表紙のページに戻る〉〉
2018年6月〉〉
2018年8月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
7月13日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、西日本豪雨にたいして日本共産党など野党が政府への緊急申し入れを行ったことや、日本共産党独自に被災者への救援募金に取り組んでいることを伝えるビラを配布しました。

豪雨対策で最も重要な初動の7月5日に、安倍総理を始め、小野寺防衛大臣や上川法務大臣、岸田政調会長などが自民党の若手議員と酒宴を開き、それをツイッターに写真付きでアップしていたことが厳しい批判を浴びています。

「ここまで被害が広がるとは思わなかった」と言い訳していますが、気象庁は異例の緊急会見で、体験したことのないような豪雨が来る可能性を指摘しており、まったく言い訳にはなりません。

ほんとにそう思っていたのだとしたら、気象庁の指摘をまったく無視したのに等しいことになります。

こういう人たちに政権を任せるわけにはいかないのは当然です。

■国保をよくする会の会議に参加
船橋国保をよくする会の会議が開かれました。
この会は、社会保障推進船橋市協議会の国保部会としての役割も持っています。

今日の会議では、今年4月から県単位広域化が実施され国保料の大幅な引き上げが懸念されている状況のもとで、船橋市への要望をどう進めていくか、意見交換しました。
7月12日(木)

●朝は薬園台駅で宣伝

今朝は、新京成線の薬園台駅で宣伝をしました。日本共産党の地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、地域で配っている定期発行ビラ「がんばり通信」を配りました。

薬園台駅は線路の上に造られている橋上駅で、西側と東側に昇り口があります。しかし、エスカレーターとエレベーターがあるのは西側だけで、東側には階段しかありません。

今朝、西側でビラを配っていたら女性が、「あっち側にもエレベーターをつけてください。足が悪くて階段を昇れないからぐるーっと踏切を渡って回ってきて電車に乗っているんです。不便だし、足に負担がかかって仕方がない」と話していきました。

実は、東側へのエレベーターの設置は多くの住民から要望が出されており、日本共産党の地域支部が取り上げて議員と一緒に新京成や船橋市に働きかけてきています。

今回のこうした声も踏まえて、早く実現させるために頑張りたいと思います。

■県議団会議
週1回、定例の県議団会議でした。
今日の会議では、6月県議会を振り返って感想などを出し合い、当面の取り組みについて意見交換しました。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
今日も船橋駅南口で行われた安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加しました。
今日で119日目です。

西日本の豪雨で200人もの人が命を失い、60人もがいまだに行方不明になっています。避難所生活も1万人が余儀なくされています。エアコンも内容な避難所で、小さな子どもたちや高齢者などが体調を崩すことが懸念されています。

政府は、全力で行方不明者の捜索を行うとともに、避難所にエアコンを設置し物資を届けることに力を尽くすべきです。また、家を失った人たちにたいして仮設住宅や公営住宅の提供なども迅速に手立てをとるべきです。

日本共産党は他の野党とともにそうした内容を政府に緊急に申し入れるとともに、独自に組織を通じてボランティアを募って現地に派遣し、救援募金にも取り組んでいます。

いま、多くの国民が西日本の被災者のために何かできないかと真剣に考えています。

こうしたときに安倍内閣は何をやっているでしょうか。

7月5日、気象庁が緊急の記者会見をもってこれまでに経験したことの内容な大雨が8日まで降る可能性を指摘し、避難を呼びかけました。ところがこの日の夜、安倍総理を始め小野寺防衛大臣、上川法務大臣、岸田政調会長などが若手国会議員とともに酒宴を開いていたことが参加者のツイッターで明らかになりました。

「これほどの被害が出るとは思わなかった」と言い訳しましたが、気象庁の緊急記者会見をその程度にしか受け止めていないとすれば、こういう人物に政権を担う資格はありません。

実際に政府の対策本部が設置されたのは7月8日で緊急会見から3日もたっていました。それまで政府は何もやってきませんでした。

スタンデングでは、「こうした政府に命や暮らし、日本の未来を託すわけにはいかない」と訴え、退陣を求めました。
7月11日(水)

