表紙のページに戻る〉〉
2018年7月〉〉
2018年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
8月16日(木)

■朝は南船橋駅で宣伝

今朝は、JR京葉線の南船橋駅で宣伝をしました。

日本共産党船橋市委員会の佐川長(たける)住環境団地対策部長や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、市民要求を実現するための共産党と市民の共同の取り組みを伝える県議会報告ビラを配布しました。

通りかかった男性が、「共産党なら1部ください」といってビラを受け取って行ったり、「朝早くから、よく頑張っていますね。応援しています」と激励してくれる場面もありました。
8月15日(水)

■平和リレートークに参加

終戦記念日に毎年恒例で行われている「平和リレートーク」に参加しました。

主催は、年金者組合船橋支部。今年で15回目になります。

今回は日本共産党の浅野史子県副委員長(参院千葉選挙区・上右の写真)や金沢和子市議も訴えました。

参加者は全体で20人ほどで、9人がマイクをリレーして戦争と平和への思いや戦争の悲惨さ、核兵器の禁止や廃絶に向けた世界の動きなどを話し、「安倍内閣の憲法改定を食い止め、9条を掲げた平和の先頭に立つ日本をつくりましょう」と訴えました。

新日本婦人の会や千葉土建労働組合からのメッセージも読み上げられました。

憲法9条を守り生かす3000万人署名には、通りかかった人たちが次々と応じてくれました。中には、「何より平和が一番。平和がなくては何にも出来ない」と話しかけてくれる女性もいました。

平和リレートークには地域で活動しているバンドpeace of our wishも参加して、「ヒロシマの有る国で」「サトウキビ畑」などを歌い、立ち止まって聞き入る人や拍手をする人など、大きく盛り上がったリレートークになりました(下右の写真)

■共産党の終戦記念日宣伝
日本共産党として毎年取り組んでいる終戦記念日市内宣伝を行いました。
今年はJR船橋駅北口で宣伝カーから訴えました。

内容は、終戦記念日にあたって、あらためて憲法九条の内容と求めているもの、九条が果たしてきた役割などにふれるとともに、昨年の核兵器禁止条約の採択や今年の北朝鮮と韓国の合意、歴史上初めての米朝首脳会談など、世界は平和に向かって進み始めていることを訴えました。

一方、安倍内閣はそれでも核兵器に固執するアメリカと一体となって禁止条約に背を向け、莫大な軍事費をかけてイージスアショアなどを購入しようとしています。

これでは世界から孤立するのは明らかです。
安倍内閣を退陣に追い込み、憲法九条を生かした平和の先頭に立つ日本を作りましょうと呼びかけました。

通りかかった男性や女性、若い人もじっと立ち止まって聞いている姿が目立ちました。
宣伝では、金沢和子市議も一緒に訴えました。
8月12日(日)~14日(火)

■お盆休み
8月11日(土)

■宮本地域を訪問

千葉県船橋市の宮本東船橋地域で活動している日本共産党峰台支部のみなさんと地域を訪問しました。

「国民健康保険から後期高齢者医療に移ったら、口座引き落としをあらためて手続きしなければならなかった。もっと便利にならないものか」

「介護保険は、家族を介護の負担から解放しようと言うことで始まったはずなのに、施設には入れず、ヘルパーにも来てもらえず、保険料も世帯員の収入で計算される。まったく理念が変わってきてしまっている」

「飛行機の騒音がうるさい。日によって飛ぶコースが違うが、どういう条件で変わるのか分かればありがたい」

「墓地が負担になっている。いま、樹木葬や散骨などが広がっているが、次の世代に迷惑をかけないようにしたい」

「保育園で働く職員が非正規が多くて大変になっているようだ。保育の水準も心配だし、正規で雇えるようにすべきではないか」

「船橋市はゴミの収集回数を週3回から2回に減らそうとしているが、困ったものだ。一回のゴミの量が増えて大変になるのは明らかで、ゴミステーションもあふれないか心配」

「安倍総理には早く引退してもらいたい。共産党は市民の声をよく聞き取っていて信頼できる。政治というのはそうあるべきだと思う」

など、たくさんの貴重な意見や要望を伺うことが出来ました。

■金杉地域を訪問
地域のみなさんと船橋市金杉地域を訪問しました。
「来年は選挙ですね。絶対に頑張ってほしい」「医療費が高くて大変。なんとかならないものか」など、どこでも活発にお話を伺うことが出来ました。

