表紙のページに戻る〉〉
2018年12月〉〉
2019年2月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
1月20日(日)

■御滝後援会の報告会

船橋市金杉・緑台地域で活動している日本共産党の御滝後援会が報告会を開きました。

御滝支部の名前の由来は、地域にある「御滝不動尊」で、創建は1423年です。
境内には水がわき出した小さな滝があり、海老川の源流となって東京湾に注いでいます。

桜の名所としても市内では有名で、春の桜のシーズンにはたくさんの出店が立ちならび、大勢の人たちが花見に訪れます。

報告では、消費税と憲法、千葉県の税金の使い方について話しました。

報告会には、日本共産党の金沢和子市議も参加して市政について報告しました。

■若松後援会の新年会に出席
船橋市若松地域で活動している日本共産党若松後援会が新年会を開きました。

安倍内閣が、消費税でも増税による増収を上回るような景気対策をやらなければならなかったり、憲法改定でも昨年秋の臨時国会に改定案を示せないなど、追い詰められてきていることを指摘。

4月の統一地方選挙と7月の参院選挙で、野党と日本共産党の躍進で自民党と改憲勢力を追い込み、消費税増税と憲法改悪を食いとめましょうと呼びかけました。

新年会では、この地域で1979年以来議員として奮闘してきた佐藤重雄市議があいさつ。4月に勇退する思いを語りました。

また、佐藤議員からバトンを引き継いで市議に挑戦する佐川長住環境団地対策部長も決意を述べました。
1月19日(土)

■日本共産党御滝支部と地域でハンドマイク宣伝

船橋市金杉・緑台地域で活動している日本共産党御滝支部が、地域でハンドマイク宣伝を実施。のぼりとハンドマイクを持って歩きながら5カ所で訴えました。

内容は、5分間スポットで、憲法と消費税です。

通りかかった人と3カ所ほどで会話が生まれ、「ご家族はお元気ですか」とか、「働いている娘が先日会ったと言っていた」など、身近な話題で盛り上がりました。

■船橋市内を宣伝カーから訴え
今日も宣伝カーで船橋市金杉・緑台地域を回って街頭から5分間のスポットを20カ所で行いました。

車で市民農園にきていた男性が、「頑張ってよ。安倍は嫌いだ。あんな嘘つきは見たことない」と怒っていました。また、車で走ってきた女性が車を止めて、「応援してます。障害者の施設で働いています。がんばってください」と握手を求めてきました。

別の場所では、男性がこちらを見てうなずいたので、かけよったら「がんばってください」と激励し握手してくれました。さらに中学生がじっとこちらを見ていたので、話しかけたら「消費税は止めてほしい」と小さな声で話してくれました。

他にも、犬をつれた男性が、「がんばって!」と励ましてくれるなど、今日も様々な交流がありました。
1月18日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝は、安倍内閣による消費税増税について訴えました。

とくに「増税対策」として打ち出されている施策の中で、景気悪化を防ぐためとの2兆円規模の臨時対策と、それ以外の恒久的対策を合せると、消費税増税による増収を上回る規模となっており、「それなら増税を止めるべき」との批判が上がっていることを指摘。

ポイント還元も、0%、2%、5%と3段階で、複数税率の8%と10%が組み合わされると、消費税実質負担率は3%、5%、6%、8%、10%の5段階にもなり、大混乱必至です。

「世紀の愚策」と言われる景気対策をやらなければならないような消費税増税は断念すべきです。

今日はこうしたことを訴えました。

■地域住民と歩きづらい道路の調査
船橋市藤原などの道路について、「でこぼこで歩きづらい」との要望が寄せられたので、今日、住民の方と一緒に現地を見て回りました。

道路工事をしたあとの埋め戻し部分の境目が、車などの通行によって段差になっている模様です。

市道なので、この地域を担当している日本共産党の岩井友子市議に伝えて、市に働きかけてもらうことにしました。
1月17日(木)

●朝は薬園台駅で宣伝

今朝は新京成線の薬園台駅で宣伝をしました。
日本共産党船橋市委員会の安田晋市民運動部長(市議に挑戦)や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、消費税に頼らなくても社会保障の財源は生み出せるという日本共産党の提案を掲載した「がんばり通信」を配りました。

大もうけを上げている大企業と富裕層に体力に応じて負担を求めれば、消費税にたよらずに社会保障や教育を充実させ、国・地方の借金も解決できます。

研究開発減税など大企業優遇税制を見直すことで4兆円程度の財源が生まれます。

富裕層の所得の多くは、株の売買や配当ですが、20%しか税金はかかりません。これを是正して富裕層への証券課税を強化することで、1・2兆円の財源となります。

純資産で5億円を超える富裕層(課税対象は1000人に1人程度)に、金融資産や不動産などの資産を対象に、1~3%の累進税率で毎年課税する富裕税創設で、1兆円程度が見込まれます。

これらの改革に加え、税のムダ遣いにメスを入れれば17兆円が財源として確保できます。

■県議団会議
今日は、2月定例県議会の内容について意見交換しました。

■船橋法人会賀詞交歓会に出席
船橋法人会の新年賀詞交歓会に出席しました。

船橋法人会についてホームページで田中保生会長は、「船橋法人会は、『健全な納税者の団体』であるとともに『よき経営者を目指すものの団体』として会員の自己研鑽・自己啓発を積極的に支援し、納税道義の向上と企業経営及び社会の健全な発展に貢献することを目的とする税務協力団体として、昭和58年11月10日東京国税局長の許可を得て設立され、公益法人制度改革にいち早く対応し、平成23年4月1日に千葉県の認可を受けて公益社団法人に移行した公益法人であります」