●朝は新船橋駅で宣伝

今朝は東武野田線(アーバンパークライン)の新船橋駅で宣伝をしました。日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

新船橋駅は西側に大規模ショッピングモールがあり、東側は巨大なマンション群となっています。以前は西も東も大手企業の工場がありました。

駅に子どもを送りに来た男性と会話になりました。
「お子さんの将来が楽しみですね」と声をかけると、「それもいい未来があってこそですよね。いまのままいくと、子どもの未来が心配です」と話してくれました。

「加計学園なども、もっと堂々と隠さないでやってほしい。やっぱり大事なのは政治ですよ」とも言っており、これが多くの人の実感なんだとあらためて感じました。

■駅の無人化で京成本社に要請
京成電鉄が4駅で夜11時から終電まで、駅員を配置しない無人化を実施しています。「京成中山駅」「大神宮下駅」は今年4月から、「大佐倉駅」「新千葉駅」は2016年3月実施。

これについて日本共産党千葉県委員会が今日、京成電鉄本社にたいして、駅員配置を元に戻すとともに、無人化をこれ以上広げないように要請しました。

無人化について京成側は、「無人化した駅についてはトラブル時にインターホンでそれぞれの管理駅に連絡が行くようになっていると述べ、場合によって職員を派遣することになる」「管理駅で無人化駅の監視カメラ映像を見ることが出来るが、常時、モニターを監視しているわけではない」「管理駅の業務が増えるが、人は増やしていない」ことなどを説明。

無人化の理由として「日暮里駅の乗降客が激増しているので、職員配置の見直しを行ったためで、一方的に職員減らしを行ったわけではない」「いまのところ無人化駅を拡大していく計画はない」などと述べました。

参加者からは、「車いすの人は駅に行っても今まで通りスムーズに乗車することができない」「聴覚障害者はインターホン自体が使えない」などを指摘。「人の配置に勝るものはないので、ぜひ復活してほしい」と強く求めました。

要請には、浅野史子(参院千葉選挙区)・椎葉寿幸(参院比例)両党県副委員長、斉藤和子前衆院議員、萩原陽子佐倉市議が参加しました。

■脱原発船橋(仮)のゼロアクションに参加
2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発の事故以来、原発からの撤退と自然エネルギー中心への転換を求める声が大きく広がっています。

船橋市内では、「脱原発船橋(仮)」が毎月「11日」に津田沼駅北口で宣伝を行っています。

原発再稼働反対の思いを込めたオリジナル曲も作り、今日もギターやサックス、ピアニカ、タンバリンなどを演奏して歌いました。

演奏の合間にスピーチも行います。

今日は、「いま、安倍内閣は原発事故がなかったように再稼働をどんどん進めています。規制委員会が合格させたと言いますが、どんなに大きな地震を想定してもそれを上回る地震が来ない保証はどこにもありません。

どんなに大きな津波を想定しても、それを上回る津波が来ない保証は誰にも言えません。

原発事故は一たび起これば取り返しがつきません。
100キロ、200キロと広い範囲に被害を与えます。何十年も害悪を出し続けます。こうした被害を絶対に出さないためには、原発から撤退する以外にありません。

太陽光発電などの再生可能エネルギーは装置の生産量が増えてコストも安くなっています。いまこそ転換を図るべきです」などと訴えました。
7月10日(火)

●朝は船橋法典駅で宣伝

今朝は、JR武蔵野線の船橋法典駅で宣伝をしました。
日本共産党の岩井友子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

通りかかった女性が、「以前、共産党にお世話になったんですよ」と話しかけてきました。介護の関係で大変だったようですが、「それ以来、共産党を応援しています。ぜひ頑張ってください」と話してくれました。

