表紙のページに戻る〉〉
2021年8月〉〉
2021年10月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
9月9日(木)

■オンライン演説会を視聴

日本共産党千葉県委員会が主催するオンライン演説会が行われました。当初、津田沼駅北口で計画されていたものですが、新型コロナの感染爆発のもと、オンラインに切り替えたものです。

日本共産党の志位和夫委員長や衆議院選挙に挑戦する一人一人が訴えました。

志位委員長は「今度の総選挙は、私にとっては10回目の選挙ですが、私はもとより日本共産党としても、かつて経験したことのない選挙になります。文字通り日本の命運がかかった歴史的選挙になります」と述べ、「千葉県から『比例は共産党』の声を広げに広げ、日本共産党躍進の大波を起こしてほしい」と呼びかけました。

志位委員長は、自公政治によるコロナ対応での無為無策と逆行、強権政治、腐敗政治を厳しく批判。「菅首相の政権投げ出しは、9年間に及ぶ安倍・菅自公政治そのものの破たんです」として、「日本の政治を変えるためには、政権交代が必要です」と力説しました。

自公政権を倒してどういう新しい日本をつくるかと問題を提起した志位委員長は、総選挙における四つの大争点(①国民の命と暮らしを何よりも大切にする政治②地球規模の環境破壊を止め、自然と共生する経済社会③ジェンダー平等の日本④憲法9条を生かした平和外交)を提起。

「新しい日本のビジョンを実行するためには日本共産党の躍進とともに、市民と野党の共闘を成功させることがどうしても必要です」と強調しました。

また野党共闘の進展にかかわって、市民連合と共産、立民、社民、れいわ各党が8日に合意した総選挙における野党共通政策を報告。

「共闘の立派な政策的旗印が立ちました」と語り、「共通政策を土台に政権協力、選挙協力についての前向きの合意をつくりあげ、本気の共闘の態勢をつくるために全力をあげます」と決意表明。

「わが党が協力する新しい政権が誕生すれば、自民党政治を根本的に切り替え、日本の前途に新しい展望を開く、画期的時代がはじまります。その実現のために力をあわせましょう」と訴えました。

最後に「比例南関東ブロックで130万票を獲得し、現有2議席確保、3議席目の奪還、新たな議席獲得で、史上初の4議席への躍進をめざします」と表明しました。
9月8日(水)

●朝は北習志野駅で宣伝

今朝は、新京成線の北習志野駅で宣伝をしました。
地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、菅首相の政権投げ出しについて伝えている「がんばり通信」を配布しました。

菅首相が自民党総裁選に立候補しないと表明したことを受けて日本共産党の志位和夫委員長(写真)は9月3日、「菅首相の政権投げ出しという事態で、国民の世論と運動に追い詰められた結果だ」と指摘。

「同時にこれは9年間にわたる安倍・菅政治そのものの破綻であり、支えてきた自民党・公明党に共同責任がある」

「破綻した自民党政治の枠内で顔を入れ替えても新しいものは出てこない。いま求められているのは政権交代であり、野党が結束して新しい政権をつくることだ」と記者会見で表明しました。

■日本共産党3中総を視聴
日本共産党第3回中央委員会総会が開かれました。
冒頭1時間あまりはオンラインで公開され、衆議院選挙に向けた全国決起集会として位置づけられました。

幹部会を代表して報告した志位和夫委員長は、総選挙での躍進を必ず勝ち取るために、全国のすべての党員と支部が心ひとつに総決起することを呼びかけました。

また、「気候危機を打開する日本共産党の2030戦略」や市民と野党の共同への第一歩となる共通政策の合意などが報告されました。

■三番瀬活かす会に参加
「三番瀬公金支出違法判決を活かす会」の会議が開かれて、三番瀬保全をめぐる状況などについて意見交換しました。
9月7日(火)

●朝は津田沼駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の津田沼駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の坂井洋介市議や次回の市議選挙に挑戦する金光理恵地区常任委員と一緒でした。

■武器見本市への職員派遣で国に要請
「安保関連法に反対するママの会@ちば」と「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」が共同で、防衛省、経済産業省、外務省の3省それぞれにたいして、①今月行われるロンドンでの武器見本市“DSEI”(9/14~17)に職員を派遣しないことと、②来年1月に幕張メッセで予定されている“DSEIjapan”(1/26~28)への後援をしないことの2項目を要請しました。

3つの省に要請したのは、幕張メッセで行われた前回の“DSEIjapan”(2019年)を、3省とも後援していたからです。

〔防衛省〕

最初に対応した防衛省は、ロンドンへの派遣について「わが国の安全保障上、友好関係にある国との意見交換のため有意義であるため、すでに職員3名が先週、出発した」と答え、幕張メッセでの武器見本市への後援については「前回は後援したが、今回は、まだ申請が来ていない。来たら規定にもとづいて判断する」とのべました。