■法典中央町会の盆踊りに参加
船橋市上山町の法典中央町会の盆踊りに参加しました。

日本共産党の岩井友子市議と一緒でした。

この地域を走っている木下街道(県道市川印西線)は歩道がなくて狭い側溝の蓋の上を歩かされています。

女子小学生の交通事故死をきっかけに、安心して歩けるようにと歩道を作るよう県に働きかける取り組みが継続して行われてきました。

こうした努力が実ってまずは400メートルの歩道が完成。
現在、さらに400メートル延長する事業が進められています。

市民の声が行政を動かした大きな成果ですが、歩道設置のスピードが遅すぎます。

今日は、一刻も早く安全な県道にするよう頑張りたいと話しました。

加えて、こうしたお祭りや盆踊りが楽しめるのも平和であってこそで、「平和が一番」、そのために頑張る決意を述べました。
8月10日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

通りかかった男性が「安倍総理は何とかしてほしい。政策ではなく、民主主義の問題だ。土台が腐っている」と話しかけてきました。

今朝の宣伝では、安倍内閣のもとで、医療介護の分野で8月から軒並み負担増が実施されている実態を伝えるチラシを配りました。

安倍政権は8月1日から、高齢者の医療・介護の自己負担を一部引き上げました。

医療費では「高額療養費制度」で、70歳以上の上限額を引き上げ、年収370万円未満で住民税を課されている1270万人は、通院医療費の上限額が月4000円増の1万8000円になりました。

年収370万円以上の170万人は「現役並み」の収入だとして、月5万7600円に設定していた通院時の負担上限を廃止。入院と合わせた世帯上限額を年収ごとに現役世代の区分と同じ三つに分けたうえで、年収770万円未満では、通院だけの利用でも世帯上限額の基準が月8万100円になりました。

介護では、サービス利用者の自己負担割合(原則1割)を、「現役並み」の収入がある65歳以上について3割に引き上げました。2015年8月からの2割化に続く引き上げで、単身では年収340万円以上、夫婦世帯では年収463万円以上の約12万人に適用されます。

介護保険料は65歳以上の場合、月平均5869円となり、2000年の制度開始時から約2倍に引き上げられています。

現役世代との「公平化」などと言いながら、老いも若きも連続負担増を押し付けてきた流れの一環で、「負担増先にありき」の姿勢が厳しく問われます。

■県議団会議
今日は、定例の県議団会議でした。
この間の取り組みや9月定例県議会に向けた状況について意見交換しました。

■石炭火力発電所について懇談
千葉県では、千葉市中央区蘇我と袖ケ浦市の2カ所で、合計3基の石炭火力発電所計画が進められています。蘇我は、中国電力とJFEスチールが出資する千葉パワー株式会社、袖ケ浦は出光興産、九州電力、東京ガスが出資する千葉袖ケ浦エナジーによるものです。

今日は、「蘇我石炭火力発電所計画を考える会」の小西由希子さん(元千葉市議・写真左)と懇談しました。

会のホームページはこちら()。

小西さんから、主に蘇我石炭火力発電所計画の経過や現状、計画を止めさせるための取り組みなどについて詳しいお話しを伺いました。

その中で、今朝の新聞で、袖ケ浦石炭火力について「石炭から液化天然ガスに転換する検討に入った」との報道が行われていることが紹介されました。
8月9日(木)

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加

今日も安倍内閣の退陣を求めるスタンディングが、船橋駅南口で行われました。

3月13日から、毎日行ってきていますが、昨日は台風に夜暴風雨が予想されていたので中止になり、今日で145回目です。

今日のスタンディングでは、核兵器廃絶をめぐる世界の動きと、それに逆らう安倍内閣の姿について話しました。

世界では、昨年7月に核兵器禁止条約が採択され、14の国が批准しています。また、今年4月17日には、北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領が会談を持ち、朝鮮半島から核兵器を一掃することで合意しました。