「法人会は、会員数80万社の規模を持つ全国有数の公益法人で、当会の現在の会員数は船橋市内の稼動法人のうち約35%に相当する3200社(H29・7月末)の企業にご入会いただき、会員のニーズに応え、地域に密着した各種事業活動を活発に展開しております」と述べています。

今日の賀詞交歓会では、交歓会に先立って会員を対象にした講演会で記念講演をした里崎智也さんがあいさつしました。

里崎さんは、1998年に千葉ロッテマリーンズに入団したプロ野球選手で、捕手として4番を打つなどロッテの中心選手として活躍。

2006年にはWBC代表に選出されて出場。ゴールデングラブ賞とベストナインにも選ばれた。

2010年にはロッテがレギュラーシーズン3位から日本シリーズを制覇。里崎さんが発言した「史上最大の下克上」が流行語となりました。

その後、故障に泣かされた時期もあり、2014年に引退。
現在は、千葉ロッテのアドバイザーや野球解説者として活躍しています。
1月16日(水)

●朝は新船橋駅で宣伝

今朝は、東武野田線(アーバン―パークライン)の新船橋駅で宣伝をしました。地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、年金積立金で14兆円という過去最高の損失を出したことを伝える「がんばり通信」を配りました。

昨年末の株価大暴落により、年金積立金の資金運用で14兆円もの損失を出した可能性があることが「しんぶん赤旗」の試算でわかりました(2018年10月~12月期)。

4半期ベースの損失額が最大だったのは、2015年7~9月期のマイナス7・9兆円で、今回は過去最大の2倍にあたる損失規模です。

年金積立金の運用資産は165兆円で、このうち国内株式が43・5兆円、外国株式に43・6兆円が投じられています(昨年9月末時点)。

政府が、年金積立金を株価吊り上げに使いやすくシステムを変え、大株主優遇で実施してきた結果です。

■船橋革新懇の宣伝に参加
平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)が毎月第3水曜日に定例で行っている船橋駅北口での宣伝署名に参加しました。

署名は、「憲法を守り生かす3000万人署名」です。

通りかかった女性が「ほんとにいまの安倍政治はひどすぎる。このままいくと戦争になってしまうような気がする」と話していました。

消費税増税についても訴えると、「増税されたら困ります」と話しかけられたので、「今年は4月に全国いっせいの地方選挙が行われ、7月には参議院選挙もあります。ここで声をあげて増税を食いとめましょう」と話しました。

■三番瀬公金違法支出判決を活かす会の会議
今日は、三番瀬公金違法支出判決を活かす会の会議に参加しました。

1981年、三番瀬の埋め立てをめぐって県が、事業が決まってもいないのに、違法に漁協に43億円の補償金を渡した事件が起きました(当時は公になっていませんでした)。

さすがに直接、税金から支出するわけにいかないので、信漁連が融資する形で渡し、埋め立てが決まったら補償金から返済することにしていました。

しかし、貴重な自然を将来に残そうという大きな世論が広がり、埋め立ては白紙撤回されたため、補償金は出ないことになり、逆に43億円の融資に対する56億円の利払いが生じました。

これを千葉県企業庁が支払いましたが、住民から違法な支出だとして訴訟が起き、2005年、県の支出行為には「瑕疵がある」という判決が確定しました。

このときに裁判に臨んだ原告団、弁護団、支援組織などが、県の行為を断罪した判決は貴重なものだとして、今後に生かすためにつくられたのが「三番瀬公金違法支出判決を活かす会」です。

会は、2カ月に一度程度の会議を開き、三番瀬をめぐる状況について意見交換するとともに、県などへの要望や聞き取りなどに取り組んでいます。

■安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加
安倍内閣の退陣を求めるスタンディングに参加しました。昨年3月13日から始まって、今日で296回目。74回目の参加となりました。

通りかかった女性が、「安倍総理はうそをつくから大嫌い。今までもひどい総理はいたけど、こんなに平気でうそをつく総理はいなかったと思う」と怒っていました。

また男性が、「いま、事故を起こした福島第一原発の廃炉や避難している人たちの状況はどうなっているのでしょうか。マスコミはほとんど報道していない。こんな状況でオリンピックなんかやっている場合か、という気分になる。しかもJOC会長の事件まで起きて、ほんとに嫌になる」と激しい口調で語っていました。

誰もが、いまの政府に腹を立て、言いたいことがたくさんあるんだとあらためて感じました。

スタンディングは、平日が夜7時、土曜が5時、休日は3時から、JR船橋駅南口で行っています。いま、主権者である私たち国民が声をあげるときです。
1月15日(火)

●朝は東海神駅で宣伝

今朝は、東葉線の東海神駅で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、千葉県内の石炭火力発電所計画がとん挫し、事業者が撤退を表明したことを伝える「がんばり通信」を配布しました。

中国電力とJFEスチールが昨年12月27日、千葉市内で計画していた石炭火力発電所の建設を中止すると発表しました。「建設費の増加などにより、十分な事業性が見込めないと判断した」と説明。「天然ガス火力発電所への変更で事業性を確保できるか検討する」としています。

両社は共同で2017年4月に「千葉パワー」を設立し出力107万キロワットの石炭火力発電所を2024年に運転開始する計画でした。

日本共産党の丸山慎一県議は昨年9月議会で、石炭火力にたいする今年6月の環境影響評価の知事意見が「環境への負荷をできる限り避ける」とか、「海への放水温度を下げて生物への影響を小さくする」「可能な限り効率の高い発電施設を導入する」など、すべて石炭火力発電所をつくることを前提にした意見になっていると批判。「いま問われているのは、そもそも石炭火力を建設していいのかということだ」と厳しく指摘しました。

さらに石炭火力発電所にたいして大手金融機関が融資を取りやめるなど、採算の見通しがなくなっていることも示して「地球温暖化が進行すれば、未来の世代は壊れた地球を受け取る以外にない。未来を変えられるのはいまを生きている私たちの世代だけだ」と述べ、「知事として持っている権限や影響力をすべて使って、石炭火力発電所の建設を中止させるべきだ」と求めました。

