表紙のページに戻る〉〉
2018年10月〉〉
2018年12月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
11月7日(水)

●朝は船橋駅東口で宣伝

今朝は、JR船橋駅の東側高架下の出口で宣伝をしました。
地域で配布している「がんばり通信」と「県政リーフレット」を配布しました。

通りかかった男性が「前から応援しています。頑張ってください」と声をかけてくれました。また、若い男性が「昨日は終電まで仕事で、会社に泊まったんですよ。これから帰って寝ますけど、体がもたないですよね」とつらい実情を語ってくれました。

さらに、女性が「これから病院に行く。体中が悪くてかかるところが多く、金ばかりかかって仕方がない。年金しかもらっていないのに、これではやって行けない」と苦しい状況を話してくれました。

■船橋革新懇の世話人会に出席
平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)の世話人会が開かれました。
今後の取り組みについて意見交換しました。

■生活と健康を守る会が船橋市に要請
船橋市生活と健康を守る会が船橋市に生活保護の充実を求めて要請を行いました。

要請内容は、生活保護の相談にのるケースワーカーを増やすこと、プロパンガス使用世帯に都市ガスとの差額を支給すること、葬儀の際の喪服や供花代を支給すること、医療証を交付すること、エアコン設置費を3月以前の保護利用開始にも支給すること、などです。

要請の中で参加者から、「プロパンガスは高くてお風呂もぬるめにして入っている。食事もカセットコンロを使用しており、せめて都市ガス並みの支払いにしてほしい」との要望や、「自分の夫が亡くなった時に、喪服もなく、御棺に入れる花を入れてあげることも出来なかった。葬式は心の部分もあるので、そういうものも買えるようにしてほしい」との要望が出されました。

これにたいして市側は、「ガス代は扶助費の中から出すことになっているので、市として独自には出せない」「喪服やお花も葬祭扶助に入っていないので出せない」などの回答に終始しました。

エアコン設置費は、今年の猛暑もあって4月以降の利用開始世帯には設置費が支給されることになりました。しかし3月以前は対象になっていません。参加者から、「心不全と糖尿がある高齢者世帯が心配で訪問したら、暑さ寒さの感覚もない危ない状況だった。エアコンは欠かせない。経費でみても入院するようなことになれば、医療費の公的支出の方が高くつく。エアコンは、生活保護世帯すべてに設置してほしい」と実情が出されました。

しかし市側は、「3月以前の利用開始については、社会福祉協議会で借りるなどして自分でつけてほしい」と回答。

参加者から「せめて、どのくらいの世帯がエアコンが無いのか調べてほしい」と求めましたが、市側は、「付ける予定がないのに調べることはしない」と拒否しました。

現状がどれだけ深刻か調べようともしないで、初めから背を向ける態度に参加者から異議が出されました。その一人が、「あらためて調査しなくてもケースワーカーから話しを聞けばわかるはず。一人一人の状況をつかむのは、ケースワーカーの本来業務。せめてそのくらいはやるべきではないか」と重ねて要求しましたが、市は応えようとしませんでした。

これまでの市への要請では、「生活保護のしおり」が一部改善されるなど、前向きの内容もありましたが、今回の対市要請では、船橋市が現場の深刻な実態に目を向けようとしない姿勢が目立ちました。

要請には、日本共産党の松崎佐智市議も参加しました。

■三番瀬公金違法支出判決を活かす会の会議
三番瀬公金違法支出判決を活かす会の会議が開かれました。
三番瀬をめぐる状況や今後の取り組みなどについて話し合いました。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
JR船橋駅南口で行われている「安倍内閣の退陣を求めるスタンディング」に参加しました。
3月13日から始まって今日で235回目です。

今日のスタンディングでは、消費税増税について安倍内閣が、軽減などしないのに「軽減税率」と言ったり、社会保障のために使っていないのにまるで使っているかのように話したり、うそとごまかしで国民に飲み込ませようとしていることを話しました。