さらに、6月12日には、アメリカのトランプ大統領と金正恩委員長との歴史上初めての会談が行われ、南北首脳会談の合意内容の実現に向けた努力で合意することが出来ました。

一方、安倍内閣は世界で唯一の戦争被爆国であるにもかかわらず、核兵器禁止条約に参加せず、北朝鮮にたいしても圧力一辺倒で対処してきました。

広島や長崎の原爆慰霊祭でも、両市長から条約への参加を要請されたにもかかわらず、安倍総理大臣はそれを拒否。「核保有国と非核保有国の架け橋になる」などと逃げました。

保有国と非保有国の間に中立はありません。「架け橋」などと言う言葉を使いながら、保有国と同一歩調をとるというもっとも卑劣な態度に終始しました。

こうした内閣は退陣しかありません。
今日はこういうことを訴えました。
8月8日(水)

■船橋革新懇の世話人会

平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)の世話人会に参加しました。
今日の会議では、映画「明日へ」の上映会の準備や船橋革新懇の総会の内容などについて意見交換しました。

■県葛南土木事務所に長津川調節池公園の改修で要請
千葉県船橋市本町地域で活動している日本共産党本町支部や松崎佐智市議と一緒に、千葉県葛南土木事務所を訪問して、長津川調節池公園の改修について要請しました。

船橋市西部にある長津川調節池は池や遊歩道などのある公園として市民から親しまれています。

この間、「遊歩道がでこぼこで危険なので、なんとかしてほしい」との要望が日本共産党に寄せられたため、7月7日、日本共産党本町支部が現地を調査しました。

水平器や巻き尺、地図などを準備して調査を開始。調節池の周囲に作られている1周1100メートルの遊歩道を約1時間かけて見て回りました。

遊歩道には、あちこちに地盤沈下が原因と思われる段差があり、大きな亀裂まで生じている場所がありました。これでは散歩やジョギングで転びかねません。

とくに夜間は照明がほとんど無いため段差が分からず危険です。
葛南土木事務所ではこうした調査結果を伝えて、改修を要請しました。

また、敷地内に大量の土が盛られ、ビニールシートで覆われたところがあります。近所の人から「放射能汚染の土ではないか」などの話しが持ち上がっていました。土木事務所に確認したところ、「長津川の川底の浚渫土砂を仮置きしているもので、水が抜けたら多の場所に移動する予定」とのことでした。

これにたいして、周辺住民の不安を解消するために、安全な土であることを知らせる看板を立ててほしいと要請し、設置してもらうことになりました。

■中山地域のミニつどいに参加
千葉県船橋市本中山地域で活動している日本共産党中山支部が個人宅でミニつどいを開きました。

5人の参加者が、安倍内閣のひどさや打開策、日本共産党の役割やめざすものなどについて懇談しました。

これには松崎佐智市議も一緒でした。
8月7日(火)

■障害児学童デイの関係者と懇談

特別支援学校や小学校などの特別支援教室に通っている障害児の放課後の時間を受け入れている障害児学童の放課後デイサービスの関係者と懇談しました。障害児のための学童保育です。

しかし、今年4月から報酬単価が25%も下げられて運営していけなくなるような問題が起こっています。

今日はこうした状況について話を聞きました。

■夕方は船橋駅北口で宣伝
今日は夕方、JR船橋駅北口で宣伝をしました。
地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、県が「武器見本市」の会場として幕張メッセを提供しようとしていることについて、日本共産党千葉県議団が撤回の要請を行ったことを伝えるビラを配布しました。

幕張メッセでの「武器見本市」は来年6月17日から19日まで3日間開催が予定されています。主催はイギリスの民間団体で、昨年10月に幕張メッセに打診があり、現在「仮予約」となっています。

「武器見本市」は、武器の売り買いを通じて軍事産業に莫大な利益をもたらし、武器を拡散し、武器の使用を世界に奨励するものとなります。 いまなお世界各地で宗教や民族の対立などによる武力紛争が続いており、「武器見本市」の開催は、それらを助長するものと言われても仕方がありません。

