいですね。
昨日は「公明党なんですけど、並んで立っていいですか」という男性が参加。
内閣退陣の声が、与党にも広がっています。
さらに今日は、サザエさんの替え歌が登場。
歌詞は添付しました。
そしてスタンディングは、明日も続きます。
4月4日(水)

●朝は東中山駅で宣伝

今朝は、京成本線の東中山駅で宣伝をしました。
月に2回発行している「がんばり通信」と森友疑惑の徹底究明を求めるチラシを配布しました。

通りかかった男性が、「安倍総理はほんとにひどい。あんなにひどいとは思わなかった。もう終わりにしないといけない。共産党、がんばってよ」と声をかけてくれました。

また、ある女性が、「ビラをください」と声をかけてきてくれました。
「共産党のビラを読んでみたい」とのことでした。

最近、こうした関心の高さを感じることが多々あります。

■船橋革新懇の世話人会に参加
「平和・民主・革新をめざす船橋の会」(通称・船橋革新懇)の世話人会が開かれました。

宣伝活動などこの間の取り組みを出し合い、映画の上映や憲法を生かす3000万人署名など今後の取り組みについて意見交換しました。

■二和病院友の会丸山班のお花見会に参加
船橋市丸山地域で作られている船橋二和病院友の会丸山班のお花見会に参加しました。日本共産党の岩井友子市議も一緒でした。

あいさつでは、千葉県が財政力では都道府県で4位なのに、65歳以上の人口一人当たりの老人福祉費は47位と最下位になっている状況を報告。

税金の使い方を変えて、保険料の引き下げや特養ホームの建設など大きな財政力が日々の暮らしで実感できる県政を作りたいと決意を述べました。

岩井市議はゴミ収集回数の削減について話し、参加者の中から次々と「ほんとに困る」といった意見が出されました。
4月3日(火)

●朝は海神駅で宣伝

今朝は、京成本線の海神駅で宣伝をしました。
月に2回発行している「がんばり通信」と森友疑惑の徹底究明を求めるチラシを配布しました。

踏み切りで遮断機が上がるのを待っていた車から、運転していた男性が窓ガラスを下げて、「朝早くからがんばってるね。ビラを一枚ください。いまの政治は腹が立って仕方が無い。共産党に期待している」と声をかけてくれました。

また、通り過ぎた女性が戻ってきて、「共産党ならもらっていく」といってビラを持って行ってくれるなど、期待が広がっているのを感じます。

■新日本婦人の会の支部委員会で報告
新日本婦人の会船橋支部の支部委員会で国の動きや千葉県の現状について報告しました。

安倍総理が進めている憲法9条に自衛隊を書き込む改憲は、戦力不保持の例外として自衛隊が軍隊として動くようになること、森友疑惑で安倍政権の民主主義を踏みにじる姿勢があらわになったこと、千葉県は財政力では都道府県で4位なのに、医療や福祉教育などは最下位クラスになっていること、こうした税金の使い方変えれば、子ども医療費助成の対象年齢引き上げや少人数学級の拡大、特養ホームの増設など、暮らしや福祉を応援できるようになること、などを話しました。

■新婦人内日本共産党有志後援会で決意表明
新日本婦人の会船橋支部の有志で作っている日本共産党後援会のつどいが開かれました。

来年4月の県議選挙に挑戦する中沢学市議と一緒に参加して、いまの県議会は自民党が過半数を占めているため、予算委員会のテレビ放映の縮減など、他の党派がすべて反対しても強引に押し通してしまう状況となっていることを報告。

自民党を過半数割れに追い込んで、県民の声が通る県政を作りたいと話しました。

また、日本共産党の県議会議員選挙での議席獲得目標は8議席ですが、実現すれば、議案提案権を確保できて、すべての常任委員会に議員を送り出すことが出来ると述べました。

さらに、県議会議員選挙で2議席獲得することが出来れば、その後の市議会議員選挙はもちろんのこと、夏の参議院選挙の浅野史子党県副委員長(千葉選挙区)や椎葉寿幸党県副委員長(比例)を国会に送り出す大きな一歩になると訴えました。