男性がずっと聞いてくれました。
11月6日(火)

●朝は海神駅で宣伝

今朝は、京成本線の海神駅で宣伝をしました。

通りかかった女性が、「共産党、がんばってよ。これからは、野党共闘が大事だから、『我が党』ではなく、『私たち野党』はという機会が増えるようになるといい」と話し、市民と野党の共同への期待を語ってくれました。

また、「共産党を応援しているからね」と言ってわざわざビラを取りに来る人がいました。

■夕方は船橋駅北口で宣伝
今日の夕方はJR船橋駅北口デッキの上で宣伝を行いました。

今日の宣伝では、消費税の増税について話しをしました。

「軽減税率」といっても、まったく「軽減」されていないこと、
「公平な税金」といっても、所得が低ければ低いほど重い税金でとても「公平」などと言えないこと、
「社会保障のため」という口実も、社会保障が後退する一方で大企業には減税がほどこされていること、など安倍内閣は、国民をごまかして増税を強行しようとしていることを指摘して、「力を合わせて食いとめましょう」と呼びかけました。

この宣伝には、日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんも参加しました。

■事務所会議
共産党の事務所の会議に参加して、宣伝やつどいの計画について意見交換しました。
11月5日(月)

●朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、県政のことを伝えるリーフレットを配りました。

千葉県は、財政力は都道府県で4番目なのに、65歳以上の人口一人当たりの老人福祉費は47位、保育所の数は46位、医師や看護師の人数は45位、教育費も45位と軒並み最下位クラスとなっています。

その要因は、無駄な巨大開発に税金を注ぎ込んでいるからです。

船が来ないのに港を造り、車が走らないのに高速道路を造り、工場が来ないのに工業団地を作り、水が余っているのにダムを造る。

こうした無駄遣いに財政力が消えていき、県民に回ってこないところに千葉県の最大の問題の一つがあります。

しかし大事なのは、これは自然現象ではないということです。森田知事がこうなる予算を組み、県議会の多数派である自民党がノーチェックですべて成立させてきたからです。

政治を変えれば、大きな財政の力が県民の医療や教育に使わせることが出来ます。

■消費税の学習会に参加
来年10月から安倍内閣が進めようとしている消費税10%増税についての学習会に参加しました。

今度の増税で政府は、食料品は8%、その他は10%と複数税率が導入するとしています。これによって、その区分が複雑なため、消費者に混乱をもたらすのは必至です。

一方、業者の側も2023年度からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が導入されるため、大きな問題が広がることになります。

インボイスを発行するには、税務署に消費税を納税し、登録番号を受けなければなりません。

一方、売り上げが年1000万円以下の業者は、消費税の納税義務が免除されていますが、このまま行けば登録番号をもらえずにインボイスの発行が出来ないため、流通から排除される可能性があります。

2023年に向けて、免税業者は、売り上げが1000万円もないのに課税業者になって消費税を納税するか、免税業者のままで排除される不安や危険と隣り合わせて商売をするか、どちらかの選択を迫られることになります。

免税業者は、全国で役500万、千葉県内では15万と推計されており、大きな問題となっていくことは必至です。

今日は、こうしたことを学ぶ機会となりました。

■オスプレイ木更津配備について防衛省から聞き取り
自衛隊が購入したオスプレイ17機の中の最初の5機がこの秋に納入されることになっていました。一方で、受け入れ自治体の同意が取れないため、数ヵ月間延期するとの報道もあります。

今日は、自衛隊のオスプレイの状況について防衛省から聞き取りを行いました。

オスプレイの日本への納入について防衛省側は、「現在、アメリカで製造中」と回答。参加者から「製造中」の意味について問われると、「海兵隊仕様のオスプレイを陸自仕様に改造するなどが必要であるため」と答えました。

