表紙のページに戻る〉〉
2022年7月〉〉
2022年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
8月8日(月)

■西部地区常任委員会に出席

日本共産党西部地区常任委員会に出席しました。

今日の会議では、次回の地区委員会総会に提案する方針案について意見交換しました。

■日本共産党綱領について懇談
選挙で応援していただいた方を交えて、日本共産党綱領について話し、懇談しました。
8月7日(日)

■しんぶん赤旗についての講演会

日本共産党西部地区委員会主催で、「しんぶん赤旗」の魅力を伝える講演会が開かれました。

講演は、しんぶん赤旗社会部の三浦誠社会部長。テーマは「旧統一協会」で、会場いっぱいの聴衆が熱心に聞き入りました。

旧統一協会が、3000万円もする本や高額の壺を買わせて金集めをやっていたこと、自民党の国会議員などと癒着してきたことなどを紹介。

しんぶん赤旗が、数十年にわたって告発してきたことを指摘しました。

閉会のあいさつでは、わかりやすく本質を伝えてくれた講演に感謝し、赤旗が報道してきた内容を受け止めて、政治がきちんと対処して取り締まって来るべきだったと感想を話しました。
8月6日(土)

■原水協の宣伝に参加

8月6日、広島で開催されている原水爆禁止世界大会に呼応して、原水爆禁止船橋市協議会(船橋原水協)が船橋市内のJUJUきたなら商店街で署名と宣伝に取り組みました。

戦後、77年もたつのに、いまだに地球上には1万3080発の核弾頭があり、3825発がすぐにでも発射できるよう実戦配備されています(2021年1月現在)。

しかもロシアのプーチン大統領がウクライナ侵略で核兵器の使用をほのめかして相手を威圧するなど、核兵器使用の危険が高まっています。

アメリカなどは、核兵器の力が戦争や核の使用を押さえ込んでいるという「核抑止力論」に固執していますが、核兵器で相手を押さえ込もうとすれば、相手も同じことを考えるのは当然で、際限のない核軍拡に向かわざるをえません。

こうした状況を打開するために、被爆者を先頭に世界の平和を望む人たちが声を上げ、ついに2017年7月、国連で「核兵器禁止条約」が採択されました。

その後、批准国が増え続け、2021年1月に発効。今年6月にはオーストリアのウイーンで第1回目の締約国会議が開催されました。

この会議には批准はしていなくても、ドイツやノルウェーを始めとした30ヵ国を超える国々がオブザーバーとして参加しました。

問題は唯一の戦争被爆国である日本政府の態度です。禁止条約に背を向けて批准せず、締約国会議にも参加しませんでした。

岸田首相は広島の平和式典でも、いま開かれている核不拡散条約(NPT)再検討会議のあいさつでも、核兵器禁止条約にいっさい触れませんでした。

NPTは第6条で、核保有国に核軍縮の議論を義務づけていますが、岸田首相はこの条文にもふれることがありませんでした。

こうした姿勢は、唯一の戦争被爆国の首相として、あるまじきことです。被爆者の方々はもちろん、国内外の平和を望む人々に失望を与えたのは当然のことです。

今日の宣伝では、こうしたことを伝えながら、「日本政府が核兵器禁止条約に参加するよう力を合せて声を上げて行きましょう」と呼びかけました。

通りかかった若い女性や男女の二人連れなどが署名をしていきました。また被爆者検診の支援となる募金にも応じていました。
8月5日(金)

●朝は船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。
日本共産党の金沢和子市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、日本共産党船橋市議団が毎週発行している「ミニにゅうす」を配りました。

今日のミニにゅうすでは、市内のカーブミラーの設置状況を知らせて、地域要求の実現に力を尽くすことや、学校の名簿が男女別になっている実態を告発し、混合名簿にするよう訴えています。

■行革中止の会議
「こんな行革はイヤだ!」市民連絡会の会議に参加しました。
今日は、今後予定されている学習会や署名の取り組みなどについて話し合いました。

■県委員会総会に出席
日本共産党千葉県委員会総会に出席しました。
今日の会議では、8月1日~2日に行われた中央委員会総会を受けて、先月の参議院選挙の総括や今後の取り組みについて議論しました。
8月4日(木)