参加者からは、「小学校や中学校での教員未配置やゴミ収集回数の削減など、市民の声に背を向けた市政、県政となっている」「政治を変えるためにも、日本共産党を大きくすることが必要だ」などの意見が出されました。

■年金者組合のお花見に参加
年金者組合船橋支部のお花見会が開かれました。

参加できたのはわずかの時間でしたが、年金を減らしてきているいまの安倍政権の実態を伝え、来年4月の県議会議員瀬挙への決意を話しました。

参加者から、「ぜひ、がんばってほしい」「年金が切り下げられて暮らしが大変」などの声が出されました。

■消費税を廃止させる千葉県連絡会の宣伝に参加
千葉県商工団体連合会や労働組合などで作っている「消費税を廃止させる千葉県連絡会」の宣伝に参加しました。

安倍政権は、来年10月から予定通り消費税を10%に引上げようとしています。しかし、消費不況のいまの状況で実施すれば、景気はますます悪化するのは目に見えています。

消費税を増税しなくても、中小企業並みの実質税率で大企業に税を納めてもらったり、所得1億円を超える富裕層の株式所得の税率を引上げれば、十分財源はまかなえます。

まったく収入のない子どもたちからもむしり取り、生活全般に課税されてくる消費税ほど過酷な税金はありません。民主的な税金のあり方にも反する消費税の増税を止めさせましょうと訴え、署名を呼びかけました。

以下、全国団体の「消費税廃止各界連絡会」のホームページより。

消費税廃止各界連絡会(各界連)は、1987年1月24日に結成されました。
中曽根内閣による「売上税」に対し、広範な団体・個人が「導入反対」の一点で大同団結したことが原点です(当時の名称は「大型間接税・マル優廃止反対各界連絡会」)。

運動は大きく盛り上がり、売上税とマル優廃止法案を廃案に追い込みました。

しかし自民党は、1988年12月24日、竹下内閣が消費税法案を強行成立させ、1989年4月1日から3%で実施されました。

その後、1994年9月に「消費税廃止各界連絡会」に改称。
橋本内閣による5%への税率引き上げ反対をはじめ、一貫して消費税に反対し、全国津々浦々で草の根の運動を広げてきました。

1997年4月、消費税率5%の導入後、政府・財界は、消費税率2ケタへの増税を狙っていますが、増税は不要です。

大企業・大資産家へのゆきすぎた減税を是正し、適正な税負担を求めること、軍事費、米軍再編への支出、大規模開発、政党助成金などの税金の無駄づかい、浪費を見直すことにより、将来は廃止も展望されます。

こうした考えの下、全国47都道府県に県各界連が結成され、各分野で70の中央団体(構成員数約500万人)が加入しています。

■日本共産党が船橋駅北口で宣伝
日本共産党として船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議と一緒でした。

今日の宣伝では、森友疑惑の徹底追及で一致結束している野党6党の国会での取り組みや、自衛隊オスプレイの木更津駐屯地暫定配備、毎日行われている船橋駅南口でのスタンディングの様子などを伝える「がんばり通信」最新号を配布しました。

こうした書かれている内容を話すと、通りかかった人が「ビラをください」といって取っていってくれました。
4月2日(月)

●朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、森友学園疑惑で籠池理事長と安倍総理の妻である安倍昭恵夫人がいかに関係が深かったか、いかに国有地の売却に関わってきたのかを伝えるチラシを配りました。

通りかかった女性が近づいてきて、「絶対に頑張って、これで終わりにしないでね」と言って励ましてくれました。

また、わざわざチラシを取りに来る男性もいました。
森友疑惑の幕引きをしようとしていますが、国民の怒りはおさまりません。

■生活と健康を守る会のお花見会に参加
船橋市生活と健康を守る会準備会がお花見会を開きました。

サンドイッチや煮物、だし巻き卵など、手作りの料理がいっぱいに並び、ビールも用意されてみんなで乾杯しました。

それぞれが自己紹介をして交流。
毎日のように船橋駅のスタンディングに参加している人もいて、「いまの安倍政治はほんとにひどい。腹が立って仕方が無い」など、それぞれが思いを語りました。