一方、配備先については、「3月に新編した水陸機動団と一体で運用するため、佐賀空港への配備を予定しており、8月に佐賀県知事と防衛大臣が100億円の支払いなどで合意して知事が受け入れを表明した。今後、佐賀空港の利用に関する公害防止協定の取り扱いについて漁協と協議していくことになる。佐賀空港に配備するまでの間の一時的処置については、様々な検討をしており、何ら決定した事実はない」とこれまでの回答を繰り返しました。

また、暫定配備についての自治体との協議について防衛省側は「まったく行っていない」と回答。参加者は、「この段階で協議もしていないとなれば、突然配備されることになる。住民合意を無視するやり方は止めるべきだ」と求めました。

米海兵隊のオスプレイの定期整備については、昨年2月から始まったにもかかわらず、いまだに試験飛行さえ出来ていません。参加者は状況の説明を求めましたが、防衛省側からは明確な回答がありませんでした。

これには、日本共産党の畑野君枝衆院議員、浅野史子(参院千葉選挙区)、椎葉寿幸(参院比例)両党県副委員長、斉藤和子前衆院議員、川副邦明党県副委員長も参加しました。
11月4日(日)

■船橋市飯山満地域のつどい

船橋市飯山満地域で集いが開かれました。
日本共産党船橋市委員会の安田晋・市民運動部長(来年4月の市議選挙に挑戦)と一緒に参加しました。

冒頭、県政の状況について、巨大開発推進、医療や福祉教育切り捨て、戦争推進の3つの角度から報告しました。

参加者からは「戦争はやだというのが自分の原点。日本共産党は戦前の弾圧の中で獄中でも信念を変えなかったというのを聞いて信頼するようになった」

「日本共産党の姿ややっていることをもっと知らせていった方がいい。何をやっているのか分からない部分がある」

「危険な交差点について、共産党が拡幅を市に働きかけてくれて広くなった。感謝している」

などの意見や感想が出されました。

■船橋市宮本地域でまちかどトーク集会
船橋市宮本地域で、日本共産党地域支部主催のまちかどトーク集会が開かれました。

参加者からは「千葉県が財政力が都道府県で4位なのに、福祉や医療が最下位クラスだというのは知らなかった。なぜなのか」

「住んでいる近くの歩道に段差があるので、改善できないか。雨が降ると水たまりも出来てしまう」

など、地域の方々が集まって様々な意見を伺うことが出来ました。

これには日本共産党船橋市委員会の佐川長(たける)住環境団地対策部長(来年4月の市議選挙に挑戦)も参加しました。
11月3日(土)

■子どもと教育を語るつどいに参加

全教千葉教職員組合などによる実行委員会主催で、「子どもと教育を語るつどい」が開かれました。

オープニングでは沖縄の三線(さんしん)が演奏され、「沖縄に心寄せて歌おう」と、会場全体で沖縄民謡を歌いました。

その後、実行委員長の三輪定宣さん(千葉大学名誉教授)の基調報告で、いまの教育を取り巻く状況が詳しく報告されました。

記念講演は、佐古忠彦さん。
TBSの報道局編集部プロデューサーで元アナウンサーです。

佐古さんは、「JNNニュースの森」「筑紫哲也NEWS23」などに出演してきました。プロデューサーとして、「生きろ~戦場に残した伝言」「戦後70年 千の証言スペシャル」「米軍がもっとも恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか」などを制作。

映画「米軍がもっとも恐れた男 その名はカメジロー」では監督を務めました。

講演では、カメジローと呼ばれた瀬長亀次郎さんについて、映画のロケにまつわる話しも交えた話しをたっぷり1時間聞かせてくれました。

佐古さんは「なぜ沖縄なのか」と問いかけ、「矛盾が詰まっていて、日本がよく見えるからだ」と話しました。占領下の沖縄について本土ではほとんど知られていないが、戦後史の教育が抜け落ちているからではないかと指摘。