今回の建設断念は、中止を求める県民世論や市民運動と共同した日本共産党などのこうした取り組みが実った結果です。

■船橋市内で宣伝カーから訴え
今日は、日本共産党の宣伝カーで船橋市藤原・上山地域を回り、街頭から5分間の訴えを行いました。合計23カ所でした。

通りかかった車から女性が手を振ってくれたたり、別の場所ではわざわざ車を止めて握手を求めてくれる、歩いていた男性が遠くから手を振ってくれなど、激励を受けました。

また別の男性は、「頑張って下さい」と声をかけてくれて、「消費税の増税で先行き不安で仕方ない」と話してくれました。

さらに別の場所では、「演説の声が聞こえた」と言って出てきてくれて、あたたかいコーヒーを差し入れてくれて、「がんばれ」と力強く握手をしてくれました。

■夕方は西船橋駅南口で宣伝
今日は、JR総武線の西船橋駅南口で宣伝をしました。日本共産党後援会のみなさんと一緒でした。

宣伝を始めると、通りかかった小学生が「消費税10%反対」と言ってこぶしを振り上げて歩いて行きました

また男性が話しかけてきて、「昔から一貫しているのは、共産党だけ。しかも貫きながら他の野党と柔軟に対応している。そこがいいと思う」と共感してくれました。

宣伝では、消費税増税がいかに理不尽で、「景気対策」がいかに愚策なのかを伝える「がんばり通信」を配りました。

安倍内閣による「増税対策」が、景気悪化を防ぐためとの2兆円規模の臨時対策と、それ以外の恒久的対策を合せると、消費税増税による増収を上回る規模となっており、「それなら増税を止めるべき」との批判が上がっています。

なかでも「天下の愚策」と厳しい声が上がっているのがポイント還元です。政府は、中小小売店でキャッシュレス決済をした消費者に、最大で価格の5%の還元をするとしています。ポイント還元も「2%の増税分を返す」という当初の構想を安倍首相の「鶴の一声」で5%に引上げたからです。一方、コンビニなどではポイント還元率を2%としました。

その結果、大手デパートなどの大企業ではポイント還元率0%、コンビニは2%、中小小売店は5%と3種類が並立することになってしまいました。

もとの消費税率も、食料品などは8%、その他は10%となっているため、「買うもの」(食料品かそれ以外か)、「買う場所」(大企業か中小小売店かコンビニか)、「買い方」(現金かキャッシュレスか)によって、消費税の実質負担率が3%、5%、6%、8%、10%の5段階になります。

例えば清涼飲料水のオロナミンC(本来の消費税率8%)と医薬部外品のリポビタンD(同10%)を、それぞれ大手デパート、中小商店、コンビニで買った場合は左上の表のようになり混乱は必至です。

共同通信の世論調査(昨年12月)でも、ポイント還元について「賛成」31・9%、「反対」62・1%です。

そもそも世界経済の先行きも不透明で国民生活は依然として苦しいときに、消費税を増税すべきではありません。
1月14日(月・休日)

■成人式宣伝に参加

船橋市内で開かれた成人式に合わせてお祝いのメッセージ宣伝を行いました。

船橋市の成人式の対象は6380人で、市民文化ホールを会場に3回に分けて行われます。

訴えでは、若者向けのネットアンケートで「日本の未来は暗い」との回答が6割を占めたことを伝えて、「まわりの様子を見れば確かにそう感じるのも無理はないかもしれません。しかしこれは自然現象ではなく、いまの政治の結果です。消費税の増税も高い学費も政治が決めていることです。

日本は世界第3位の経済力を持っている国です。平和や国民の権利を保障した憲法もあります。ほんとうなら明るい未来が開けるはずです。一人一人が主権者として声をあげ、政治を変えていきましょう」と呼びかけました。

今日は、「政治に望むものは何ですか」というシールアンケートも実施。

「消費税10%は反対」「憲法9条変えないで」「学費を下げて返さなくていい奨学金を」「長時間労働を無くして最低賃金1500円に」「税金は暮らし優先に使って」「原発ゼロ」の6項目を選ぶものです。

多いものから「学費」が23、「長時間労働」が22、「消費税」が16となり、経済や生活に関心が集まっていました。

今日の宣伝には、日本共産党の浅野史子県副委員長(参院千葉選挙区)、斉藤和子前衆院議員、中沢学(県議に挑戦)、岩井友子、金沢和子、松崎佐智、坂井洋介の各市議、佐川長市住環境団地対策部長(市議に挑戦)も参加しました。

■中山支部の新年会に参加
船橋市本中山地域で活動している日本共産党中山地域支部が新年会を開きました。
地域のことや、消費税や憲法などについて楽しい意見交換ができました。

新年会には、松崎佐智市議も参加しました。
1月13日(日)

■自衛隊第一空挺団の降下訓練始め

船橋市と八千代市にまたがる陸上自衛隊習志野演習場で、第一空挺団(自衛隊唯一のパラシュート降下部隊)の「降下訓練始め」が行われました。

一昨年からアメリカ軍が参加し、今年で3年連続の参加。
2年前は沖縄の米軍部隊から15人の参加でしたが、昨年は沖縄とアラスカから80人が参加し、今年も同じ規模です。