参加者は、「軍隊を持っているくにと、憲法9条がある日本では、まったく国の形が違う。意見交換しても意味はない」

「憲法では武力は使わないことになっている。武器見本市を通じて取引されたものが世界に拡散して、人の命を奪うことになる。後援はしないでほしい」

「ママの会は『誰の子どもも殺させない』との立場であり、武器の売買に日本が関わるのは許されない」などと求めました。

防衛省と入れ替えで、経済産業省と外務省が同席して要請。

〔経済産業省〕

経済産業省は「前回は職員を派遣したが、今回のロンドンは派遣の予定はない」「後援は前回行ったが、今回は申請が来ていない」と回答。

憲法に反するのではないかとの参加者からの指摘にたいして、「憲法に違反するかどうか判断する立場にない。産業競争力を高めるために資すると考えている」と話しました。

しかし、判断する立場にないと言いながら、派遣や後援を実施すれば、「合憲」との立場だということになります。

参加者は、「経済発展は武器の売買以外でも十分可能であり、殺傷力を誇示するようなもので経済を成長させようとすること自体まちがっている。お金より命が大事だ」と強く指摘しました。

〔外務省〕

外務省は「前回も職員をを派遣しておらず、今回も予定はない」「後援は前回行ったが、今回は申請が来ていない」と回答しました。

参加者は、「外交は国通しの緊張関係をほぐし、友好関係を深めることを基本にすえるべきだ。そのためには、武器の売買を後押しするのではなく、憲法9条をかかげて、絶対に攻撃しない姿勢を示し、信頼を得るべきだ」などと指摘しました。

■御滝支部と信号機設置で打ち合わせ
船橋市金杉地域で活動している日本共産党御滝支部のみなさんと、設置された信号機について相談しました。

御滝支部の活動区域の中に押しボタン信号機がつくられました。

発端は、昨年、日本共産党船橋市議団の行った「市民要求アンケート」で、「危険なので信号機を設置してほしい」との要望が寄せられたことにありました。

これを受けてこの地域の住民の方にお話をうかがったところ、「道路の東側に住宅がたくさん出来て、西側にある小学校に通う子どもたちがたくさん増えた。しかしこの付近には、信号機がなく、毎日、危ない思いをしている。信号機を早くつけてほしい」との話しが出されました。

日本共産党御滝支部として信号機の設置の要望を県警本部に届けました。
こうしたことが契機になって今回、信号機の設置が実現したもので、周辺の住民の方から喜びの声が寄せられています。

■夕方の船橋駅北口で宣伝
日本共産党西部地区委員会では、毎週、火曜日の夕方、船橋市内主要駅での宣伝に取り組んでいます。

今日は船橋駅北口で、金沢和子市議、地域や職場の後援会のみなさんと一緒でした。

今日の宣伝では、菅首相が辞任を表明したのは、これまで進めてきた政治の中身が国民の批判を浴びて行き詰まったからで、自民党内で顔をすげ替えてもまた行き詰まるだけだと指摘。

「市民と野党の共同で新しい政治をつくりましょう」と呼びかけました。
9月6日(月)

■地区常任委員会に出席

日本共産党西部地区常任委員会に出席しました。

■船橋市後援会三役会議に参加
船橋市日本共産党後援会の三役会議に参加しました。
9月5日(日)

■小室支部会議に参加

船橋市小室地区は大型団地ですが、すぐわきを通っている国道464号線と16号線が交差する場所にあるため、大型車が頻繁に通り抜けていきます。

住民からは危険なので「大型車の通行禁止にしてほしい」との要望が出されていますが、別のルートがないとの理由でなかなか進んでいません。

今日は、日本共産党小室支部の会議で、要望の実現めざす今後の取り組みについて話し合いました。

■原水協の宣伝に参加
津田沼駅北口で「原水爆禁止船橋市協議会」(船橋原水協)が署名と宣伝に取り組みました。毎月第1日曜日に行っている“6・9行動”です。

76年前の8月、6日の広島と9日の長崎に思いをはせ、2度と核兵器を使わせないとの決意のもとに取り組まれているものです。

この日も船橋原水協に参加している新日本婦人の会や教職員組合、年金者組合、平和委員会、日本共産党などから集まりました。

日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める署名や核兵器をめぐる現状を載せたビラを配り、マイクを握って訴えました。

通りかかった人が署名に応じ、「被爆国なのに、日本の政府はひどいですね」と話していました。

■夏見地域を訪問
船橋市夏見地域で活動している日本共産党夏見支部のみなさんと一緒に地域を訪問してお話をうかがいました。
9月4日(土)