「カメジローを通じて歴史を見れば、戦後が見えてくるのではないかと考えて49分のドキュメンタリーを作ったが、夜中の番組なのに『こんな人がいたのか』『夜中ではなくいい時間にやれ』といった手紙やメールをたくさんもらった」と話しました。

佐古さんは、米軍が沖縄を占領したときに、「日本は沖縄を差別的に見ている。この亀裂を利用する心理作戦を進める」と記載されたアメリカの文書を紹介し、当時の沖縄の状況について「女性を暴行した米兵が、その夫を射殺する現場を目撃した」との証言などで紹介。

こうした沖縄の中でカメジローは、「米軍は解放者ではなく占領者だ」と分かって立ち上がったと、当時の様子を語りました。

カメジローの抵抗の原点は、労働者の権利を守ること、土地を守ること、祖国に復帰することの3点で、この占領時代の抵抗精神がいまにつながっていると佐古さん。

そのカメジローに米軍は「共産主義」のレッテルを貼って弾圧し、逮捕までしたが、受刑者の要望を実現したり、看守の待遇を改善させたり、牢獄の中でも戦い続けました。

カメジローは沖縄人民党から、復帰後は日本共産党に入ることになります。
一方、前沖縄県知事の翁長雄志さんは自民党県連の幹事長でした。
佐古さんは、この二人をあげ「立ち位置はまったく逆に見えるが、精神は同じ。キーワードは民主主義だ」と述べました。

カメジローは団結の大切さを訴え続け、「小異を捨てずに大同につく」ことを呼びかけました。「一人の声は届かないけど、一丸となればアメリカに届く」と訴え続けたとのことでした。

佐古さんは最後に、「戦争について考えるたびに思うのは、『組織』と『個』」だと述べ、「戦前は、組織の価値観に染め上げてきたのが、戦後、個に焦点が当てられてきた」「おかしいと思ったときに声を上げられることが大事だ」と指摘。

「少数派であることを恐れず、個を信じて団結を訴え、それが広がり、沖縄の礎になっていった。これは日本全体へのメッセージだと思う」と述べて講演を終わりました。
11月2日(金)

●朝はJR船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、県政のことを伝えるリーフレットを配りました。

総務省の「統計で見る都道府県の姿2018」によれば、千葉県の財政力指数は都道府県で上から4番目なのに、65歳以上人口一人当たりの老人福祉費は47番目の全国最下位。

これは、巨大開発最優先、医療や福祉、教育あとまわしの自民党県政の結果です。

工場が来ないのに工業団地を造成し、船が来ないのに港を拡大し、車が通らないのに高速道路を造り、水が余っているのにダムを造る。

こうした無駄遣いを転換すれば、大きな財政力を県民の暮らしに回すことが出来ます。

ご一緒に力を合わせて県政の転換を実現させましょうと呼びかけました。

■船橋市内を宣伝カーで回る
今日は、船橋市海神地域を宣伝カーで回って、街頭から訴えました。

通りかかった女性が、ずっと立ち止まって話を聞いてくれていたので、終わってから近づくと、「何かなと思って聞いていた。香川県の大学で学生のときから共産党を応援している。いまこそ必要な党だと思う。頑張ってください」と励ましてくれました。

また、別の場所で女性が、「原発は絶対に止めてほしい。共産党には、原発を無くすために頑張ってもらいたい」と話しかけてきました。

宣伝カーが走っているときも、対向車の窓から手を振ってくれるなど、期待が広がっています。

今日の5分間の訴えは、以下の通りです。

ご地域のみなさん。日本共産党です。
お静かな中ですが、5分間だけお話しをさせていただきたいと思います。

私、県議会議員の丸山慎一でございます。

安倍総理がついに消費税の増税を宣言しました。来年10月に10%に引上げようというものです。

安倍総理は、「軽減税率を導入して低所得者に配慮する」と言いますが、増税の中身は、食料品をいまの8%の思い税率のまま継続し、それ以外のものはすべて10%に大増税しようというものです。