自衛隊の参加は昨年より拡大しており、水陸機動団や高射学校、航空総隊なども参加して、かつて無い陣容となっています。

防衛省は、「島嶼防衛のシナリオに合せて、全体がどう進んでいくのか見学している人に理解してもらうため」と説明。

降下訓練のあとも、戦闘ヘリから機銃掃射演習が行われ、戦車や水陸両用車などによる実践さながらの地上訓練が行われました。

会場に設置されたスピーカーからは航空機や部隊名の説明とともに、「撃て」とか「敵装甲車に命中」などの「成果」が声高に叫ばれていました。

降下訓練始めの行動には、椎葉寿幸党中央委員(参院比例)、斉藤和子前衆院議員、中沢学船橋市議(県議に挑戦)も参加しました。

■船橋市平和委員会の新年の抱負を語る会に参加
船橋市平和委員会が新年の抱負を語る会を開きました。
会員が参加して、今年の抱負や平和委員会の企画に望むこと、いまの平和をめぐる状況、今日行われた自衛隊パラシュート降下部隊の降下訓練始めなどについて意見交換しました。
1月12日(土)

■日本共産党の決起集会で決意表明

今日、日本共産党と後援会の決起集会が開かれました。
4月に行われる統一地方選挙に立候補する千葉県内の全候補者がそろい、紹介されました。

その後、候補者を代表して浅野史子党県副委員長(参院千葉選挙区)、椎葉寿幸党中央委員(参院比例)を初め、5人が決意表明。

志位和夫委員長が約1時間にわたって講演を行いました。

志位委員長は大きな争点として、消費税増税と憲法改定、沖縄米軍新基地建設、原発ゼロの4点を提起して、それぞれ現状と打開のみちすじについて話しました。

また、根本的な改革をめざす党として日米安保条約廃棄を訴え、日ロ領土問題や日韓徴用工について日本共産党としての解決策を提示し、道理ある外交交渉を提起。

「本当の愛国者は、自らの国の間違った歴史にも立ち向かう」と訴えました。

4月の地方選挙と7月の参院選挙について志位委員長は、「現有確保自体が容易ならざるたたかいだ」と指摘し、「必ず現有議席を確保し、攻勢的かつ手堅く議席増に挑戦する」と選挙戦に臨む基本姿勢を述べました。

住民の要求と結んだ日本共産党県議団の取り組みで、県立高校のエアコン設置が実現したことや、予算の組み替え提案を行って現実的な要求実現の可能性を示したことを紹介。

3月1日を投票日に見たててやるべきことをやりきり、勝利するために自分自身もがんばると決意を述べて、講演を終わりました。

講演の前に行われた県議選挙の候補者を代表した決意表明では、以下のことを話しました。

船橋市で県議複数議席に挑戦する丸山慎一です。
どうかよろしくお願いいたします。

昨年1月から平日は毎朝、6時から8時まで駅頭に立って宣伝してきました。すべての地域後援会がつどいやまちかどトーク集会を開いてくれて参加しました。この間、5分間スポット演説を地域で行い300カ所を超えました。

こうした取り組みを通じてたくさんの人たちと交流を広げることが出来ました。

そのなかで共通しているのは、安倍政権に対する怒りと、切実な要求、そして日本共産党への期待です。

この怒りと要求と期待をすべて集めることが出来れば、必ず勝つことができる。これがいまの実感です。

あと3カ月、人生のすべてをかけて、船橋で中沢さんとの県議2議席を必ず勝ち取る決意を申し上げまして、みなさんと一緒に頑張る決意表明とします。

ありがとうございました。


■武器見本市に反対するコラボ宣伝
幕張メッセで予定されている「武器見本市」に反対の声を上げました。

「安保関連法に反対するママの会@ちば」「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」「九条の会・千葉地方議員ネット」に、マジシャンのリリーさんも加わったコラボ宣伝です。

幕張メッセでは2017年6月に初めての「武器見本市」が開かれましたが、今年6月と10月にも開催が予定されています。

そもそも「幕張メッセ」は県立であり、県民の税金で建てられた施設です。地方自治法でも、こうした「公の施設」の設置目的は「住民福祉の増進」とされています。

県の幕張メッセ設置管理条例でも、メッセの目的は、産業の振興、文化の発展、本県の国際化とされています。

「武器見本市」がこうした設置目的に反するのは誰が見ても明らかです。

しかも武器は人を傷つけ、人の命を奪うものであり、それを拡散させる「武器見本市」は、憲法9条の立場に反します。

今日は、参加した一人一人がこうしたことを訴えました。

今日の宣伝はちょうど1時間。
動画は前半、後半それぞれこちらです。(①⇒ ②⇒
1月11日(金)

■朝は三咲駅で宣伝

今朝は、新京成線の三咲駅で宣伝を行いました。
今日の宣伝では、元旦に行われた「三番瀬で初日を見る会」の様子を伝える「がんばり通信」を配布しました。

東京湾の一番奥に広がる貴重な自然「三番瀬」で「初日を見る会」が行われました。主催は三番瀬を守る会です。

この海域には、20年前、第2湾岸道路の建設などを理由とした埋め立て計画がありました。これにたいして「豊かな自然を子どもたちに残そう」との声が広がり、「三番瀬を守る会」が結成されました。

三番瀬の豊かさを知らせるビデオ作成や、作家の椎名誠さんを招いた講演会、様々な学習会などを開催。三番瀬の保全を求める署名には30万人を超える人たちが名前を書いてくれました。

こうした運動によって世論が広がり、ついに2001年9月、三番瀬の埋め立て計画は白紙撤回されました。東京からほど近い便利な場所に、豊かな自然が広く残されているのは、世論と運動の力によるものです。

しかしいま千葉県議会では、自民党が第2湾岸道路建設の早期着手を求め、知事がそれに応える姿勢を示すなど、新たな埋め立てにつながる動きが強まっています。こうした動きを跳ね返し、いまある自然を後世に手渡していくために、あらためて声を上げる必要があります。