住民のみなさんのこうした苦労や苦しみに応えて解決していくのは、共産党の存在意義そのものです。

そのために頑張る姿を認めていただいて感激しました。
こうした気持ちに応えて頑張らなくてはとあらためて決意しました。

■夕方は西船橋駅北口で豪雨災害救援募金
今日は、夕方、JR総武線の西船橋駅北口で、西日本豪雨の被災者のみなさんへ、救援募金を行いました。

日本共産党の松崎佐智市議(左の写真右)や地域後援会のみなさんと一緒でした。

募金箱を用意して、「現地に行くことは出来なくても、明日をも考えることができないでいる被災者のみなさんに、募金を通じて希望を少しでも届けることができると思います。いくらでもかまいません。ぜひ、思いを託してください」と訴えました。

約1時間の取り組みでしたが、2万8702円の募金が寄せられました。
5千円札も入っていました。中学生が「少しですけど」と言って100円玉を入れてくれました。

こうした取り組みを通じて、被災者支援と連帯を広げていきたいと思います。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
今日は、安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加しました。

船橋駅南口で3月13日から始まって今日で117日目です。

通りかかった男性が、「責任者とか主催者はいるんですか」と話しかけてきました。

これにたいして、「この取り組みは責任者がいるわけではなく、一人の女性がツイッターで『あまりにも安倍内閣がひどすぎるから船橋からも声をあげたい』と呼びかけて、それにみんなが自主的に応えて集まっています」と答えました。

100日を超えるこうした取り組みが、みんなの思いだけで続いているのはほんとにすごいことだと思います。
7月9日(月)

●朝は滝不動駅で宣伝

今朝は、新京成線の滝不動駅で宣伝をしました。

晴れたり曇ったり、土砂降りの雨になったり(下の写真)と不安定な天気の中での宣伝でした。

通勤客の方々も、傘を持っていない人が少なくなく、雨に濡れて小走りに駅に入っていく人もいました。

今日の宣伝では、「がんばり通信」最新号を配布。
千葉県弁護士会の安倍九条改憲に反対する決議について掲載しています。

千葉県弁護士会が、全国の弁護士会に先駆けて、安倍総理が進めようとしている憲法9条に「自衛隊」を書き込む改定に反対する決議を発表しました。この内容について6月18日、日本共産党千葉県議団が弁護士会の役員と懇談しました。

弁護士会の決議は5月18日に行われた総会で議決されました。出席者212人のなかで129人が賛成、56人が反対し、棄権は27人だったとのことです。

決議では日本国憲法について「徹底した平和主義は、先の大戦を『政府の行為』による『惨禍』と判定し、このことを強く反省するという歴史認識にもとづくものであるとともに、日本は今後、戦争をしない国家として歩んで行くという世界に向けた決意の表明である」と指摘。

憲法9条に自衛隊を書き加える「改正案」について、「安全保障関連法にもとづく任務を行うことが前提となる自衛隊を憲法上位置づけるものであることから、憲法の基本原理である恒久平和主義に反するものとして反対の意思を表明する」としています。

弁護士会は、県内すべての弁護士が加入する強制加入団体であり、様々な意見を持っている弁護士の集まりであることから、議論の中では、「慎重審議ならいい」とか「政治的な意見を対外的に出すのは問題」などの意見もありました。

しかし、弁護士法第一条で「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とされており、「戦争は最大の人権侵害である」という立場で採択が行われたものだとの話しがありました。

■船橋市役所で都市計画道路などの聞き取り
松崎佐智市議と船橋市役所で、長津川調節池公園の管理区分、船橋市本町の都市計画道路、船橋駅南口の再開発、京成船橋駅東側の再開発などについて、市の担当者から説明を受けました。

■石炭火力に関するセミナーに参加
千葉大学で、「石炭火力発電所は地域にどのような財政的な影響をもたらすのか?」というテーマでセミナーが開かれました。

千葉県内では、千葉市中央区蘇我と袖ケ浦市の2カ所で合計307万kW(蘇我107万kW、袖ケ浦100万kW×2基)という全国一の規模の石炭火力発電所が計画されています。