このどこが「軽減」などと言えるのでしょうか。

さらに「社会保障のため」とも繰り返していますが、消費税は本当に社会保障に使われてきたのでしょうか。

消費税が増税されるたびに、医療費が引上げられました。
消費税が増税されるたびに、年金が削られました。
消費税が増税されたのに、保育園には入れない子どもたちがあふれています。
消費税が増税されても、特別養護老人ホームに入れず、介護殺人とか介護自殺などのあってはならない悲惨な事件が後を絶ちません。

消費税は社会保障のために使われていない。これが多くのみなさんの実感ではないでしょうか。

では、消費税はどこに消えてしまったのでしょうか。
調べてみましたら、大企業や大金持ちの減税の穴埋めに消えていたことが分かりました。

安倍内閣になってからだけでも、大企業には年間4兆円も減税が施されています。

消費税を増税しても、その一方で大企業などに減税をほどこせば、消費税が社会保障に回ってくるはずがないのは当たり前です。

消費税は、家計を直撃し、その分、消費を冷え込ませ、日本の経済に取り返しの付かない打撃を与えるものとなります。

こうした理不尽な消費税の増税を、力を合わせて食い止めたいと思います。

安倍総理が、本気で憲法を変えようとしています。
しかもその中身は、憲法9条に自衛隊を書き込もうというものです。

安倍総理は、「自衛隊を書いても何にも変わらない」と繰り返しています。しかしこれほどひどいごまかしはありません。

いまの憲法9条は、「もう戦争はやらない。軍隊は持たない」とはっきりと定め、例外はまったく認めていません。しかしここに自衛隊を書いたら、「軍隊は持たないけれども、自衛隊は持つ」という憲法に変えられてしまうことになります。

その瞬間、自衛隊は軍隊を持たないことの例外として、軍隊として動き出すことになります。

戦争をしない国からする国へ、この日本の国が根本から変えられてしまうような憲法改定を、「何にも変わらない」といって国民をごまかして進めようとする。これ以上、ひどい政治があるでしょうか。

日本共産党はこうした憲法の大改悪を食い止めるために力を尽くす決意です。平和の先頭に立ってきた憲法は、いまの姿のまま、子どもや孫の世代に譲り渡していきたいと思います。

そのことを最後に重ねて訴えて、この場所での県議会議員、丸山慎一からの訴えとさせていただきます。
ご協力、ありがとうございました。
11月1日(木)

●朝は馬込沢駅東口で宣伝

今朝は、東武野田線(アーバンーパークライン)の馬込沢駅東口で宣伝をしました。

今日の宣伝では、安倍内閣の退陣を求める船橋駅南口でのスタンディングが3月13日の開始より200回目を迎えたことを伝える「がんばり通信」を配布しました。

反対側の西口方面から、わざわざビラを受け取りに来て改札口に戻っていく女性もいました。

3月13日から行われている船橋駅南口での「安倍内閣の退陣を求めるスタンディング」が10月3日で200回目となりました。

雨の日も、風の日も、毎日毎日続けてきているのは、あまりにも安倍内閣の政治がひどすぎるからです。総理大臣が国会で平気でうそをつく。その嘘を隠すために公文書の改ざんまで行う。こんな内閣は、これまでありませんでした。

憲法9条の解釈を変え、安保法制(戦争法)を強行したのも安倍内閣です。

主権者である国民をないがしろにして憲法も民主主義もすべて投げ出し強引にことをすすめる安倍政権の政治にたいして、いま何も言わなかったらこういう政治を認めたことになる。それがスタンディングに参加する思いです。

沖縄では9月30日の県知事選挙で、安倍内閣の強権政治に反撃する大きな一歩が踏み出されました。

主権者である国民が声をあげれば、政治を変えることができます。スタンディングはそのために、さらに続きます。

■県議団会議
今日は定例の県議団会議でした。
9月定例県議会の報告や、12月定例県議会の質問の内容などについて話し合いました。
2018年10月〉〉
2018年12月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