■事務所会議に出席
日本共産党の事務所会議に出席して、今後の取り組みなどについて意見交換しました。

■船橋市職労の旗開きに参加
船橋市役所職員労働組合の旗開きが行われました。
日本共産党の中沢学(県議に挑戦)、岩井友子、金沢和子市議と一緒に参加しました。

あいさつでは、消費税の増税や社会保障の切り捨てなどが行われてきたが、それは自然現象ではなく政治が作り出しているもので、政治を変えれば、変えることができると強調。

この間、安倍政権は様々な分野で行き詰まってきており、消費税でもほんとにやるかどうか判断したいと言い出したり、自衛隊のオスプレイも国民の反対の声のもと日本に持ってくることが出来なくなってきています。

憲法改定も昨年秋の臨時国会では提示することすら出来ず、当初もくろんでいた日程が大幅に狂ってきています。

4月の統一地方選挙や7月の参院選挙でわたしたち国民が主権者として声を上げ、こうした政治の行き詰まりを打開していきましょうと呼びかけました。

旗開きでは、プロのマジシャンによるマジックも披露されました。
1月10日(木)

●朝は馬込沢駅で宣伝

今朝は、東武野田線(アーバンパークライン)の馬込沢駅で宣伝をしました。
日本共産党の岩井友子市議と一緒でした。

今朝の宣伝では、消費税増税で、消費税率が8%と10%と複数税率になり、「景気対策」として行われるキャッシュレス支払いでのポイント還元が5%、2%、0%と3段階になるため、これらが組み合わされると5段階(3%、5%、6%、8%、10%)の消費税率というきわめて複雑怪奇な消費税負担率になることを伝えました。

政府は、消費税増税を強行しようとする一方で、景気減速におびえており、「一方で増税、一方でばらまき」という筋の通らないことをやろうとしています。ここにも行き詰まりが表れています。

■県議団会議
今年最初の定例県議団会議でした。
2月7日から始まる県議会の内容などについて検討しました。

日本共産党の代表質問は、2月18日(月)午前10時からです。
2月25日から3日間予算委員会が開かれますが、日本共産党から岡田幸子議員(市川市選出)が委員として質疑に立ちます。

■船橋市経済界賀詞交歓会に参加
毎年恒例で開かれている「船橋市経済界賀詞交歓会」に参加しました。
主催や船橋市を初めとした経済関係11団体です。
(船橋市、船橋商工会議所、船橋市商店会連合会、船橋市地域工業団体連合会、船橋市貿易振興会、船橋市観光協会、市川市農業協同組合、ちば東葛農業協同組合、船橋市漁業宇協同組合、船橋法人会、船橋青色申告会)

市内の企業や団体から340人が参加しました。
1月9日(水)

●朝は船橋駅東側出口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅の東側ガード下出口で宣伝をしました。日本共産党の地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、「船橋県民の森」のトイレの改修について伝える「がんばり通信」を配布しました。

千葉県は、県内6カ所で「県民の森」を開放しており、船橋市内にも「船橋県民の森」(船橋市大神保町)があります。

市民から「船橋県民の森のトイレが汚いので改善してほしい」との要望が寄せられたので、昨年11月8日、現地に行って調査しました。

船橋県民の森は、大木が生い茂り、アスレチックや運動場、キャンプ場なども作られていてバーベキューもできるため、人気のスポットとなっています。家族やグループが自然の中で楽しい時間を過ごせる憩いの場です。

トイレは、清掃はきちんと行われていますが、水洗でも洋式でもない古いトイレで、壊れて使えなかったり、電気がつかなくなっているなど、改修の必要があることが分かりました。

「前はよく行っていたけど、トイレが直らないので、最近は千葉市の公園に行っている」という話もあります。

自然と親しめる憩いの場がこれでは、県の姿勢が問われます。

この日の調査結果をもとに昨年11月27日、県民の森を所管している県農林水産部に、現場の写真を渡して改修を要請しました。

■船橋革新懇の世話人会に出席
「平和・民主・革新をめざす船橋の会」(通称・船橋革新懇)の世話人会が開かれました。

2月10日に歴史教育者協議会と共同で開催する「『建国記念の日』企画・憲法よもやま話」などについて話し合いました。

■第2湾岸道路について県から聞き取り
東京湾の最奥部に広がる干潟・浅瀬「三番瀬」を横断する形で構想されていた「第2湾岸道路」。そのために、いまから20年前には、三番瀬の埋め立て計画が作られていました。

豊かな自然と生態系を支える三番瀬の保全を求める県民の世論と運動が全国的に広がり、2001年9月に千葉県は、三番瀬の埋め立て計画を正式に撤回することになりました。

しかし第2湾岸道路構想はそのまま残したため、いまだに新たな埋め立ての火種となっています。

こうした状況の下で、県議会ではこの間、自民党議員が「第2湾岸道路の早期具体化」を県に求め、森田知事もそれに応える答弁を行っています。

また昨年3月に開かれた国土交通省の「千葉県湾岸地域渋滞ボトルネック検討WG」では、国交省が「規格の高い道路の必要性等についても検討し、計画を策定」と示し、千葉県も「新たな自動車専用道路などによる湾岸軸の道路ネットワークの強化が必要」として、三番瀬を横切る第2湾岸道路のルート図も添えて提起しています。

昨年11月11日に県主催で開かれた「三番瀬ミーティング」では、「第2湾岸道路は三番瀬を通らないと考えていいのか」との質問に、環境部門の担当者が「再生計画には第2湾岸道路の記載が無いので、三番瀬を通すとも通さないとも言えない」と答えています。

埋め立て計画を白紙撤回した際に県は、「三番瀬再生計画と整合性がとれるようにする」「三番瀬の自然環境に極力影響がないように必要な調整をはかる」としていましたが、この間のこれらの動きは、こうした県の姿勢と矛盾します。