■日本共産党の決起集会

今日は、日本共産党千葉西部地区委員会の決起集会が開かれました。

衆議院選挙勝利に向けたものです。

そのなかで、2年後の統一地方選挙で実施される船橋市の県議選挙と市議選挙の予定候補が発表されました。

市議選挙では、岩井友子・金沢和子・松崎佐智・坂井洋介・神子そよ子各現職市議に加えて、新人の佐川長・金光理恵各地区常任委員の7名です。

決起集会ではそれぞれが決意を述べました。

■政権投げ出し緊急宣伝
日本共産党千葉西部地区委員会が9月4日、菅首相の辞任表明を受けて緊急宣伝を行いました。

船橋駅北口と津田沼駅北口の2ヵ所です。
西部地区委員会の椎葉寿幸地区委員長、金沢和子市議、市議選挙に挑戦する佐川長・金光理恵両常任委員などが訴えました。

参加者がマイクをリレーしながら、「菅首相の辞任表明は政治が行き詰まり、政権を投げ出した結果だ」

「1年前に安倍前首相も投げ出しており、菅首相個人の問題ではなく自民党・公明党政権自体の行き詰まりだ」

「新型コロナの感染爆発で病院のベッドが足りないのに病院減らしを進めたり、気候危機が深刻なのに石炭火力発電所を新設したり、核兵器禁止条約ができたのに背を向けたり、憲法9条があるのに自衛隊を海外に送ったり、国民の願いに背き、歴史を後戻りさせようとする路線自体の破綻が表れたものだ」

「この行き詰まりは、自民党内の顔のすげ替えでは何ら解決しない。市民と野党の共同で新しい政権をつくってこそ前に進むことができる」などと訴えました。

通りかかった若い男性が「友だちにもあげたいから、もう一部ください」と言って持っていったり、引き返して受け取っていくなど、関心の高さがうかがえました。
9月3日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、日本共産党船橋市議団が発行している「ミニにゅうす」を配布しました。

また、「菅政権を今度の衆議院選挙で終わらせるために、市民と野党の共同を広げましょう。比例代表では日本共産党に託してください」と呼びかけました。

通りかかった男性が、「がんばってよ。もう本気で政治を変えないとどうしようもないよ」と話しかけてくれました。

■赤旗チェックを収録
今週も赤旗チェックを収録しました。
動画はこちらです()。
ぜひ、ご覧ください。

■船橋関係の会議
今日は、西部地区委員会で船橋関係の会議に出席しました。
9月2日(木)

■船橋原水協の会議

原水爆禁止船橋市協議会(船橋原水協)の会議に出席しました。

原水禁世界大会や「平和の波」行動、バッチやパンフレットの普及などこの間の取り組みについて議論しました。

また、今後の計画について、月に1回行っている定例宣伝や学習会などについて話し合いました。

■衆議院選挙についてミーティング
目前に迫った衆議院選挙について、比例南関東ブロックで志位和夫委員長、畑野君枝衆議院議員に続いて、さいとう和子前衆院議員までどうやって国会に送るか、地域でどういう活動を進めていくのか、オンラインでミーティングを行いました。
9月1日(水)

■芝山地域を訪問

船橋市芝山地域で活動している日本共産党芝山支部のみなさんと一緒に地域を訪問してお話をうかがいました。

■津田沼駅北口で宣伝
津田沼駅北口で志位和夫委員長がお話しする「オンライン演説会」のお知らせ宣伝を行いました。

オンライン演説会は9月9日(木)夕方6時から開会します。
同時配信はもちろんのこと、後日、録画でも見ることが出来ます。
ぜひご覧ください。

■飲食店の経営者からお話を聞く
新型コロナで菅政権が飲食店への営業自粛を求めるなか、廃業が相次いでいます。

日本共産党は「居酒屋の灯を消すな」とポスター(右下)を作成して十分な補償を求めています。今回、苦境に立たされている経営者から話をうかがいました。

東京で串揚げ店など3店舗を営んでいる稲田啓二さんが船橋市内にスナックを開業したのは昨年10月。

支出は仕入れのほか、従業員4人の給料と家賃、カラオケのリース代など。「自分の取り分は無かったけど、順調な滑り出しで客も増え、年末には軌道に乗ると思っていた」と話す稲田さん。

その矢先、年明け早々に緊急事態宣言が出され、酒が出せなくなって休業状態となりました。1日3万円の協力金で何とか店と従業員は維持してきましたが、あまりにも営業自粛が長く、ついに9月末の閉店を決断しました。

東京の店も夜間営業が出来なくなり、酒も出せず、ランチ営業を始めましたが売り上げは10分の1に激減。

「雇用調整金や協力金でしのいでいるけど、明るい材料がまったくなく、従業員が精神的に疲れ切っている。ダラダラと自粛が続くのが一番つらい」といまの様子を伝えてくれました。

最後に「がまん出来ずに酒を出しているところがあって複雑な思いだ。倍の補償金を出してでも営業自粛できるようにして早く収束させてほしい」「緊急事態宣言でもオリンピックをやり飲食店は自粛ではスジが通らない。協力を求めるなら自分たちが態度で示してほしい」と強く話していました。

■日本共産党綱領学習会
日本共産党の綱領を学ぶ学習会で報告しました。
2021年8月〉〉
2021年10月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