その後、歌を歌ったり、ゲームをするなど、あっという間の2時間でした。

お花見には、日本共産党の松崎佐智、坂井洋介両市議も参加しました。

■船橋民商の三役会議であいさつ
船橋民主商工会の三役会議であいさつをしました。

民主商工会(民商)は、中小規模の業者が集まって作っている団体で、仕事作りや納税者の権利を守るとりくみ、国民健康保険の改善など、暮らしと営業の改善向上のために運動しています。

県段階では千葉県商工団体連合会、全国段階では全国商工団体連合会に加盟しています。

今日は、千葉県の中小企業の状況などを報告し、一緒に頑張る決意を述べました。

中沢学市議も一緒でした。
4月1日(日)

■えび川九条の会のお花見会に参加

船橋市内を流れる海老川周辺の地域で作られている「えび川九条の会」が、海老川の土手でお花見会を開きました。

ここは、市内でも有名な桜の名所で、土手の桜を見にたくさんの人たちが来ていました。川沿いには何軒もの屋台が並び、焼きそばやお好み焼き、ウインナーやビールなどを売っています。

えび川九条の会のお花見はみなさんの手作り料理の持ち寄りです。お稲荷さんや豚汁など、とてもおいしくてあっという間にたいらげました。

参加者のみなさんからは、「住居費が高い。マンションの大規模修繕などでお金がかかる」「団地の老朽化がどこでも深刻になっている」などの話題が出され、いまの政治について盛り上がりました。

また、お花見に来た人々に、憲法を生かす3000万人署名を訴えました。

お花見会には、日本共産党の金沢和子市議(写真後方)も参加しました。

■夏見後援会のお花見に参加
千葉県船橋市の夏見地域で活動している日本共産党夏見後援会のお花見会に参加しました。

お花見会では、「朝早く4時30分から仕事に行かなければならなくて大変」「森友疑惑でほんとに腹が立つ」「来年の県議会議員選挙は税金の使い方が一つの争点になるのではないか」などの話しや、おいしい料理の話しなどで交流しました。

また、参加者の中で「腹話術」を披露してくれる人がいて、周りの子どもたちも喜んでみていました(右の写真)

このお花見会には、日本共産党の金沢和子市議も参加しました。

■船橋原水協の核兵器廃絶署名行動に参加
原水爆禁止船橋市協議会では、毎月、船橋駅などで核兵器廃絶をめざす被爆者署名に取り組んでいます。

今日は津田沼駅北口でした。
デッキの上に被爆の実相を知らせる写真を並べ、署名用紙を持って呼びかけました。

昨年夏に国連で人類史上初めて核兵器禁止条約が締結されました。これまでは、一部の核保有大国が世界を牛耳ってきましたが、いまは、国連に加盟している一つ一つの国が声を上げ、リーダーシップを発揮しています。こうした中で作られたのが禁止条約でした。

核兵器は人類と共存できない悪魔の兵器です。核兵器を持つことによって他の国を脅かして作られる見かけ上の「平和」はもろく、すぐに壊れます。

地球上から核兵器をなくすことこそ、核兵器による悲惨な出来事を起こさないもっとも確かな保証となります。

核実験を繰り返してきた北朝鮮も対話路線に切り替わり、経済制裁と対話での解決をもとめる世界の世論が力を発揮して生きています。

核兵器廃絶署名もその大きな一つです。
今日は、こうしたことを訴えました。

■安倍内閣退陣を求めるスタンディングに参加
今日も、船橋駅南口で森友疑惑徹底究明と安倍内閣退陣を求めるスタンディングが行われました。

3月13日から毎日続いているとりくみで、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで呼びかけられています。

今日は、森友公文書改ざん事件について、「証人喚問で疑惑は晴れたと思いますか」シールアンケートも行いましたが、圧倒的多数が、「思わない」にシールを貼っていました(右の写真)

今日のスタンディングにも初めて参加した人がいて、「安倍政権を変えるまで頑張りたい」と話していました。

船橋駅南口でのスタンディングは、来週も続きます。
月曜~金曜は夜7時~8時
土曜は夕方5時~6時
日曜は午後3時~4時

です。

ぜひ、一度来てみてください。
2018年3月〉〉
2018年5月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