蘇我の運営会社は、中国電力とJFEスチールが出資する「千葉パワー」で2024年の運転開始を予定。現在環境アセスメントの手続き中です。

袖ケ浦は、東京ガスと九州電力、出光興産による「千葉袖ヶ浦エナジー」で2023年、2024年運転開始。アセスの手続き中となっています。

石炭火力の最大の問題は、温室効果ガスの排出量が多く地球環境を悪化させることにあります。高性能の発電所なので排出量を抑制できるとしていますが、それでも石油と同じ程度で、天然ガスよりもはるかにたくさんの二酸化炭素を出します。

この間、イギリスやフランス、カナダ、ドイツなどが相次いて石炭火力から撤退しており、日本は世界の流れにも反する状況となっています。

しかも、石炭火力はPM2・5など大気汚染を引き起こす結果も招きます。セミナーでは、予定通り火力発電所が出来たらどれだけ汚染が広がるかというシミュレーションも示されました(右の図)

セミナーでは千葉大学大学院の倉阪秀志・社会科学研究院教授(上右の写真)の「石炭火力の自治体財政への影響」についての基調報告がありました。

石炭火力が稼働した自治体の中から17カ所を選んで財政力指数の変化を調べたものです。それによれば、稼働してから6年目まで財政力指数は上昇しますが、その後下降線をたどり、10年程度で財政力指数の改善効果は失われるというものでした。

石炭火力は環境を大きく壊す一方で、自治体財政への貢献はごくわずかなものにとどまることが明らかにされました。

報告では、太陽光発電との比較についての研究も紹介されましたが、それによれば、地域経済効果は建設工事による年間県内受注額で、石炭火力(107万kW)392億円にたいして、太陽光発電(557万kW:年間発電量が同等)は6674憶円と17倍にも達することが示されました。

セミナーでは、各地で運動に取り組んでいる団体が状況について発言し、交流の場にもなりました。

■ふなばし憲法9条の会の宣伝に参加
ふなばし憲法9条の会が定例の宣伝と署名を船橋駅北口で行いました。

この宣伝に「9条の会・千葉地方議員ネット」の一員として参加しました。議員ネットは、千葉県内の地方議員140人ほどが参加しており、「九条の会」の呼びかけに賛同することを一致点に2005年4月17日に結成されました。

今日の宣伝では、西日本豪雨の対策を最優先に力をつくすことを政府に求めるとともに、憲法9条に自衛隊を書き込む改憲を食い止めようと憲法をまもりいかす3000万人署名を呼びかけました。

これに応えて若い男性などが署名に応じてくれました。
また、高齢の男性も「戦争だけはだめだ」と言って名前を書いてくれました。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
今日もJR船橋駅南口で、安倍内閣の退陣を求めるスタンディングが行われました。

今日で116日目となります。

今日の宣伝では、西日本の豪雨で亡くなった方が120人を超え、行方不明の方も合わせれば200人にも達していることや、1万人を超える人たちが小学校の体育館で避難生活をしていることなどを話し、全力で対策を講じるのが政府の責任だと指摘しました。

ところが自民党議員は7月5日、安倍総理を含む数十人が宴会を行い、その様子をツイッターでアップしています。しかも安倍総理は11日からヨーロッパに1週間余も出かけようとしています。

国民の命も苦しみもまったく眼中にないこうした政権は一刻も早く退陣させることが必要だと話しました。
7月8日(日)

■金杉地域を訪問

千葉県船橋市の金杉・緑台地域で活動している日本共産党御滝支部のみなさんと一緒に地域を訪問してお話を伺いました。

■大穴北後援会の報告会
千葉県船橋市の大穴北地域で活動している日本共産党大穴北地域後援会の集いに参加して、憲法9条に自衛隊を書き込もうとしている安倍内閣の危険性や東アジア地域の激動、森田県政の税金の使い方と日本共産党の予算組み替え提案などについて報告しました。

参加者からは、「地震や水害がひどくなっているけど、千葉県の防災対策はどうなっているのか」「佐賀県でオスプレイに反対の世論が広がっていると聞いたが、何が原動力になっているのか」などの質問が出されました。