とりわけ日本は憲法9条で戦争や武力の行使を放棄している国であり、「武器見本市」は憲法の立場に反するものであるのは明らかです。

とりわけ千葉県は、憲法をよりどころとする地方自治体の一つであり、県有施設である幕張メッセを「武器見本市」に会場として提供することに大きな批判の声が上がっているのは当然のことです。

しかも幕張メッセの目的は、千葉県の産業振興や文化の発展、国際化に資することとされており、この目的から見ても「武器見本市」はふさわしくありません。

要請にたいして吉田和彦県商工労働部長は、「外務省や防衛省も後援しており、武器輸出3原則も改定されて装備品の移転となった。県として公の施設の利用を断る理由がない」と述べました。

参加者は、「国の方針のみを理由に認めるなら国言いなりだ。自治体である県として、独自の検討と判断が必要だ」と指摘し、重ねて承認しないよう求めました。

■日本共産党の事務所会議
事務所の会議が開かれて、宣伝や集会の予定などについて意見交換しました。
8月6日(月)

●朝はJR西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、日本共産党千葉県議団が議会のたびに発行している「議員団ニュース」を配布しました。

訴えでは、核兵器廃絶について話しました。
今日8月6日は、ヒロシマに減額が落とされた日です。9日には長崎にも原爆が投下され30万人もの人が命を失いました。

かろうじて生き残った人も放射能による後遺症に苦しめられ、差別や偏見で結婚さえできない人もいました。

原爆は人類と共存できない悪魔の兵器です。

それから73年がたったいま、昨年は核兵器禁止条約が採択され、今年の春には南北首脳会談と米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化が合意されました。

世論と外交の力で時代は確実に進んでいます。
さらに前に進めるために力をつくしますと話しました。

■生活と健康を守る会の学習会と懇親会に参加
船橋市生活と健康を守る会(生健会)準備会の学習会と懇親会が開かれました。

学習会では、生健会県連の小山真樹事務局次長と松崎佐智市議から、この間の生活保護の制度改変の歴史と今年10月から新たに行われる制度改悪の内容について報告を受けました。

参加者からは、「憲法25条の最低限の健康で文化的というのがどういう水準なのか疑問がある」とか、「削減ばかりが進んで、これでは生きていけない」などの発言がありました。

学習会のあとは、差し入れの食べ物や飲み物で懇親会を行いました。歌を歌ったり、ビンゴゲームをやったり、交流が深まりました。
8月5日(日)

■海神後援会の総会で報告

船橋市海神地域で活動している日本共産党海神後援会が年に一度の総会を開きました。日本共産党の松崎佐智市議も参加して、市政について話しました。

報告では、森友疑惑・加計疑惑では国民に嘘をつき、事務次官がセクハラ事件を起こし、西日本豪雨では酒盛りを行い、国会最終盤でカジノ法案を強行採決する安倍内閣の姿を見れば、一刻も早く退陣させなければならないと訴え。

千葉県の税金の使い方が巨大開発の無駄遣い中心、医療や福祉教育切り捨てになっている実態を話しました。

会場には、初めて参加した男性もいて、「憲法9条を守ろうという署名をしたり、志位委員長の演説会などに参加してきて、共産党のことをもっと知りたくなった。今日も話が聞けて良かった」と話してくれました。

■船橋市上山町を訪問
船橋市藤原上山地域で活動している日本共産党法典支部のみなさんと地域を訪問してお話を伺いました。

どこでも安倍内閣のひどさが話題になり、「共産党に頑張ってほしい」と声がかかりました。

■船橋原水協の核兵器廃絶署名に参加
原水爆禁止船橋市協議会が毎月定例で行っている核兵器廃絶を求める被爆者署名に参加しました。

今月はJR津田沼駅北口です。

訴えでは、昨年7月の核兵器禁止条約採択や今年4月の北朝鮮と韓国との合意、6月の米朝首脳会談など、紆余曲折はあっても核兵器の禁止廃絶の方向に世界は動いていると話し、これをさらに前に進めるのは、国際世論と平和外交だと指摘。