こうした問題について質すため、今日、「三番瀬を守る連絡会」が県から聞き取りを行いました。

対応したのは、道路建設部門の道路計画課と環境部門の自然保護課です。

そもそも第2湾岸道路が必要性について、埋め立てを検討していた1999年には、「江戸川をまたぐ主要6路線の交通量の合計が、現在の45万7千台(1997年)から概ね20年後には59万4千台に増加するため、交通容量が不足するので第2湾岸道路が必要」としていました。

実際には2015年が38万8千台で交通量は減っており、第2湾岸道路自体が必要なくなっています。

今日の聞き取りでこれを指摘すると担当課は、「減っているのはその通り。しかし湾岸部が県平均の車の速度より低い。地域の生産性の向上にも資するもの」として直接答えず、「生産性」を持ち出して「必要だ」と強弁しました。

また「莫大な借金がこれからの県民に残ることになる。それについてどう思うのか」という質問には、「社会資本を残すのが自分たちの仕事」だと答えました。

これにたいして参加者から、「いまは自然を後世に残すことの方が大事だ」との指摘がありました。

三番瀬への影響についての質問には、「第2湾岸道路については、そういう機能を持った道路の早期具体化を県は国に求めているが、ルートも構造も事業主体も未定」と述べ答弁を避けました。

しかし、事業主体について「首都圏全体に効果を与えるので、県が主体になることは考えていない」と述べる一方で、第2湾岸道路の需要については「つかんでいない」と答えました。

今日の聞き取りで、理由が何かはまったく関係なく、第2湾岸道路を造ること自体が目的だということが、あらためて浮き彫りになりました。

■ふなばし九条の会の宣伝に参加
「ふなばし憲法9条の会」が、毎月定例の宣伝を行いました。

憲法を守り活かす3000万人署名にも取り組みました。

安倍総理が進めようとしている憲法改定は4項目。

その中の教育無償化は予算を措置すればすぐにでもできるもので、憲法改定などまったく必要ありません。

参議院選挙で全都道府県から議員を選出することも、1票の格差をわきに置けば、法律で出来ることです。

そう考えるとほんとにやりたいのは、9条に自衛隊を書き込むことと、緊急事態条項の導入です。

自衛隊を9条に書けば、「戦力不保持」の例外として自衛隊は軍隊と同じように動き出すことになります。

緊急事態条項は、国民の権利を制限して世論を押しつぶして戦争に突き進むもので、ナチスドイツも同じ手法で侵略戦争に乗り出しました。

今日の訴えではこうしたことを話して、3000万人署名を訴えました。
1月8日(火)

●朝は船橋法典駅で宣伝

今朝は、JR武蔵野線の船橋法典駅で宣伝をしました。
日本共産党の岩井友子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

通りかかった男性が声をかけてきて、「政治を変えるために本気で頑張ってるのは、共産党しかないように見える。野党をまとめるために自分を捨てているのも共産党だ。この党がなくなったら、日本の未来はないように思う」と、力強く話してくれました。

今日は、日本共産党船橋市議団の「ミニにゅうす新年号」を配布。掲載されている志位委員長の年頭のごあいさつは以下の通りです。

「今年は、統一地方選挙と参議院選挙の年。春の統一地方選挙で日本共産党の躍進の大波をおこし、夏の参議院選挙では市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進をかちとり、安倍政権を退陣に追い込む年にしようではありませんか。

沖縄県知事選挙の勝利は、一致点で結束して心を一つにたたかえば強権政治を打ち破ることができることを示しました。2010年代最後の年を、新しい希望ある政治をひらく年とするために全力をつくす決意です」


■船橋北本町地域で街頭から訴え
今日は、日本共産党の宣伝カーで船橋市北本町地域を回り、20カ所で5分間の訴えを行いました。

行く先々でたくさんの交流が生まれ、たくさんの激励が寄せられました。

男性が宣伝カーに書かれている「日本共産党」の看板を指差して、「いま、まともなのはこの党しかないよ。頑張ってくれよ」と激励してくれました。

別の場所では少し足の不自由な女性が、「いつも共産党に入れています。共産党は嘘をつかないからいいんだよ。それに引き換え安倍総理は平気で嘘をつく。ああいう人は大嫌いだ。一億総活躍なんて言ってるけど、活躍できない人はいらないというのかね」と怒っていました。

さらに別の場所では、自転車に乗った女性が話しかけてきました。「いくつに見えますか」と聞くので、「えっと、70代でしょうか」と言ったら、「95歳。大正13年(1924年)生まれ。足が悪いから、いつも自転車に乗ってる。実は、20年前に心筋梗塞をやって、月に一度医者にかかってるんだけど、医療費が高くてね。何とかしてほしいよ」と実情を話してくれました。

これにたいして、「長い人生を苦労して生きてこられた方に、さらなる苦労を強いる社会は、ほんとにおかしいと思います。がんばって変えていきたい」と話しました。

また別の女性が「消費税は困ります」と声をかけてくれて、「寒いなかですから、体に気を付けてください」とねぎらってくれました。

さらに男性が、憲法について触れている5分間の話を聞いてくれて、「軍隊はダメだよ。戦争になるから、専守防衛でなくちゃ」と言っていました。

他にも、男性が、「頑張って下さい。共産党を頼りにしてます」と励ましてくれたり、マンションの前でやっていたら女性がベランダに出てきてくれて、手を振って激励してくれたり、別の女性が、わざわざ家から出てきて話を聞いてくれて、「頑張って下さい」と声をかけてくれるなど、心あたたまる声がたくさん寄せられました。

一方、「共産党は言っていることはいいんだけど名前が気になる」という男性もいました。

■歩道の段差や水たまりで現地調査
「京成本線・船橋競馬場駅前の歩道に雨が降ると水たまりができる。段差もあって危ない」との要望が寄せられたのが、昨年11月4日の「まちかどトーク集会」のことでした。

