表紙のページに戻る〉〉
2021年12月〉〉
2022年2月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
1月6日(木)

■オスプレイ3市ネット会議

オスプレイいらない習志野八千代船橋ネットワーク(3市ネット)の会議に参加しました。

昨年12月4日に船橋市薬円台公園で開催した「市民集会」には600人近くが参加して、「オスプレイの訓練中止」「住宅地の上空を飛ぶな」と声を上げました。

今日の会議ではこの結果を振り返って今後につなげる意見交換を行いました。

■海老川上流大規模開発で意見交換
船橋市が力を入れている「海老川上流大規模開発」は、ハザードマップで洪水の棄権が指摘されている区域をあえて開発して住宅を建てさせる無謀なものです。

しかもこれを進めるために、市立医療センターをここに移転させて“メディカルタウン構想”という名前で市民に受け入れさせようとしたり、中心部を走る東葉線に市の税金で新たに駅を建設して便利にしようとしています。

この開発について、日本共産党市議団などと意見交換しました。
1月5日(水)

■下総中山駅のバリアフリー調査

船橋市本中山地域で活動している日本共産党中山支部や地域住民が、JR総武線の下総中山駅南口のバリアフリー化について調査を行いました。

南口は階段が6段あって、ベビーカーや足の悪い方などに大きな障害になっています。

北口は段差の無い構造になっていますが、南口からは遠くの抜け道を迂回しなければならないため、南口そのもののバリアフリー化が求められていました。

これまでも関係各所に要請するなどの取り組みが行われていましたが、構造上の難点もありこれまで解決できていません。

しかし、周辺に新しい住宅が出来たり、高齢化が進むなかで避けて通れない課題となって来ています。

そこでこの日、地域住民とともにあらためて現地を調査。市の職員から、これまでの経過などについて話を聞きました。

今後、JRへの要請なども行って、エレベーターの設置などを進めていく予定です。
1月4日(火)

●朝は津田沼駅北口で宣伝

今朝は、毎週火曜日に定例で行っている津田沼駅北口宣伝でした。
新年が明けてから最初の駅頭宣伝です。

日本共産党の坂井洋介市議や金光理恵地区常任委員も一緒でした。

船橋市議団が毎週作成している「ミニにゅうす新年号」を配りながら新年の決意を述べました。

「ミニにゅうす」には、日本共産党の志位和夫委員長、田村智子副委員長(参院比例)、さいとう和子元衆院議員(参院千葉選挙区)とともに、来年の船橋市議選挙に挑戦する7人が決意を語っています。

■船橋市役所前で新年のあいさつ

船橋市役所前で、初登庁の市役所のみなさんや周辺の方々へ、新年にあたってのあいさつ宣伝を行いました。

これには、日本共産党の岩井友子・金沢和子・松崎佐智・坂井洋介・神子そよ子各市議と、5人の現職とともに来年4月の市議会議員選挙に挑戦する佐川長・金光理恵両地区常任委員が訴えました。

それぞれが、新型コロナ対策や憲法と平和、地方自治、開発と福祉、共産党の名前などについて話しました。

■西部地区常任委員会に出席
日本共産党千葉西部地区で今年最初の常任委員会が開かれました。
今日の11時から行われた志位和夫委員長の党旗びらきの内容について意見交換するとともに、7月の参議院選挙に向けた取り組みなどについて話し合いました。
1月3日(月)

■新春市内宣伝

新年にあたって、毎年恒例の船橋市内宣伝を行いました。
1月2日(日)

■正月休み
1月1日(土)

■三番瀬で初日を見る会に参加












東京湾の最奥部、船橋市と市川市の全面に広がる貴重な浅瀬・干潟“三番瀬”。

90年代に進められた第2湾岸道路建設のための埋め立て計画を撤回させようと市民の運動が進められる中、毎年、三番瀬では「三番瀬で初日を見る会」が開かれてきました。

主催は「三番瀬を守る会」。

2001年に埋め立て計画は白紙撤回させましたが、2020年5月に「第2湾岸道路」の東側部分の基本計画(「新たな湾岸道路」)が定められ、“三番瀬”は新たな危機に直面しています。

今年の初日を見る会では、三番瀬を守り続けて30年近くになる市民運動の力を感じるとともに、さらに広げて三番瀬を未来に残そうとの思いが一つになりました。
2021年12月〉〉
2022年2月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