■東葉高速鉄道本社に要請

日本共産党西部地区委員会が東葉高速鉄道本社に対して、運賃値下げや利便性の向上を求めて要請を行いました。

これには、金沢和子船橋市議、金光理恵地区常任委員、堀口明子・飯川英樹両八千代市議、沿線の住民の方々も参加しました。

東葉高速鉄道は八千代市や船橋市の市民の足として、通勤、通学、買物、行楽など、大きな役割を果たしています。

しかし運賃は全国でトップを争うほど高額で、大幅な引き下げは利用者の長年の願いとなっています。

日本共産党はこれまでも東葉高速鉄道本社に対して利用者などの署名を提出して値下げを求めるなど、住民のみなさんとともに要望を届けてきました。

今年4月から6月には、八千代市と船橋市の東葉線利用者に対してアンケートを実施し、300通を大きく超える回答が寄せられました。

そこには、「ほぼ毎日」利用していると答えた方が半数で、そのほとんどが通勤に使っています。

運賃に関しては、ほぼ100%が「高いと思う」と答え、「どちらかといえば高い」が2件、その他の回答が2件となっています。

なかには、「高い」という回答欄のわきに「非常に」とか「超々」「とても」などと書き添えてある回答もあり、利用者の実感が表れています。

「いくらくらいが妥当か」との問いには、「半分程度」が約5割、「3割減」が3割、「7割減」が1割でした。

アンケートの自由記載欄にも書き込みが多く、「高いので時間に余裕ある時は京成線とJRを利用する」「運賃が高いので老後の楽しみがなくなりそうです」「高すぎて通勤定期代が満額支給されない」「家計負担が多すぎるこのままここに住んでいて良いか考えてしまいます」など多数が、たいへんな暮らしのなかで東葉高速鉄道の運賃値下げを切望するものでした。しかもこうした声は、コロナ禍でますます大きくなっています。

一方、東葉高速鉄道の2021年度決算では、営業利益が33億9800万円、当期純利益は15億4700万円と12期連続黒字となりました。

決算報告では「2356億円余りの長期債務の存在により債務超過の状態」としていますが、無償資金制度で手当てされた「つくばエクスプレス」を参考に、東葉高速鉄道の利払い免除を国に求め、黒字分を利用者に還元して、運賃の引き下げを決断するよう求めました。
8月3日(水)

■船橋革新懇の世話人会

平和・民主・革新をめざす船橋の会(通称・船橋革新懇)の世話人会が開かれました。
この中で、9月3日(土)10時からひらく総会の準備について話し合いました。

総会の記念講演は日本共産党の大門実紀史前参議院議員が「どうなるこれからの日本経済、そして日本」というテーマで行います。

また世話人会では、9月22日(木)18時から船橋駅周辺でキャンドルウォークを実施することも決めました。
8月2日(火)

●朝は津田沼駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の船橋駅北口で宣伝をしました。

日本共産党の金光理恵地区常任委員や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、核兵器廃絶をめざす国民平和大行進や核兵器禁止条約について伝えている「がんばり通信」を配布しました。

7月21日、国民平和大行進が船橋市に入りました。しかし、新型コロナ感染が急拡大している中なので、残念ながらみんなが集まって歩く「平和行進」は断念せざるをえませんでした。その代わり、午前から市内の主要な駅頭での宣伝を実施しました(主催は実行委員会)。

午後3時からは、参加者全員が集まってJR船橋駅の北口と南口でアピール宣伝を行いました。

日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める署名にも取り組み、通りかかった若い女性の二人連れなどが署名に応じていました。