「なんでも発言してください」という司会者の呼びかけに、集会に寄ってくれた女性からの要望でした。

後日、連絡を取って、11月17日に女性の案内で現地を実際に見に行きました。その結果、現地は国道14号線の歩道で、県が管理している部分と京成電鉄の管理地との両方にまたがっていることが分かりました。

そして今日、道路を管理している県葛南土木事務所から出向いてもらって一緒に現場を確認しました。

その結果、①京成電鉄の敷地内の段差は京成電鉄に改修を要請する、②両方にまたがる部分の水たまりは京成電鉄と協議する、③県所管の側溝の蓋によるの段差は改修する、④県所管の歩道の水たまりは改修を検討するということが確認されました。

トーク集会での発言がなかったら、そのままになっていたかもしれず、要求を率直に話していただいてほんとに良かったと思います。

今日の調査には、日本共産党船橋市委員会の佐川長・住環境団地対策部長(市議に挑戦)も一緒でした。

■夕方は船橋駅北口で宣伝
毎週火曜日の夕方宣伝は船橋駅北口でした。

日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

通りかかった男性が、「消費税の増税なんてとんでもない。いろんな政党があるけど、みんなだらしがない。共産党しか頼れるところがない気がする。ぜひ、頑張ってほしい」と話していきました。

また女性が、「障害者施設にボランティアに行っているが選挙はあまり行ったことがない。でも、こんどは消費税の増税があるし、いま考えているところ。共産党も一票を入れる選択肢の一つです。今日、いただいたビラは帰ったら読んでみます」と話してくれて、ビラをバッグに入れていました。
1月7日(月)

●朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、志位和夫委員長をはじめ、県議や市議、今年4月の地方選挙や参院選への挑戦者が年頭の抱負や決意を語っているミニにゅうすを配りました。

通りかかった男性が、「寒い中、お疲れさま。共産党に期待してます」と激励してくれたり、女性が「いつも、ご苦労さまです。頑張ってください」と声をかけてくれました。

■県の耐震改修促進計画について聞き取り
1995年1月に起きた阪神・淡路大震災を踏まえて「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(耐震改修促進法)が制定され、2006年1月、位置づけを強化する法改正が行われました。

千葉県では、法制定を受けて1997年3月に「千葉県既存建築物耐震改修促進計画」を策定し、法改定で「耐震改修促進計画」を策定しました。

その後、2013年11月に行われた法改正に即して「耐震改修促進計画」も改定し、昨年10月の改定で現在のものとなりました。

千葉県での建物の耐震化の現状は、「住宅」が約84%(未耐震約39万棟)、集会場やデパートなど多くの人が集まる「特定建築物」は約91%(未耐震約1900棟)、県有建築物約91%(未耐震181棟)などとなっています。

これをどう改修していくのか、緊急の課題になっています。

■安倍内閣の退陣をスタンディングに参加
今日は、今年最初の「安倍内閣の退陣を求めるスタンディング」でした。昨年3月13日から始まって287回目で、73回目の参加です。

日本の経済力は世界で第3位、憲法では平和が保障され、国民一人一人の自由や権利が掲げられています。

しかし、実際には、日々の暮らしではまったく実感されていないのが現実で、生活が苦しく、ダブルワーク、トリプルワークが珍しくありません。

税金の使い方と安すぎる給料、非正規という働き方などに大きな要因があります。しかしこれは自然現象ではありません。政治が、こうした状況を作り出しています。

安倍内閣の政治を変えて、世界3位の経済力や憲法が、暮らしの中で実感できる社会を作っていきましょう。そのためにも、4月の統一地方選挙や7月の参院選挙で、私たち国民が主権者として声を上げ、政治を変えていきましょうと呼びかけました。
1月6日(日)

■ロックアクションに参加

船橋駅南口で毎月6日に行われているロックアクションに参加しました。主催は、脱原発船橋(仮)。

2013年12月6日に安倍内閣によって特定秘密保護法が強行採決されました。何が秘密かさえ秘密にできる法律で、国民の知る権利を奪い、政府が自分たちのやりたいことに突き進もうというものです。

ロックアクションは、そういう暴挙を忘れないで民主主義を取り戻そうという取り組みです。

ロックアクションにはいつもキャラクターの「ロックマくん」も参加しています。さらに「ロックマくんバンド」も結成され、「原発はいらない」とか、「声をあげよう」といったオリジナル曲も作ってアピールしています。

今日は歌を歌って道行く人に働きかけるとともに、参加した一人一人が、「安倍内閣は、日本会議が牛耳っている右翼の内閣で、早く退陣させなければ」と訴えたり、「経団連の会長まで原発は事業としては成り立たないと言っている。原発から撤退して自然エネルギーに切り替えよう」と呼びかけました。

また、飛び入りでロシアの人も「ロシアもプーチンがいるから日本と同じ」と発言。他にも「原発はもうだめだよ」と声をかけていく男性もいました。
1月5日(土)

■船橋市消防出初式に参加

毎年恒例で行われている船橋市の消防出初式に参加しました。

船橋市は人口が63万人で、一般市の中では最大の人口規模となっています。千葉県内では政令市・千葉市に次いで2番目です。

市の消防は、消防局のもとに消防署3カ所、7分署、2出張所、救急ステーション1カ所、職員定数647人となっています。

消防団は720人。
今日の出初め式の参加は、消防職員430人、消防団員520人で合計950人でした。

昨年は全国各地で豪雨や台風、地震などの災害でたくさんの命が犠牲になりました。船橋市では火災で11人が命を落としました。

こうした状況の下でますます消防や救急の役割が重要になっており、人的配置や施設・設備の充実が求められています。

■日本共産党西船支部の新年会に参加
船橋市西船地域で活動している日本共産党西船支部が新年会を開催。松崎佐智市議と一緒に参加しました。

手作りの伊達巻き卵やおにぎり、かまぼこをはじめ、たくさんのおいしいものが並びました。

乾杯のあと、自己紹介と近況報告を行い、みんなで楽しく交流することが出来ました。

■日本共産党本町支部と商店街を訪問
昨日に続いて、船橋市本町地域の商店街を日本共産党本町支部のみなさんと一緒に訪問してお話を伺いました。

日本共産党の松崎佐智市議や事務所のメンバーも一緒でした。

「消費税はもっと金持ちからとってほしい」とか、「共産党に頑張ってもらいたい」など、いまの政治への批判と転換への期待が語られました。

写真は、駅前商店街にある金物屋さんで、昔からの風情をそのまま残しているお店です。引きつけられて思わず写真に収めました。

■事務所会議
今日は、事務所会議が開かれ、今後の活動について意見交換しました。
1月4日(金)