報告会には、来年4月の県議会議員選挙に挑戦する中沢学市議(写真左)や坂井洋介市議(写真右)も参加しました。

■若松後援会の報告会
千葉県船橋市の若松地域で活動している日本共産党若松後援会が集いを開きました。
この集いでは、来年4月で引退する日本共産党の佐藤重雄市議(写真正面左)の後継者として、佐川長(たける)住環境・団地対策部長(写真正面中央)が紹介されました。

佐藤市議も佐川さんも、若松団地に住んでいます。

佐藤重雄市議は初当選が1979年という大ベテランで、若松団地自治会の会長も長い間務めてきています。

参加者から、「これまでは自分の身の回りに起こったことに反応していただけだったが、6月30日の志位委員長の講演を聞いて、長い視野で見られるようになった」「日本は憲法9条にもとづいて進んでいくことが大事」「水道事業が民営化されようとしていると聞いたが、千葉県はどんな状況なのか」「JRの無人化はひどい。儲かっているのに人を減らして沙汰にもうけようとしている」など、様々な意見や質問が寄せられました。
7月7日(土)

■長津川調節池公園の現地調査

地域で行ったつどいで参加者から、「長津川調節池公園の遊歩道がでこぼこで危険なので、なんとかしてほしい」との要望が出されました。

これを受けて今日は、松崎佐智市議や調節池をよく利用する地域で活動している日本共産党本町支部のみなさんと現地を調査しました。

水平器や巻き尺、地図なども準備して調査を開始しました。
調節池の周囲は1100メートルの遊歩道となっていて、今日もジョギングや散歩をする人たちがいました。

遊歩道にはあちこちに地盤沈下が原因と思われる段差があり、亀裂まで生じている場所がありました。

調査した結果をもとに県葛南土木事務所や船橋市に改修を要請することにしました。

■西船地域を訪問
今日は、千葉県船橋市西船地域で活動している日本共産党西船支部のみなさんと地域を回ってお話を聞きました。

どこでも出されたのが「安倍総理はもういやだ」という声でした。
ある女性は「テレビに安倍総理が出てくると、テレビを消しちゃうくらい顔を見るのもいや」と話していました。

■日本共産党の会議に出席
夜は日本共産党の会議に出席しました。
7月6日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子・松崎佐智両市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、カジノ法案をめぐる記事を掲載している最新号の「がんばり通信」を配りました。

政府はカジノ解禁の最大のねらいを「外国人観光客を増やし経済成長の目玉にする」ことだとして、2010年に大規模なカジノ施設を開設して外国人観光客を増やしたシンガポールを実例にあげています。

しかし増えたといっても、シンガポールのカジノ開設後の外国人観光客増加率は124%。同じ時期に日本は386%も増えており、カジノが無くても日本の観光は充分発展しています。

しかもカジノができれば観光客を「囲い込む」ことになり、地域の観光収入の減少、観光地としてのイメージ悪化などの害悪が大きくなります。

そもそも日本は刑法で賭博を禁止しています。競馬、競輪などの公営競技は「公益性」を理由に、厳密なルールにより特例法で例外として認めているにすぎません。

一方、〃カジノ〃には「公益性」があるのでしょうか。

〃カジノ王〃と呼ばれる米国のシェルドン・アデルソン氏が会長として支配するラスベガス・サンズの会計報告では、2012年から6年間で、海外のカジノが大半を占める利益から159億ドル(約1兆8000億円)を株主に配当。その7割をアデルソン一族が占めています。

利益のほとんどを私企業、一つのファミリーが懐に入れるのでは、とても「公益性」があるとはいえません。

国の調査でも外国人観光客の目的の上位は「日本食を食べること」「ショッピング」「自然・景勝地観光」であり、これに応えて行くべきです。

■議会運営委員会に出席
今日は、6月県議会の最終日で午前中、議事の進め方を議論するため議会運営委員会が開かれました。

■当局の答弁の是正を求める議長申し入れ
今議会では4会派が代表質問を行いましたが、自民党、民主の会、公明とに比べて日本共産党への答弁時間が半分程度になっていました。