そのためにも「みなさんの平和への思いを署名に託してください」と呼びかけました。

今日は、被爆写真の展示も行いましたが、子ども連れの女性が一緒に指をさしながら写真を見ていました。

また、若い人たちが署名をしていく姿が目立ちました。
チラシを配布しましたが、受け取ってその場で読んでいる人も少なくありませんでした。

■山手町会の盆踊りに参加
船橋市飯山満地域山手町会の盆踊りに参加しました。日本共産党の佐藤重雄市議と一緒でした。

あいさつでは、台風で1週間延期されたことにたいして準備された自治会のみなさんの労をねぎらうとともに、この地域は狭い歩道が多くその拡幅のために力を尽くしていることを報告。

最後に、「こうした盆踊りを楽しめるのも平和があるから。何よりも平和が一番。そのために力を尽くす」と決意を述べました。
8月4日(土)

■飯山満地域を訪問

千葉県船橋市の二宮飯山満地域で活動している日本共産党二宮飯山満支部のみなさんと地域を訪問しました。

「ほんとにいまの政治はひどすぎる」
「夫を介護するようになったが、紙おむつが大変。とくに船橋市は10月からゴミの収集回数が週3回から2回に減るので、どうやろうかと心配」

などの不安や不満が出されました。

また、「共産党には水路の排水のことでほんとにお世話になりました。そのときからずっと応援しています」という励ましも出されました。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
今日も安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加しました。
場所は船橋駅南口で、今日で141回目です。

今日のスタンディングでも、通りかかった人が「がんばれよ」とか、「ほんとにその通り」と言って励ましてくれたり、二人連れの女性が手をあげて、エールを送ってくれました。

こうした毎日の取り組みが、人々を励まし、勇気づけ、世論を広げる力になるのだと思います。

■船橋市夏見地域の盆踊りに参加
船橋市夏見地域で行われている盆踊りに参加しました。
日本共産党の金沢和子市議と一緒でした。

会場の中で男性が声をかけてきて、「共産党はいつも頑張っているね」と励まされ、「安倍総理はだめだよ。あんなことばかりやっていたので、日本はだめになる。子どもたちのためにも、早く変わった方がいいと思う」と話してくれました。

森友疑惑や加計疑惑、西日本豪雨では酒盛りをやっていたことなどが語られ、握手をして別れました。
8月3日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で「しんぶん赤旗」の見本紙を配布して、購読を訴えました。宣伝には、日本共産党の金沢和子、松崎佐智両市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今日、配布したのは、「しんぶん赤旗」の日曜版です。
週1回自宅に配布して月額823円です。

政治や経済のことをわかりやすく伝えるとともに、スポーツや文化、芸能、囲碁や将棋、クロスワードパズル、医療や税金などの役立つ記事が満載です。

家族そろって楽しめる新聞として評判を寄せていただいている「しんぶん赤旗」をぜひご購読くださいと呼びかけました。

■東葉高速鉄道の関係者で打ち合わせ
船橋市と八千代市を走っている東葉高速鉄道について、運賃引き下げをめざす意見交換を行いました。

■船橋市教育委員会の教科書採択を傍聴
船橋市教育委員会の臨時会議が開かれました。議題は、来年度使用する船橋市立小・中学校と特別支援学校、小中学校に設置されている特別支援学級、および船橋市立高校の教科書の選定です。

注目されていた中学校の道徳の教科書では、選定委員会から全8社のうち、「東京書籍」「光村図書」「日本文教出版」の3社の教科書が示されましたが、委員からの提案で「東京書籍」と「光村図書」に絞って議論が進められ、委員5人中3人の賛成で「東京書籍」が選ばれました。

教科書の採択制度は、事実上、国家が教育の内容に介入するものであり、それ自体に問題があります。しかも、この間、歴史の教科書などで日本の侵略戦争を美化する「育鵬社」版が採択される地域があったり、教科としての道徳の導入によって、さらなる国家介入につながると批判が上がっていました。