●今朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は今年初めての朝の宣伝で、船橋駅北口で行いました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

通りかかった男性が、「今年は激動の年になりそうですね。共産党に頑張ってほしい」と声をかけてくれたり、「医療費が高くて困っている。高齢者が増えたからなど理由にならないと思う」「船橋市内は渋滞がひどい。何とかしてほしい」などの実情や要望も寄せられました。

今朝の宣伝では、日本共産党船橋市議団が発効している「ミニにゅーす」の新年号を配布しました。

これには、日本共産党の志位和夫委員長や椎葉寿幸党中央委員(参院比例)、浅野史子党県副委員長(参院千葉選挙区)、斉藤和子前衆院議員、船橋市議全員や4月の市議会議員選挙に挑戦する人などが勢揃いで、新年の抱負を語っています。

そこには、「千葉県の財政力指数は都道府県で第4位。ところが65歳以上人口当たりの老人福祉費は47位の最下位で、医療や教育も最下位クラス。ゆがんだ税金の使い方の結果です。

政治を変えて豊かな財政力を住民のために。そういう千葉県をめざして今年も全力!」と書きました。

■船橋市役所で新春宣伝
今朝は、船橋市役所前で年頭のごあいさつをしました。

マイクをリレーして、「安倍内閣を退陣させて政治を変えましょう」「社会保障に使われていない消費税の増税を食い止めましょう」「税金の使いかたを切り替えて安心して暮らしていける社会を作りましょう」と一人一人が呼びかけました。

この宣伝には、日本共産党の浅野史子県副委員長(参院千葉選挙区)、斉藤和子前衆院議員、県議に挑戦する中沢学市議をはじめ、岩井友子、金沢和子、坂井洋介、佐藤重雄、関根和子、松崎佐智、渡辺優子各市議8人全員が参加。

中沢市議からバトンを受けて市議に挑戦する金光りえさん、関根市議の後継者として奮闘している神子そよ子さんも一緒でした。

地域後援会のみなさんも駆けつけ、チラシを配布しました。

■商店街を訪問
今日は、日本共産党本町支部と一緒に地域の商店街を訪問して新年のあいさつを行いました。

どこでも「がんばって」とか「期待してるよ」など、共感が寄せられました。
1月3日(木)

■船橋市内を宣伝カーで新春のあいさつ

今日は、船橋市内を宣伝カーで回り、新春のあいさつを行いました。
金沢和子市議と一緒でした。

国民に嘘をつく安倍内閣が、消費税増税も国民をごまかして進めようとしていることや、憲法9条に自衛隊を書き込む改定も「何にも変わらない」と嘘をついてごり押ししようとしていることを述べ、「こうした政治を変えましょう」と呼びかけました。

通りかかった男性が手を振ってくれたり、宣伝をしていると、「がんばって」と声がかかったり、新年から様々な激励が寄せられました。
1月2日(水)

■船橋市丸山地域で新春宣伝

千葉県船橋市の日本共産党丸山地域支部が、毎年恒例の新春地域宣伝を実施しました。

岩井友子市議と一緒に参加しました。

自転車にのぼり旗をくくりつけて地域を回り、憲法や消費税、地域の要求などについて10ヵ所で短く訴え。

「4月の統一地方選挙と7月の参院選で、私たち国民が主権者として意思を示して、安倍内閣の政治を変えましょう。そのために力いっぱいがんばります」と年頭の決意をつたえました。

通りかかった人から、「頑張って下さい」「安倍総理はやめてほしい」などの声がかかりました。
1月1日(火・休日)

■三番瀬で初日を見る会に参加

東京湾の一番奥に広がる貴重な干潟・浅瀬「三番瀬」で今年も「初日を見る会」が行われました。

主催は、「三番瀬を守る会」です。

この海域には、20年前、第2湾岸道路の建設などを理由とした埋め立て計画がありました。

これにたいして「豊かな自然を子どもたちに残そう」との声が広がり、「三番瀬を守る会」が結成されました。

三番瀬の豊かさを知らせるビデオ作成や、作家の椎名誠さんを招いた講演会、様々な学習会を開催。三番瀬の保全を求める署名には30万人を超える人たちが名前を書いてくれました。

こうした運動によって世論が広がり、ついに2001年9月、三番瀬の埋め立て計画は白紙撤回されました。

東京からほど近い便利な場所に、豊かな自然が広く残されているのは、世論と運動の力によるものです。

しかしいま千葉県議会では、自民党が第2湾岸道路建設の早期着手を求め、知事がそれに応える姿勢を示すなど、新たな埋め立てにつながる動きが強まっています。

こうした動きを跳ね返し、いまある自然を後世に手渡していくために力を合わせてがんばりたいと思います。

初日を見る会には、日本共産党中央委員の椎葉寿幸県副委員長(参院比例)、斉藤和子前衆院議員、中沢学(県議に挑戦)、金沢和子、松崎佐智、坂井洋介の各船橋市議も参加しました。
2018年12月〉〉
2019年2月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