また、いくつかの質問にたいして一括で答弁をしたり、まともに答えないはぐらかしやすり替えが多々見られました。

議会というのは、県民に選ばれた議員が県民に成り代わって当局の姿勢を正す場であり、どんな質問であっても誠実に答えるのが当然の態度です。

これが揺らぎ、質問にまともに答えないようなことが横行すれば、議会制民主主義は成り立ちません。

安倍内閣でも、国民に嘘をついたり、国民に隠しごとをして厳しい批判を浴びていますが、千葉県議会でも同じようなことが起こっています。

今日はことの重大性に鑑み、議長にたいして是正の申し入れを行いました。

■閉会日の本会議に出席
9月議会の最終日となりました。
本会議では、8つある常任委員会の審査状況について委員長報告があり、議案、請願、発議案の順に採決が行われました。

それに先立って日本共産党の加藤英雄県議(柏市選出)が討論を行いました。

「森友・加計疑惑徹底解明」「東海原発再稼働中止」「オスプレイ木更津配備中止」「カジノ法案廃案」「働き方改革法案廃案」などの発議案は、自民党、公明党などの反対でことごとく不採択となりました。
7月5日(木)

■危険な交差点の現地調査

船橋市金杉で行った街角トーク集会のときに参加者から、「近くの交差点が危ないのでカーブミラーをつけてほしい」との要望が出されました。

今日は、金沢和子市議とともに現地を調査しました。
確かに見通しが悪くて危険性のある交差点なので、市に状況を聞くことにしました。

■東船橋地域を訪問
今日は、東船橋地域を訪問してお話を伺いました。

そのなかで、街灯の柱が危険だと指摘したのに直さず、大風の時に倒れてしまったという話や、線路わきの道路が危険など、地域の様子を詳しく聞かせていただくことができました。

■藤原地域でミニ懇談会
船橋市藤原上山地域で活動している日本共産党法典支部のみなさんや地域の方々とミニ懇談会を持ちました。

日本共産党はどういう政党か、どういう日本と社会を目指しているか、どういう活動をしているのかなどをテーマに、意見交換をしました。

■平和委員会の事務局会議
船橋市平和委員会の事務局会議に参加しました。
今日の会議では、6月に行った軍事費の学習会の結果や、8月22日に行う船橋市への要望の内容などについて話し合いました。
7月4日(水)

●朝は船橋駅東側出口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅東側出口で宣伝をしました。
日本共産党地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、「がんばり通信」を配りました。

今日は、若い男性が通りかかってビラを受け取り、「自分は、ずっと共産党に入れていますよ。なにしろ、政策がしっかりしているから」と話してくれました。

また、小さいお子さんを連れた女性が「頑張ってくださいね」と声をかけて、ビラを受け取っていってくれました。

最近、若い人や子育て世代の方々が、関心をしてしてくれています。未来への不安が広がっていることが、真剣に考えなければならないとの思いにつながっているのかもしれません。

■船橋革新懇の世話人会
平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)の世話人会に出席しました。

今日の会議では、宣伝やオスプレイ来るな県民集会などこの間の取り組みの報告と、「船橋市のゴミ問題を考えるつどい」や「映画「明日へ」の上映会など、今後の取り組みについて意見交換しました。

■東葉高速鉄道について打ち合わせ
東葉高速鉄道はJR総武線の西船橋駅から京成本線の勝田台駅までを結んでいる鉄道で、千葉県や船橋市・八千代市などが中心になって出資している「第3セクター」鉄道です。

しかし、建設費を借金でまかなったためにその返済と利息が大きな負担となり、高い運賃になっています。

今日は、こうした現状を出し合い、どうすれば運賃を引き下げられるのか話し合いました。
7月3日(火)