リレートークでは、高校3年生の男性が飛び入りで訴え。

「私たちは戦争に行くために生まれてきたわけではない。憲法9条を力に平和な日本にしていくために、これからも声を上げていきたい」と話すと拍手が広がりました。

宣伝終了後の集会では、平和行進の横断幕が鎌ケ谷市に引き継がれました。

今回の国民平和行進の1カ月前には、オーストリアのウィーンで第1回目の「核兵器禁止条約」締約国会議が開かれました。

当日の条約参加国(締約国)は65ヵ国で、アメリカと軍事同盟を結んでいるドイツやノルウェーを始め、締約国以外の国も約30ヵ国がオブザーバーで参加しました。

会議の最終日(6月23日)に「ウィーン宣言」と「行動計画」を採択。宣言は、「私たちは、最後の国が条約に参加し、最後の核弾頭が解体・破壊され、地球上から核兵器が完全に廃絶されるまで、休むことはないだろう」と力強く結んでいます。

■宣伝カーで市内を回る
宣伝カーで船橋市内を回りました。

熱い日差しが照りつける猛暑でしたが、宣伝カーを運行しました。回ったのは、船橋市小室方面。

参議院選挙が終わり、憲法を生かす取り組みがますます重要となっています。来年4月の統一地方選挙はそのための大きな節目になります。

船橋市では、県議会議員選挙と市議会議員選挙が行われます。全員の勝利で、歴史を前に進める決意です。
8月1日(月)

●朝は西船橋駅北口で宣伝

今朝は、JR総武線の西船橋駅北口で宣伝をしました。

日本共産党の松崎佐智市議や地域後援会のみなさんと一緒でした。

今朝の宣伝では、核兵器禁止条約と平和のことについて話しました。

7月21日、国民平和大行進が船橋市に入りました。しかし、新型コロナ感染が急拡大している中なので、残念ながらみんなが集まって歩く「平和行進」は断念せざるをえませんでした。

その代わり、午前から市内の主要な駅頭での宣伝を実施しました(主催は実行委員会)。

午後3時からは、参加者全員が集まってJR船橋駅の北口と南口でアピール宣伝を行いました。

日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める署名にも取り組み、通りかかった若い女性の二人連れなどが署名に応じていました。

リレートークでは、高校3年生の男性が飛び入りで訴え。

「私たちは戦争に行くために生まれてきたわけではない。憲法9条を力に平和な日本にしていくために、これからも声を上げていきたい」と話すと拍手が広がりました。

宣伝終了後の集会では、平和行進の横断幕が鎌ケ谷市に引き継がれました。

今回の国民平和行進の1カ月前には、オーストリアのウィーンで第1回目の「核兵器禁止条約」締約国会議が開かれました。当日の条約参加国(締約国)は65ヵ国で、アメリカと軍事同盟を結んでいるドイツやノルウェーを始め、締約国以外の国も約30ヵ国がオブザーバーで参加しました。

会議の最終日(6月23日)に「ウィーン宣言」と「行動計画」を採択。宣言は、「私たちは、最後の国が条約に参加し、最後の核弾頭が解体・破壊され、地球上から核兵器が完全に廃絶されるまで、休むことはないだろう」と力強く結んでいます。

■第6回中央委員会総会を視聴
日本共産党第6回中央委員会総会が今日と明日の2日間、東京代々木の党本部で開かれます(オンライン参加含む)。

今日は10時30分から志位和夫委員長が行った幹部会報告はユーチューブでも配信され、視聴しました。

中心は、先月の参議院選挙の総括と教訓、内外情勢と日本共産党の任務、来年春の統一地方選挙の勝利と共産党を強く大きくするための「特別期間」の呼びかけ、なぜ日本共産党は1世紀にわたって生命力を保ち続けたのか、などです。

特別期間は、8月から12月までの5カ月間で、新しく党に迎える人を増やし、「しんぶん赤旗」の読者を広げようというものです。これによって来年の統一地方選挙勝利の土台を築こうという呼びかけられました。

なお報告では、党大会についての提起もありました。
日本共産党の規約では、党大会は「2年または3年の間に1回ひらく」と定めており、前回の大会が2020年1月でしたから、本来なら来年1月までに開催しなければなりません。

しかし、来年4月にはきわめて重要な統一地方選挙が予定されているため、「特別な事情のもとでは延期することができる」との規定を適用して、2024年1月の開催が提起されました。
2022年7月〉〉
2022年9月〉〉
過去の日誌・未来の日誌〉〉
表紙のページに戻る〉〉