今日の教育委員会会議も傍聴定員60人のところ78人が申し込むなど高い関心が示されました。

船橋市教育委員会は、定員を超えた傍聴者を全員受け入れましたが、県内では採択の会議を公開している教育委員会自体が3つしかなく、きわめて不正常な状態となっています。
8月2日(木)

●朝は馬込沢駅で宣伝

今朝は、東武野田線(アーバンパークライン)の馬込沢駅で宣伝をしました。日本共産党の岩井友子市議と一緒でした。

今日の宣伝では、6月市議会や県議会の報告ビラを配布しました。また、日本共産党が発行している「しんぶん赤旗」を紹介して、購読を呼びかけました。

配布したビラでは、保育所不足や若者の雇用対策、商店街支援など日本共産党の6月議会での取り組みについて伝えています。

■幕張メッセを武器見本市に貸さないよう県に申し入れ
千葉県立の「幕張メッセ」で来年6月17日から3日間開催を予定している「武器見本市(MastAsia2019)」について、日本共産党千葉県議団が森田知事と吉田商工労働部長あてに、メッセの利用を承認しないよう申し入れました。

申し入れには、日本共産党の浅野史子県副委員長(参院千葉選挙区)も同席しました。

武器見本市の主催者はイギリスの民間団体です。

県担当課によれば、昨年10月に株式会社幕張メッセに打診があり、現在「仮予約」とのこと。

いうまでもなく「武器」は、戦争や武力紛争の際に、戦闘員、非戦闘員を問わず、人を傷つけ、人の命を奪うために使用されるものであり、「武器」の商取引によって軍事産業は多額の利益を得ています。

日本は憲法9条で、国際紛争を解決する手段として、国権の発動たる戦争と武力による威嚇および武力の行使を永久に放棄している国です。

「武器見本市」はこうした憲法の立場に反して武器の使用を奨励するものであり、憲法9条を持つ国としてふさわしくありません。

その憲法をよりどころに存在している地方自治体である千葉県が、県有施設を「武器見本市」に会場として提供することは許されず、承認すべきではありません。

このまま同施設の使用を認めるならば、地球上において、いまなお続いている宗教や民族間の対立などによる武力紛争の助長に事実上加担しているとの厳しい批判は免れません。

「千葉県日本コンベンションセンター国際展示場設置管理条例」第2条では「本県の産業の振興及び文化の発展を図るとともに、本県の国際化に資するため」と設置目的を定めており、これに反するものであることも明らかです。

対応した吉田和彦商工労働部長は、「外務省や防衛省も後援しており、武器輸出3原則も改定されて装備品の移転となった。県として公の施設として断る理由がない」と述べました。

参加者は、「国の方針はそうなっているかもしれないが、それを理由に認めるなら国言いなりだ。自治体である県として、独自の検討と判断が必要だ」と指摘。再検討を求めました。

また、昨年6月にも3日間、幕張メッセを会場に同じ主催者によって「武器見本市」が開催され、安保関連法に反対するママの会@ちばが9月に申し入れを行いましたが、県の担当者が「関係部門に通知や情報提供を行ったが、内容については検討していない」と回答したことに対して吉田部長は、「回答はしなかったかもしれないが、当然検討しており、今後もそれは変わらない」と話しました。
8月1日(水)

■中山地域を訪問

千葉県船橋市の中山地域で活動している日本共産党中山支部のみなさんと地域を訪問してお話を伺いました。

「もう、いまの政治はひどすぎる。昔は自民党ももっとまともだった。周りの人もみんなそう言っている。共産党しかないという人もたくさんいる。ぜひ頑張ってほしい」

「共産党はいつも頑張ってくれていて、頼もしい。目が悪くなって動くことは出来ないけど、ずっと共産党を応援しています」

「人の心が大事。客だからと言って店に威張ってはいけない。お金を払えばいいって言うことではない。いまの政治もそんな気がする」

「いまのままで来年から、消費税が上がったら、もうやっていけないくらいの打撃を受けそう。なんとか止められないものかと思う」

など、訪問した先々で、いまの政治への不満と不安、共産党への期待が語られました。

訪問は日本共産党の松崎佐智市議と一緒でした。
2018年7月〉〉
2018年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