●朝は海神駅で宣伝

今朝は、京成本線の海神駅(左の写真)で宣伝をしました。
地域後援会のみなさんも駆けつけてくれました。

今朝は、千葉県商工団体連合会婦人部協議会(千商連婦人部)が千葉県にたいして、小規模事業者の暮らしと営業の実態を伝えて要請を行ったことを伝える「がんばり通信」を配りました。

要望項目は、業者婦人・家族従業者の実態調査、自家労賃を認めない所得税法56条の廃止、10%への消費税増税中止、国民保険制度の充実の4項目です。

県側からは、「国が議論して決めたもの」「国の動向を注視していきたい」などの回答が多く、県自身が実態を調べて主体的に取り組んでいく姿勢は見られませんでした。

参加者からは「消費税が始まる前はたくさん仕事があったけど、8%になってからは格段に減った」「地域で商売をしているが、認知症の女性を助けたり、子どもたちがトイレを借りに来るなど交流が培われている。こうした商店街への補助を増やしてほしい」「看板が古くなっても変えられないでいる商店などにリフォーム助成を実施してほしい」など、意見や要望が出されました。

県側からは、「大変な中で納税していただいているのがよく分かった」などの発言がありました。

宣伝では、通りかかった女性が「がんばってください」と声をかけてくれたり、男性が「共産党ならもらっていくよ」と言ってビラを受け取ってくれました。

■県議団会議
常任委員会の審議も一段落して、今日の団会議では6日の閉会日の討論などについて議論しました。

■夕方の船橋駅北口宣伝
今日は、日本共産党としてJR船橋駅北口で宣伝をしました。
金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、オスプレイの木更津配備について話しました。

今年の秋にも自衛隊のオスプレイ5機が日本に納入されることになっています。しかし、配備予定先とされていた佐賀空港では大きな反対の声が広がり、駐機場や格納庫を整備する用地の買収も出来ていません。

防衛省では、別の配備先を検討してきましたが、自衛隊オスプレイが木更津駐屯地の第一ヘリコプター団の装備品とされていることや、沖縄普天間基地の海兵隊オスプレイの定期整備工場が稼働していること、1500メートルの滑走路が整備されていることなどから、木更津が濃厚だとされてきました。

そして今年3月、マスコミが一斉に「木更津駐屯地で調整中」と報道し、それが根拠のあるものだったことが明らかになりました。

オスプレイは度々墜落しているもっとも危険な軍用機です。
千葉にも佐賀にも沖縄にも飛ばさせない、日本の空にオスプレイはいらないと、7月1日には駐屯地前の公園で県民集会も開かれ2200人が集まりました。

こうした世論を広げて、オスプレイの配備をやめさせていくために力を尽くします。

今日はこうしたことを訴えました。

通りかかった女性が「頑張ってくださいね。応援しています」と激励してくれたり、「アメリカに住んでいるんですけど、在外投票でいつも入れています」というカップル、「働き方改革はほんとに心配です」「いつも演説を聴いているけど、共産党の言うことが一番いいね」など、何人もが話しかけてきてくれました。

■日本共産党の事務所会議
今日は日本共産党の会議で、宣伝や集会など、今後の取り組みについて意見交換しました。
7月2日(月)

●朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、昨日、木更津駐屯地前で行われたオスプレイ木更津配備に反対する県民集会の様子について話しました。

自衛隊はオスプレイを17機購入しましたが、その中の5機が今年の秋に日本に納入されます。

防衛省は佐賀空港に配備する予定でいましたが、佐賀県内では大きな反対運動が広がり、オスプレイ配備のための駐機場や格納庫の用地買収も出来ていません。

そのため、木更津を配備先と定め現在調整中となっています。

しかし、オスプレイは各地で墜落を繰り返している危険な軍用機です。千葉県の空にも佐賀県の空にも、沖縄の空にも飛ばさせるわけにはいきません。

集会では、「日本の空にオスプレイはいらない」とのアピールを採択して木更津市内をデモ行進しました。

参加者は2000人を超えました。

■水道と下水道の一括集金について聞き取り
千葉県では、県営水道の料金と管内の市が運営している下水道料金との一括徴収を進めています。

今日は、その内容について聞き取りを行いました。

■生活と健康を守る会の世話人会
船橋市生活と健康を守る会の世話人会に参加しました。
今日の会議では、8月に予定されている会員の懇親会の準備や船橋市への要望書の内容などについて話し合いました。
7月1日(日)

■日本の空にオスプレイはいらない県民集会に参加

陸上自衛隊木更津駐屯地へのオスプレイ配備に反対する県民集会が、駐屯地前の公園で開かれ、2000人を超える人々が参加しました。

「日本の空にオスプレイはいらない」との集会アピールを採択し、木更津駅までデモ行進を行いました。

集会では日本共産党の畑野君枝衆院議員、立憲民主党の生方幸夫衆院議員、自由党の青木愛参院議員などが連帯の挨拶。安保関連法に反対するママの会や横田基地で取り組みを進めている団体の代表などが発言。

今後の運動へ決意を固め合いました。

「集会アピール」は以下の通りです。

木更津基地は、漁業や潮干狩りを行う海岸と住宅街、東京湾の工業地帯や羽田空港に隣接しています。2014年10月、日米オスプレイの共通定期整備基地とされました。

地元住民の不安と反対の声にもかかわらず、昨年2月に普天間基地の米海兵隊オスプレイ1機の定期整備が始まり、昨年9月上旬までに機体整備、その後試験飛行の予定でしたが、現在も試験飛行ができない状態が続いています。

今年3月26日、「佐賀空港にオスプレイ配備の施設整備が整うまで、本年秋までに納入予定の陸上自衛隊オスプレイ5機を木更津駐屯地に暫定配備する方向で調整に入った」との一部報道に、防衛省は「決定した事実はない」としています。

佐賀では、土地の所有者である漁協を中心とした地元の反対運動があるため、暫定配備とは名ばかり、実質配備です。また、5機ではなく、17機の暫定配備の可能性もあります。

米空軍のCV22オスプレイ5機が横田基地に突然配備されました。特殊作戦機で、夜間飛行能力と地形追随装置、電子妨害機能なども備え、敵のレーダー網を潜り抜けて地上スレスレを飛ぶことができます。

沖縄や岩国の基地から飛び立ったオスプレイが、横田基地や神奈川の厚木基地などを利用し、埼玉や都内で飛行訓練をする様子がたびたび確認されるなど、首都圏をオスプレイが我がもの顔に飛び回る状況が生まれています。

そもそもオスプレイは、侵略、先制攻撃・特殊作戦に使われる軍用機です。そして、排気熱で火災事故を起こしたり、被災者救援中に民家の屋根を吹き飛ばしたりと、救助活動ですら、まったく不向きな機体です。

また、事故を起こしやすい欠陥機で米国本土では、住宅密集地帯への飛行が禁止されていますが、日本では規制を受けずに自由に飛行しています。

どの国も導入しないオスプレイに日本政府は1機200億円、全体で3600億円もの国民の血税を浪費し購入しました。

オスプレイが木更津基地に暫定配備されれば、房総半島や関東地域が訓練場となります。専守防衛だった自衛隊が、強行採決された「安保法制」により、海外で米粉と一体となり、オスプレイを使用する危険が現実になろうとしています。

しかし今、世界は、話し合いで紛争を解決する方向に進もうとしています。平和のうちに生きる、安心して暮らす、これは世界の人々の権利であり、願いです。

政府は、オスプレイの配備ではなく、憲法9条を生かした誠心誠意の外交努力により、平和な日本、平和なアジアを実現すべきです。

私たちは、辺野古や高江、横田・厚木・佐賀などの住民のみなさんと手をつなぎ、木更津基地のオスプレイ定期整備基地化と暫定配備の撤回と、沖縄にも本土にも、オスプレイを配備するな!日本の空にオスプレイはいらない!を強く求めます。

2018年7月1日
オスプレイ「暫定配備」反対7・1県民大集会in木更津参加者一同
2018年6月〉〉
2018年8月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